« 人はどうしたら若く見えるか? | トップページ | 医者の履歴書 »

2006年5月21日 (日)

抗加齢医学会

Fi783_0e

クリニック銀座の関谷先生のブログにもありましたが、昨日一昨日は抗加齢医療学会でした。この学会の演題やシンポジウムはどれもが本当に興味深く、食いつくように聞いてしまいました。

医師の専門細分化が問題になって久しいとは思います。無意味な延命治療や、他科から見て、ありえないような基礎知識の欠如。これらは現代医療が細分化されて過ぎて、人では無く、病気を中心とした治療が成されてきたことへの、警笛だったのだと思います。

実は、今までバラバラに学会を開催していた外科や内科、眼科、皮膚科、形成外科、そして歯科の先生までもが集まって1つの学会を開催するような機会はあまり無かったのです。

しかしながら、抗加齢医療・アンチエイジングという言葉によって、これらの細分化された医療が再度統合されて、人間を全人的に医学し、診療するチャンスが再び到来したのを実感しました。すばらしいことだと思いませんか?

今後はナチュラルセラピストや鍼灸師さんなどの統合医療の方々も参加していただき、病でなく人を診る診療が進んで行けばよいと思います。

僕は今まで、インタビューを受けると、「”アンチエイジング”という言葉は、単にブームのようになっているが、ここで私達医師が本物を提供しなければ、消費者にそっぽを向かれてしまう。非常にチャンスであるとともに、危険なときにある。」と言ってきましたが、昨年の12月にも参加した、米国のアンチエイジング学会(A4M)と比較しても、この学会のレベルはなかなかのものでしたよ。日本で本物の抗加齢医療が提供できる日が近いのだと思います。

医師の専門細分化が問題になって久しいとは思います。無意味な延命治療や、他科から見て、ありえないような基礎知識の欠如。これらは現代医療が細分化されて過ぎて、人では無く、病気を中心とした治療が成されてきたことへの、警笛だったのだと思います。

実は、今までバラバラに学会を開催していた外科や内科、眼科、皮膚科、形成外科、そして歯科の先生までもが集まって1つの学会を開催するような機会はあまり無かったのです。

しかしながら、抗加齢医療・アンチエイジングという言葉によって、これらの細分化された医療が再度統合されて、人間を全人的に医学し、診療するチャンスが再び到来したのを実感しました。すばらしいことだと思いませんか?

今後はナチュラルセラピストや鍼灸師さんなどの統合医療の方々も参加していただき、病でなく人を診る診療が進んで行けばよいと思います。

僕は今まで、インタビューを受けると、「”アンチエイジング”という言葉は、単にブームのようになっているが、ここで私達医師が本物を提供しなければ、消費者にそっぽを向かれてしまう。非常にチャンスであるとともに、危険なときにある。」と言ってきましたが、昨年の12月にも参加した、米国のアンチエイジング学会(A4M)と比較しても、この学会のレベルはなかなかのものでしたよ。日本で本物の抗加齢医療が提供できる日が近いのだと思います。

医師の専門細分化が問題になって久しいとは思います。無意味な延命治療や、他科から見て、ありえないような基礎知識の欠如。これらは現代医療が細分化されて過ぎて、人では無く、病気を中心とした治療が成されてきたことへの、警笛だったのだと思います。

実は、今までバラバラに学会を開催していた外科や内科、眼科、皮膚科、形成外科、そして歯科の先生までもが集まって1つの学会を開催するような機会はあまり無かったのです。

しかしながら、抗加齢医療・アンチエイジングという言葉によって、これらの細分化された医療が再度統合されて、人間を全人的に医学し、診療するチャンスが再び到来したのを実感しました。すばらしいことだと思いませんか?

今後はナチュラルセラピストや鍼灸師さんなどの統合医療の方々も参加していただき、病でなく人を診る診療が進んで行けばよいと思います。

僕は今まで、インタビューを受けると、「”アンチエイジング”という言葉は、単にブームのようになっているが、ここで私達医師が本物を提供しなければ、消費者にそっぽを向かれてしまう。非常にチャンスであるとともに、危険なときにある。」と言ってきましたが、昨年の12月にも参加した、米国のアンチエイジング学会(A4M)と比較しても、この学会のレベルはなかなかのものでしたよ。日本で本物の抗加齢医療が提供できる日が近いのだと思います。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

|

« 人はどうしたら若く見えるか? | トップページ | 医者の履歴書 »

国際学会 日本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抗加齢医学会:

« 人はどうしたら若く見えるか? | トップページ | 医者の履歴書 »