« モナコアンチエイジング学会 展示ブースその2 | トップページ | モナコ招待講演その2 »

2009年4月11日 (土)

ザ・スーパーカー

011

僕が小学生の頃、驚異的な人気番組だったTBSの「ザ・スーパーカー」。

水曜日夜7時が毎週楽しみで、番組が始まると文字通りテレビに「かじりついて」観ていました。

そして、同じ時期にテレビ東京・12チャンネルで放映されていた「対決! スーパーカークイズ」。こちらも、いまだに主題歌が歌えるぐらい(笑)大好きでした。

コカコーラの王冠の裏についているスーパーカーの絵が欲しくて欲しくて、友達としょっちゅう酒屋さんに遊びに行って落ちている王冠を探したり、スーパーカー消しゴムを集めたり...。

そんな子供時代をモナコで久しぶりに思い出しましたよ。それくらいモナコでは路上で走っている、いわゆるスーパーカーの数がものすごいのです。

014ヨーロッパ中から集まってくるのか、マニア垂涎の珍しい車が、普通にその辺りを走っているのですから、驚きます。

ノーマルのロッソコルサ(赤)フェラーリF430が走ってきたと思ったら…

016 今度はスパイダーモデルです。

018 そして、なんとF430スクーデリア。

通常のF430をレース仕様に仕上げた特別限定車です。

スクーデリアは普通の人にはなかなか手に入らないらしいですから、もしかしたらオーナーは、モナコに多く住んでいるという、F1パイロットかもしれませんね。

017特に、モンテカルロの中心にある「グラン・カジノ」の前には昼過ぎから続々と高級車が集まってきます。

こちらはつい先日マイナーチェンジをしたばかり マイナーチェンジ後のランボルギーニー・ガヤルド・スパイダー。

黒い革シートに赤いステッチの糸が入った特別仕様車でした。

173 山吹色のガヤルド・スパイダーもあります。

007 それらのスーパーカーを見学に来る観光客もいて、これがモナコの情景にもなるわけです(笑)。

みんな楽しみながら、写真を撮っていました。

008 今度やってきたのはビアンコ(白)のフェラーリ360モデナですね。

後ろから走ってくるのはアストンマーチンです。

032 今度はフェラーリ599。

現在の12気筒のフラッグシップモデルです。この車も日本ではめったに見ることができません。

017_2僕の宿泊したフェアマウントホテルにも、グリジオシルバーストーン(ガンメタリック)のF430が停まっていました。

006 オテル・ド・パリの前にはネロ(黒)のF430スパイダーが路駐しています。

004 こちらも一見ノーマルに見えるのですが、F430スクーデリア。

マフラーの位置が通常と違います。

すごいなあ。

107 V8気筒の特徴的なエンジン音に振り向いてみると、ブルーツールドフランス(青)のF430です。

フェラーリを駆って、モンテカルロのF1コースを走るなんて、夢のような話です。

いつか僕も走ってみたいです。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« モナコアンチエイジング学会 展示ブースその2 | トップページ | モナコ招待講演その2 »

国際学会 欧州 モナコ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・スーパーカー:

« モナコアンチエイジング学会 展示ブースその2 | トップページ | モナコ招待講演その2 »