« F1モナコGP モンテカルロ市街地コース | トップページ | グレース・ケリーの愛した日本庭園 »

2009年4月 5日 (日)

第七回世界アンチエイジング学会会場

ホテルで朝食をとり、学会会場に。。。

052 フェアマウントホテルは学会会場まで最も近いホテル。Cflags1

海沿いを歩いていくと、5分で会場に到着します。

Athearrival 064

会場はこんな入口でした。やはり雰囲気もアメリカの学会とはちょっと違いますね。外観はちょっとした美術館か博物館のようなかんじです。

Ewelcomedesk1 朝早いとはいえ、会場のレジストレーションもこんな感じで盛況の様子。

087 今回は招待講演なので、学会主催のスピーカーのところに名札を取りに行きました。

この学会は、僕が通常参加する皮膚科・レーザー学会とは違って、内科的なアンチエイジング治療のブースがたくさんあります。

機械に頼らない、ヨーロッパ的な発想の学会なのですね。

088 そして、頂いた名札がこれ。

Speakerと記載があります。

Mcrowd4 ゲートをくぐった後、今回僕を呼んで下さったプロモイタリア社のブースを目指します。

068 いろいろと観ているうちに、黒をベースにしたクールなデザインのブースにたどりつきました。

073 僕のブログにも何度も登場していますが、ナポリの開業医、そしてメソセラピーの権威でもある、フィブリオ・バニーニ医師と再会です。

しばしお互いの近況を伝えあいました。明日の後半の講演は、彼と共演になります。

講演の詳細を打ち合わせしました。

076_2 そんな中、プロモイタリア社の社長Valerio Matano氏が登場です。

マタノさんは、単身イタリアのナポリで、プロモイタリア社を設立しました。

もともとは化粧品会社でスタートしたのですが、医療用のメソセラピーなどの薬剤を開発することで医療分野へ進出。

現在では25の製品を世界32カ国に輸出しています。

今回の学会ではオリジナルの医療美容機器を9つも展示していました。

彼とはイタリアでも東京でも何度も会っていますが、アメリカのラスベガスの街で、ばったり出会ったこともありましたっけ…。

歳はまだ40代でしょう。やり手な若手経営者の上に、このルックスとファッションセンス。かっこいいですよね。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« F1モナコGP モンテカルロ市街地コース | トップページ | グレース・ケリーの愛した日本庭園 »

国際学会 欧州 モナコ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第七回世界アンチエイジング学会会場:

« F1モナコGP モンテカルロ市街地コース | トップページ | グレース・ケリーの愛した日本庭園 »