トップページ | 台日韓抗老化学会 »

2004年4月 1日 (木)

2004年ダラス米国レーザー医学会(ASLMS)での発表

米国は、ダラスで開催された米国レーザー医学会ASLMS (American Society for Laser Medicine and Surgery)で発表をしてきました。

Img_2573

マックスピールという、毛穴の治療を行うQスイッチ+ノーマルパルスヤグレーザーを使用したレーザーピーリングの発表を頼まれたのです。 マックスエンジニアリング社の交通費およびホテル滞在費のスポンサードが付きました。

Aslms_042_2

会場内はこんな感じです。 今年のトピックはなんといっても、フラクショナルレーザーという、肌に剣山状にレーザーを照射して、肌を入れ替える(リサーフェシング)という新技術。 学会会場はこんなところです。 ダラスのヒルトンでした。

Aslms_040

特徴的な建物。

Img_0161

東海大学助教授の宮坂先生に会場でお会いしました。

Aslms_039

会場内で、フォトフェイシャルを開発した物理学者であるシモン・エックハウスに会いました。 この米国レーザー学会では、MD(医師)以外の学者が多く集まるので学ぶことが多いのです。

Cimg0673

この学会に招待してくれたマックスエンジニアリング社のヘイリャン社長と。二人ともお酒が入っていて、満面の笑みですね。 夜にはサーマクールを販売しているサーメージ社協賛の招待講演が行われました。

Img_0144_2

アトラクションに参加しながら公演を待ちます。待ち時間にはロデオに挑戦しました。

Aslms_017_2

壇上にいるのはサーマクールの開発に関わったロバート・ワイス医師ですが、

Bth288_4b

2005年8月の第6回トータルアンチエイジングセミナーの打ち合わせで、日本でも再会しました。

Aslms_007_2

ホテルはダラスのウェスティンに泊まりました。綺麗なホテルでした。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

|

トップページ | 台日韓抗老化学会 »

ASLMS 米国レーザー医学会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501005/17023245

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年ダラス米国レーザー医学会(ASLMS)での発表:

トップページ | 台日韓抗老化学会 »