« モナコへ | トップページ | 第七回世界アンチエイジング学会会場 »

2009年4月 4日 (土)

F1モナコGP モンテカルロ市街地コース

  016一夜明けて次の日の朝。

モナコ時間の朝4時頃目が覚めてしまいました。とはいっても日本とモナコの時差は8時間。もう日本ではお昼の12時です。

昨日は夜でほとんどわからなかった街ですが、日が出てくると、綺麗な街並みが見えてきます。学会の会場は8時に開きますので、朝食までの間、早朝散歩をしてみることにしました。

僕にとってモナコ・モンテカルロは、なんといってもF1グランプリ。インディ500、ル・マン24時間レースと並ぶ世界三大レースの一つですが、ガードレールが近い市街地レースコースです。

コースの難易度も非常に高く、モナコの勝者は「モナコ・マイスター」と称されることは有名ですよね。

ミハエル・シューマッハの記憶はもちろんですが、1989年から1993年のアイルトン・セナのモナコ5連勝は、今でも鮮明に覚えています。

僕は自分でも国内A級ライセンスを取るぐらい、車のレースに集中していた時期があります。ただ、毎年更新が必要なA級ライセンスは、医者として忙しくなった後はなかなか維持できず、もう12年も前に失効してしまいました。

今はたまの週末にF1グランプリをTVで観戦するのを楽しみにしているのですが、早朝ホテルを出て、入口の坂をすこし登ってみると、目の前に

019_2あの「ローズ・ヘアピン」があったのです。

このヘアピンコーナーはF1の全コースの中でも最も半径の小さなカーブとして知られています。

この場所はもともとモナコの鉄道の駅があった場所で、ステーションヘアピンという名前だったと聞いたことがあります。

もうかれこれ20年以上もテレビで観てきた場所ですので、良く見覚えがある景色なのですが、実際には、こんなに高低差があるのですね。早朝なので全く車がいません。

しかも、思っていたよりもはるかに狭い。TVで観るのと実際に見るのとでは大違いですね。

朝から感動してしまいました(笑)。

022 朝日の中、ホテルの横の階段を登って、

023 グランカジノの方向に向かいます。

誰も人がいませんね。

026オテル・ド・パリの建物を背に、セルフタイマーで写真を撮ってみました。

033 少し歩くと、眼下には朝日に照らされたモナコの港が見えます。

035 ちょうどF1のコースを逆走するように坂を下りました。

モナコのコースは全長3.3kmほどです。

040ちょうどよい散歩コースになりました。

044 ちょうどこのあたりを歩いていた頃、日本のメールをチェックしていたら、とても嬉しいお知らせメールが舞い込んで来たのに気づいて、日本に電話。また、この話は後でしますね。

047 海沿いを歩いてホテルに帰ります。この日は風が強くて地中海は荒れていました。水しぶきが冷たかったです。

050最後はこの海沿いのトンネル。このトンネルは、F1コース唯一のトンネルとして知られています。

実はフェアマウントホテルの下にあるのですね。

ちょうどモナコのF1コースを反対回りに歩いた散歩になりました。

とても気持ちよかったですよ。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« モナコへ | トップページ | 第七回世界アンチエイジング学会会場 »

国際学会 欧州 モナコ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1モナコGP モンテカルロ市街地コース:

« モナコへ | トップページ | 第七回世界アンチエイジング学会会場 »