« イタリア・フィレンツェへ | トップページ | ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」 »

2009年11月17日 (火)

ドゥオーモ、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

早朝に目が覚めます。

散歩がてら街を歩いていくと、15分ぐらいでミラノの中心部につきます。

ゴシック建築の傑作といわれるドゥオーモが見えてきました。

ドゥオーモは、ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂、そして今年訪問したロンドンのセントポール大聖堂に次ぐ世界3番目の広さをもつ聖堂だと聞きました。020

今回、学会が開催されるフィレンツェに入る前にミラノで一日滞在できる日を作りました。

ミラノでどうしても見たいものがふたつあったのです。

ひとつは、世界遺産 レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」。

通常、世界遺産は建築物などの不動産に対してのみ与えられ、絵画には与えられないらしいのです。ただ、この絵は聖堂の壁に描かれているため、その教会とともに世界遺産に認定されたのだそうです。

026_2 日本からチケットを予約していったので、予約時間の9時ちょうどにサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に向かいます。

ドゥオーモからは歩くとちょっと距離があります。

しばらくすると教会が見えてきましたよ。

028 そしてこちらがファサード。

032 いよいよこの横の事務所に行って、チケットを受け取ります。

世界の最新レーザー情報 はこちらから

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« イタリア・フィレンツェへ | トップページ | ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドゥオーモ、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会:

« イタリア・フィレンツェへ | トップページ | ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」 »