« あわや飛行機事故 | トップページ | オゾンホール »

2008年6月29日 (日)

ヨハネスブルグ

092 ヨハネスブルグ空港の中。ごった返した様子です。

ここは、世界で一番危ない街と言われています。確かにただ歩くだけでも、他の国では味わったことのない緊張感を感じました。

聞けば、「スリに合う確立」も、150%~200%と言われているのだとか。

なぜ100%を超えるのか、と聞けば、一度スリに合った後、もう一度あるいは二度スリに合うことがあるそうなのです。

殺人も年間数千人単位で起こっています。

ちなみに、僕はてっきりこのヨハネスブルグが南アフリカの首都だと思い込んでいましたが、実はそうではなかったのです!

ヨハネスブルグは国内最大の都市であることに間違いはないのですが、行政首都ではないそうです。行政首都はプレトリア、立法首都がケープタウン、司法首都がブルームフォンテーン・・・これは今回出張に際し勉強して初めて知りました。

また、御存知のない方に念のため、南アフリカがどんな国か説明すると、南アフリカ共和国は、インド洋と大西洋に面したアフリカ最南端に位置する国です。ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、モザンビーク、スワジランドとそれぞれ国境を接しています。

Photo

喜望峰があることで御存知の方も多いかもしれません。

それから記憶に新しいところでは、「アパルトヘイト(人種隔離政策)」でしょうか。

1991年、アパルトヘイト政策が法律上から消滅しました。ネルソン・マンデラが大統領に就任し、全人種選挙が実施されたのは1994年のことですから、もう14年が経つんですね。

また、世界有数の資源産出国で、鉱物資源に恵まれ、金やダイヤモンド、プラチナなど世界屈指の生産量を誇っています。

044混乱と混沌が続く南アフリカ。ヨハネスブルグ滞在中は、貴金属やカメラなどお金になるものは持ち歩かない方が良い、と言われ、手ぶらで過ごしました。

写真も結局そんなわけで撮ることができず、空港のショットのみですみません。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

|

« あわや飛行機事故 | トップページ | オゾンホール »

国際学会 アフリカ・南アフリカ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨハネスブルグ:

« あわや飛行機事故 | トップページ | オゾンホール »