« 哲学者の村 | トップページ | 再びモナコへ »

2009年9月25日 (金)

海と山の間に浮かぶエズの村とニーチェ

さて、ニースからモナコに抜ける道の途中に、「エズ」という小さな村があります。

043鉄道のエズ駅から海沿いに、海抜420mのこのエズの村に向かう山道は、19世紀のドイツの哲学者 フリードリッヒ・ニーチェが

「ツァラトゥストラはかく語りき」

の構想を練った場所である、といわれています。

ニーチェはクラシックの音楽家たちと交流があり、特に31歳年長であったワーグナーとの親交が深く、現在でもワグナーオペラ祭典が行われる、バイロイト祝祭劇場の建設計画について、熱く語り合ったのだそうです。

ロシア出張記にも書きましたが、1876年についに落成したバイロイト祝祭劇場で、「ニーベルングの指輪」が初演されたのは、あまりに有名ですよね。

僕にとってはいつの日か“巡礼”したいと思っている聖地のようなものです(笑)。

045エズの村は、敵からの攻撃を防ぐために、山の下からは影も形も見えないように造られた中世の村です。

055街並みも、ひしめき合った建物の中に迷路のような石畳がある、といった雰囲気。

059中にはアトリエや、手芸品のショップなどもあります。

046村の中腹に教会がありますので、そこを目指します。

047ここに連れて行ってくれたタクシードライバーさんによると、このエズの村には、二つの超高級ホテルがあるのだそうです。

ひとつは「シャトー・エザ」

もうひとつは「シャトー・ド・ラ・シェーヴル・ドール」

この村にある二つのシャトーホテルを目指して、ヨーロッパ中の上流階級の人たちが集まるのだそうです。

069きつい山道を登っていると、ちょうどホテルの門が開き中から車が出てきました。

見れば、さすがの高級車! メルセデスベンツSLRマクラーレンロードスターです。

僕は実際に街を走っているマクラーレンを初めて見ました。

048上から駐車場を見ると、アストンマーチンやらロールスロイスやら、中央にあるメルセデスのSクラスが控え目に見えるような車が停まっています。

おそらく長期滞在しているのだと思いますが、いつかこんなホテルに泊まってみたいですね。

066ようやくたどり着いた、エズの教会内部です。

064さらにその教会の上に古い城跡に造られたエズ庭園があります。

ここからの景色は見事でしたよ。

082エズの村の横にはフランスの香水メーカー「フラゴナール」の工場があります。078_2

工場の見学もできるようです。

077ブティックでは、店員さんが熱のこもった説明を、フランス訛りの英語でしてくれました。

072もっと長く滞在したかったなあ。

世界の最新レーザー情報 はこちらから

クリニックF http://clinic-f.com/

              

|

« 哲学者の村 | トップページ | 再びモナコへ »

国際学会 欧州 仏ニース編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海と山の間に浮かぶエズの村とニーチェ:

« 哲学者の村 | トップページ | 再びモナコへ »