« 男ふたり焼肉の会 | トップページ | 理系の男② »

2008年3月26日 (水)

統合医療展2008

  ブログのNY特集で話が前後してしまったのですが、20080326_003 先日パシフィコ横浜で行われた統合医療展2008で講演を頼まれたので、クリニックの外来を昼間4時間だけ閉めて、横浜まで往復してきました。

20080326_005_2 講演の内容は、

「勝てるクリニックのレーザー選択」。

通常の保険診療をしているクリニックに、どのようなレーザーを導入してゆけばその後の成功につながるか、そのポイントを話してきました。

2008_0326_001 統合医療のような学会でレーザー機器の展示は不釣合では?と思ったのですが、会場はかなり広かったのでレーザーを展示しているブースもありました。

006韓国製のフラクショナルレーザー“Sellas”「セラス」などが展示してありました。このレーザーはフラクセルと全く同じ波長である1550nmのエルビウムグラスレーザーを使用している機器です。僕は初めて見ましたので、興味深々でした。

レーザー機器を製作するのは、非常に高度な技術が必要です。アメリカの学会などに出席すると、よく討論されているのですが、特にパワーやパルス幅などは、企業の出している公称値と、実際に販売されているレーザー機器の測定値が大きくずれていることがよくあります。

これらは機械をお借りして、実際に使わないとわかりませんね。

僕が自分のクリニックで購入するレーザーの基準は、機器としての安定性とパワーの再現性です。

現在、クリニックFで採用しているレーザーは、ある意味、世界を旅して自分の目で見て確かめた、信頼性のあるレーザーばかりだと思います。

使う道具が安定していないと、患者さんに効果的な施術をすることができません。

ハイテク機器は「ムラがないこと」がとても大切なんですよね。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

|

« 男ふたり焼肉の会 | トップページ | 理系の男② »

クリニック」カテゴリの記事

国際学会 日本編」カテゴリの記事

レーザー治療 フラクセル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 統合医療展2008:

» 統合医療のこと [YourLife 統合医療@情報Web]
代替医療の問題点といえば? [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 10時27分

« 男ふたり焼肉の会 | トップページ | 理系の男② »