« 今日の僕 20090801 | トップページ | 光と音楽の関連性 »

2009年8月 3日 (月)

バレエ「眠れる森の美女」

さて、再びロシア出張ブログに戻ります。

「ニーベルングの指輪 神々の黄昏」

「ドン・キホーテ」

「ラ・ボエーム」

・・・と、ロシア・サンクトペテルブルグ滞在中に毎晩通ったマリインスキー劇場も、今日の「眠れる森の美女」で見納めです。

024残念だなあ。

004バレエ「眠れる森の美女 」をこの劇場で観劇できるのは、本当にすばらしい体験で、最も楽しみにしていました。

001なぜなら、このチャイコフスキーを代表するバレエは、1890年にまさにこのマリインスキー劇場で初演が行われたからです。

110年前のことですが、タイムスリップしてその世紀の瞬間に立ち会ったような、不思議な気持ちになりました。

007その110年前とたぶんあまり変わらないであろう、マリインスキー劇場の椅子です(笑)。

シンプルですよね。

002名作「眠れる森の美女」だけあって、劇場は満員です。

早めに到着したので、幕が上がるまでの束の間、場内のお土産屋さんで記念品を探しました。

169

ショップにあった、バレエグッズの数々です。

僕はここで、マリインスキーバレエ団がイギリスで公演をした際のパンフレットを買いました。

英語によるパンフレットがそれしかなかったのです。

170席に戻って、さあ、幕が上がります。

上がる瞬間は、本当にわくわくするんですよね。

016バレエの表現力や技術レベルの高さはさすがにすばらしく、感動しました。

主人公のオーロラ姫は、第1幕で100年の眠りにつくのですが、再び目を覚ました時にお城の人々の洋服が100年の時の経過を物語るかのようにガラッと変わります。

演出も素晴らしいと思いました。

020バレエが終わったのは夜の11時でしたが、まだ白夜ですのでこんなに明るいのです。

017_2最後に写真を取りましたよ。

バレエなのでラフな格好です。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« 今日の僕 20090801 | トップページ | 光と音楽の関連性 »

音楽 バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレエ「眠れる森の美女」:

« 今日の僕 20090801 | トップページ | 光と音楽の関連性 »