« 心筋梗塞はなぜ朝方に起こるのか? | トップページ | 傷の残りにくい、新しい創傷治療 »

2006年8月10日 (木)

ハーバード・コントロバーシー

Fi1138_0e レーザーの国際学会に参加するため、サンディエゴに来ています。
 Controversies & Conversations in Laser and Cosmetic Surgery


通称ハーバード・コントロバーシーという学会なのですが、この学会は世界で多くあるレーザー学会の中では異色の存在です。


Fi1138_1e 通常の学会であれば、レーザー開発企業が援助し、大掛かりな発表会を兼ねるのですが、コントロバーシーで会話に入るのは、MD(医師)もしくはPHD(博士号を持つ他分野の研究者)のみで、純粋な臨床のみの検討が行われるのです。


つまり、いつもは企業の招待で、企業寄りの発表をする先生方の、いわば本音を聞ける貴重な学会なのです。

この学会では、通常は商品名を使用しません。たとえば、サーマクールはモノポーラーRF、オーロラはIPL+バイポーラRFもしくはELOS、フラクセルはFractional Reserfacing Divice となります。


今年は、フラクセルの後継機種がいくつか販売されましたので、そのあたりの本音の評価が聞けるのではと思っています。(笑)


写真はホテルからの風景です。

|

« 心筋梗塞はなぜ朝方に起こるのか? | トップページ | 傷の残りにくい、新しい創傷治療 »

ASLMS 米国レーザー医学会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501005/17012745

この記事へのトラックバック一覧です: ハーバード・コントロバーシー:

« 心筋梗塞はなぜ朝方に起こるのか? | トップページ | 傷の残りにくい、新しい創傷治療 »