« マリア・カラスの「トゥーランドット」 | トップページ | 弘法大使と四国八十八か所 »

2010年3月 4日 (木)

大谷焼

05 鳴門から少し移動した場所に大谷焼の里がありました。

大きい壺がたくさんあるんですよ。

04

庭先にもこんなに沢山。

027

お店もありました。

気に入ったものがあれば買って帰ろうと思って店内を観ていたのですが、「これは綺麗だな」と思って手に取るものは、やっぱり値段も立派なのです(笑)。

どんな世界も、値段の高いのには理由があるのですね。

世界の最新レーザー情報 はこちらから

クリニックF http://clinic-f.com/

|

« マリア・カラスの「トゥーランドット」 | トップページ | 弘法大使と四国八十八か所 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大谷焼:

« マリア・カラスの「トゥーランドット」 | トップページ | 弘法大使と四国八十八か所 »