« フラクセル3デュアルとサーマクールCPT | トップページ | 快晴のマイアミビーチにて »

2010年3月13日 (土)

マルチプレックスならぬトリプレックスがデビュー

127

AAD2010マイアミビーチに設けられたサイノシュアのブースでは、クリニックFでも使用している脱毛レーザー機器「エリート」がグレードアップした、「エリート・マルチプレックス(MPX)」が登場していました。

136

マルチプレックス(MPX)はサイノシュア社の持つ、2つの違った波長のレーザー光を数ミリ秒の間隔で連続して打ちこむ技術です。

Multiplex

2つの波長を、瞬き以下の短い間隔で連続して照射することで二つの波長の相互作用を高めるので、治療効果が上がる反面、治療のパラメーターの組み合わせは桁外れに上がりますので、症状を診断して、レーザー治療を行うそれぞれの医師の経験が治療効果に及ぼす差は格段に広がります。

Multiplexsystem

その辺りが、マルチプレックス治療の醍醐味、面白さでもあるわけです。

クリニックFでも導入しているサイノシュア社のフラクショナルレーザー機器「アファームマルチプレックス」は、1440nmと1320nmのレーザー光をマルチプレックスに照射できます。

1550nmと1927nmの二つの波長を使用できるフラクセル3デュアルがクリニックに導入された後は、ちょっと使用頻度が落ちましたが、アファームMPXは、1440nmの肌の入れ替え効果と1320nmの肌のタイトニング効果を併せ持つ、2007年のデビューとしては画期的なレーザー機器でした。

今回登場したエリートMPXは1064nmと755nmのNd:YAGと、アレキサンドライトの波長がマルチプレックスで出せますので、パラメーターの設定は難しくなったとは思いますが、正しい設定で照射された場合、脱毛効果は明らかに高まるのではないでしょうか。

137

今回、脂肪吸引のように皮膚に穴をあけるタイプの脂肪溶解レーザー機器である「スパートリポ(治療名ではレーザースタイリング)」も、新しい波長を加えてマルチプレックスならぬ、“トリプレックス”として3波長を(2波長づつの組み合わせですが)使用できる進化系になって新しい機器がデビューしました。

「スマートリポ・トリプレックス」

レーザーマニア(笑)としては実際に使用して、効果を判定したいですね。

世界の最新レーザー情報 はこちらから

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« フラクセル3デュアルとサーマクールCPT | トップページ | 快晴のマイアミビーチにて »

国際学会 北米 マイアミ編」カテゴリの記事

コメント

先生、お疲れ様です(*^-^)
マイアミ、満喫されましたか?
こちらは、今日、ようやく春めいてきました。
昨日まで真冬に戻り、凍えそうでした。

何だか、最新式ですね。
しかし、お高そうです!!

投稿: ティファニー | 2010年3月13日 (土) 00時42分

ティファニーさん

マイアミ思ったよりも寒かったですが、よかったですよ。徐々にマイアミの写真をアップしますね。

ところで、レーザー機器は、我々医師にとっても、とても高い買い物です。

家やら、車やら(笑)、他に欲しいものを我慢して購入するのですから、相当な覚悟が必要です。

毎年、何十台もデビューする機器の中から、クリニックの診療に本当に必要な、実際に購入するものを選ぶ事から1年の仕事が始まります。

そういった意味では、レーザー専門医師にとって、毎年春に開催される、このアメリカ皮膚科学会(AAD)と、アメリカレーザー医学会(ASLMS)は、参加しなければならない学会なのです。

最新型や、新機能のあるものは高いし、低価格で求めるのは不可能です。

でも、その価格が次の機器の開発費に繋がり、市場が活性化するのです。

生活用品でも、低価格の製品が中国から入ってきた事で、巡り巡って結果的に日本の製造業に打撃を与えたのは明白ですよね。

一見、安く買えて、消費者に得なようにみえても、それに飛びついてしまうと、市場に動く金額が小さくなってしまいます。会社に利益が回らなくなると、結果的に自分たちの収入も上がらなくなります。

しかも、最初は安かろう、悪かろうという輸入製品も、必ず確実にクオリティを上げてきます。

この辺りは、30年前にアメリカが日本に対して感じたものと同じジレンマなのかも知れませんね。

アメリカの基幹産業であった自動車のGM社が潰れてしまう時代です。

高性能なものは、高価。それに対して正当な価格を支払う。

この辺りはある程度、割り切りが必要なのかもしれませんね。

投稿: 管理者 | 2010年3月13日 (土) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルチプレックスならぬトリプレックスがデビュー:

« フラクセル3デュアルとサーマクールCPT | トップページ | 快晴のマイアミビーチにて »