« パリの自由の女神像 | トップページ | NEW YORK CITY BALLET »

2008年10月13日 (月)

EADV 2008 in Paris

056 学会会場はすごい人でごった返しています。

受付に聞きましたが、今年の参加者はドクターだけで7000人。コメディカルのスタッフや、レーザー業者の方々を含めると二万人以上の人がパリに滞在するわけです。

061 そんな中イスラエル・シネロン社のブースを見つけました。

シネロン社といえば、オーロラ、ポラリス、リファーム、ギャラクシー、マトリックスIR、e-MAX、e-light、べラシェイプなど。数えきれない名器を世に登場させた会社です。

062 僕が手に持っているこの新しいRFシステムをヨーロッパで発表したようでその話題でもちきりでした。

偶然会ったシネロンの面々ですが、左が、昨年クリニックFにも訪れてくれたシネロン社のCEOのDoron Gerstel。隣が僕。

そして僕の右が、フォトフェイシャルの開発者であるシモン・エックハウス博士。最後が先月クリニックFにやってきたセールスディレクターのJacob Sharir。

偶然にもシネロン社、ビックネームがそろいました。

この日の夜にはディナーパーティーがあるそうで、そのお誘いを受けましたよ。

063 遠くに見えるのは米国キュテラですね。

064 副社長のボブシャインにも会いました。先日のシンガポールの招待講演のお礼を言われましたよ。今年はフラクショナルパールを大々的にPRしてゆきたいと話していました。

067 そして海外でよく会うLUTRONICの面々です。

僕の左はイタリアの、そして右はフランスのディストリビューターです。右はじは僕のブログにも何度も登場しているヘイアン社長ですね。

韓国でIPOを果たし、米国での子会社が急成長していると報告してくれました。

イタリアのディストリビュータには、肝斑治療のフジモトプロトコールについて詳しく聞かれました。

イタリアでも現在肝斑に悩む患者さんが多く、治療方法が模索されているらしく、2005年の米国レーザー学会で発表した僕のプロトコールで肝斑治療をしている人も多いということでした。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« パリの自由の女神像 | トップページ | NEW YORK CITY BALLET »

国際学会 欧州 仏パリ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EADV 2008 in Paris:

« パリの自由の女神像 | トップページ | NEW YORK CITY BALLET »