« AAD 2010 in Miami | トップページ | マイアミビーチの夜 »

2010年3月 8日 (月)

米国皮膚科学会(AAD)僕の発表その1

今回米国皮膚科学会(AAD)に発表演題を出すにあたり、何について出そうか悩みました。

元々、僕がここ数年三菱商事の子会社VC60社との共同研究で取り組んでいる、化粧品の配合商材である抗酸化剤「フラーレン」について、この由緒ある米国皮膚科学会(AAD)でも演題を出そうということになっていました。

しかしながら、AADの演題の採択率は例年低くて、だいたい30%以下なのです。

演題を通すことさえ難しいので、

今までの研究をまとめ、三報ぐらいの演題をそれぞれ違う分野で提出すれば、どれかはダメでもその内一つぐらい演題が通るだろう

・・・と、三つの演題を出したのです。

ところが、結果として運良くすべてが通過してしまい、今回のAADでは、それぞれ違う日に、違う分野で3つの発表をすることになったのです。

ちょっと予想外で驚きましたが、一回の米国皮膚科学会で3つも演題を通した日本人医師は過去にもあまりいないのではないかと、何人かの方にお褒めいただきました。

頑張らないといけません。

学会初日は、アンチエイジングの分野で「シワ」について

学会二日目は、化粧品原料の分野で「ホワイトニング」について

学会四日目は、レーザーのセッションで「レーザー治療との併用の効用」について

発表をすることになりました。

Photo_3

一つ目の講演は、かいつまんで説明すると、紫外線の影響で皮下に出る活性酸素や、レーザー照射後に皮下にでる活性酸素をスピンエコー法で測定し、同定しました。

さらに脂溶性のリポフラーレンが、生成された活性酸素を抑制する効果があるために、シワに効果があるのではという仮説のもと、実際の人のシワのレプリカ実験でそれを証明したという発表でした。

Img_6301

まずは会場に入って、自分の発表を学会誌で確認します。学会誌に自分の名前を見つけると、安心しますね。

Img_6284

発表はVC60社の山名社長も御同席いただき、和やかな雰囲気で無事終わりました。

P1050306

発表の後、インド人らしきドクターが質問をしてきましたが、日本の化粧品原料に興味津々という感じでしたよ。

P1050305

このドクターは、奥さんも皮膚科医のようで、夫婦揃ってのAAD参加でした。シワに効くという、日本製の化粧品原材料について、配合の仕方とか、使い方をいろいろ聞いていかれましたよ。

まずは一仕事終わりです。

世界の最新レーザー情報 はこちらから

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« AAD 2010 in Miami | トップページ | マイアミビーチの夜 »

国際学会 北米 マイアミ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国皮膚科学会(AAD)僕の発表その1:

« AAD 2010 in Miami | トップページ | マイアミビーチの夜 »