« エバーグレーズ国立公園 | トップページ | AAD米国皮膚科学会参加のサーティフィケイト »

2010年3月17日 (水)

フロリダキーズからセブンマイルブリッジへ

「フロリダキーズ」とは、フロリダ半島最南端から西に向かって、アメリカ最南端の町、キーウェストまで点々と続くサンゴ礁の島々のこと。

ここでは約50の小島が43の橋で結ばれているのです。

島々を結ぶ国道一号線US-1 オーバーシーズハイウェイ。

238

根元からキーラーゴ、アイラモラーダ、そしてマラソンという町がありますがその先に、「セブンマイルブリッジ」と呼ばれる約10kmの長さの橋があるのです。

日本では何度もTVコマーシャルなどで使われているので、ご存知の人も多いはず。

エバーグレーズから約2時間ひたすら走り続け、やってきました。

セブンマイルブリッジはこんな場所です。写真で伝わるでしょうか?

252

途中停車はできません。でも、自分のハンドルで走ってみたかった場所の一つです。

橋を渡った先の小さなビーチで降りてみました。

268

261遠浅の海で、フライフィッシングを楽しんでいる人もいます。

とても素晴らしいところでした。

この先、キーウェストを目指すか考えました。

ノーベル賞&ピュリッツァー賞作家のアーネスト・ヘミングウェイが、「武器よさらば」「誰がために鐘は鳴る」などの全作品の7割をキーウェストで書いたことで、この場所は有名ですよね。

ヘミングウェイは船を持ち、彼の著作「老人と海」のように、ここでカジキ釣りを楽しんだのだそう。

ぜひ訪れてみたかったのですが、ここからさらに約1時間ぐらいかかるといいます。

それでは夜の会食に間に合いません。

残念ながら引き返すことにしました。

273

帰りもセブンマイルブリッジは素晴らしい景色でしたよ。

280

そして、ちょうどマイアミの街に帰り着くころ、地平線に太陽が消えてゆきました。

世界の最新レーザー情報 はこちらから

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« エバーグレーズ国立公園 | トップページ | AAD米国皮膚科学会参加のサーティフィケイト »

国際学会 北米 マイアミ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロリダキーズからセブンマイルブリッジへ:

« エバーグレーズ国立公園 | トップページ | AAD米国皮膚科学会参加のサーティフィケイト »