« 高知出張 | トップページ | 高知から戻りました »

2011年5月13日 (金)

足摺風で食べた鰹のたたき

足摺岬には、四国巡礼の38か所目である蹉跎山 金剛福寺があります。

この寺はまさに四国の南端です。山深い土佐のこの地を歩いて向かうお遍路さんは、さぞかし大変なのではないかと思いました。

042

044

立派な山門の奥には、綺麗な庭がありました。

046

その金剛福寺の目の前で食べたこのカツオのたたき定食。

これ、ねぎとニンニク、ショウガが山のようにかかり、ミカンを絞って食べる足摺風のカツオのたたきなのだそうです。

048

結局滞在中に4種類のカツオのたたきを頂きましたが、これが一番おいしかったです。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

|

« 高知出張 | トップページ | 高知から戻りました »

国際学会 日本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足摺風で食べた鰹のたたき:

« 高知出張 | トップページ | 高知から戻りました »