« 2008年 僕の発表演題その2 | トップページ | フラクセルの新製品 »

2008年4月12日 (土)

2008年 僕の発表演題その3

039_080412 3つ目の演題がキュテラのブースの話でもすこしふれたキュテラ社の新しい波長を使用した、

「パールを使用したアジア人の肌に対するリサーフェシング(肌の入れ替え)療法の検討」

でした。

 “Skin resurfacing utilizing a 2.79um Er:YSGG ( YTTRIUM SCANDIUM GALLIUM GARNET) laser for asian patients”

パールは現在クリニックFで最もお問い合わせの多いレーザーです。2004年フラクセルのセンセーショナルな登場で初めて生まれた「肌の入れ替え」という概念が、去年パールの登場によってより具体的にイメージできるようになり、この日本でも定着し始めたと言えるのではないでしょうか。

なんでもそうだと思いますが、新しいアイディアを出す人、それを具現化する人、それを広める人、根付かせる人、そこから次への課題を提案できる人・・・と、言ってみればリレーのように何人もの「走者」によって、モノは生まれ、根付き、育っていくものなのだと、こうして仕事をしているとしみじみと感じますね。

139_080412 時差ボケと、ハードな学会スケジュールの中、昼休みに外で一服。

飲んでいるのはオロナミンCをヒントにアメリカで作れらた栄養ドリンクの“RedBull”です。

タウリンがオロナミンCの数倍入っていてとても元気になるのですよ。

数時間ですが…。

014_2 とても奇麗なイルカの彫刻がコンベンションセンター内にありました。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

|

« 2008年 僕の発表演題その2 | トップページ | フラクセルの新製品 »

ASLMS 米国レーザー医学会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501005/40838403

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 僕の発表演題その3:

« 2008年 僕の発表演題その2 | トップページ | フラクセルの新製品 »