« 2009年レーザー機器総括③ | トップページ | 今日の僕 20091221 »

2009年12月21日 (月)

開業医のためのポスト・マーケティング時代①

昨日、今年最後の講演が無事終わりました。

 

001場所は御殿山。現在東麻布から一時移転中の「東京アメリカンクラブ」です。

移転中のアメリカンクラブには、僕は初めて行ったのですが、とても綺麗な場所でした。

0021今回お声を掛けてくださったのは、「日本アンチエイジング歯科学会」という学会です。この中の、特に光治療の分野に携わる40人前後の歯科医師の方が、この日は「レーザー部会」という名の下集まっておられました。

僕が講演を依頼された演題は、「光学医療とマーケティング」について。

「マーケティング」

という考え方が、日本の医師や歯科医師の中でも徐々に浸透してきました。

「マーケティング」の定義は様々あり、一般的な概念についてはフィリップ・コトラーなどの著作を読んでいただくとわかりやすいと思うのですが、

商品やサービスが「売れる」ためには、

顧客のニーズをまず知り、

ニーズを満たす商品やサービスをつくり、

顧客がその商品やサービスの存在を知り、特徴を理解し、

手に入る場所に商品とサービスが置かれ、

さらに、それを入手できる適切な価格で提供されている必要があります。

しかし、この10年のインターネットの普及によって、このマーケティングの仕組みが大きく変わって、もしかしたら今までの「マーケティング」的ツールが通用しなくなり、「ポスト・マーケティング」時代に突入しているのではないかと思うときがあります。

特に、「サービス」と「商品」について、それぞれ独自のアプローチが必要になってきたのが特徴だと思います。

ちょっと診療に入ってしまうので、続きは後ほど。

世界の最新レーザー情報 はこちらから

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« 2009年レーザー機器総括③ | トップページ | 今日の僕 20091221 »

国際学会 日本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開業医のためのポスト・マーケティング時代①:

« 2009年レーザー機器総括③ | トップページ | 今日の僕 20091221 »