« 足摺風で食べた鰹のたたき | トップページ | 内田光子さんのモーツァルトピアノ協奏曲20番 »

2011年5月13日 (金)

高知から戻りました

おはようございます。

今日は、日の出とともに起きて、

097

宿泊先の目の前の高知城を見学してきました。

高知城は国内の現存12天守のうちの一つ。

011

現存天守とは、日本の城の天守のうち、江戸時代またはそれ以前に建設され、現代まで保存されている天守のことです。

日本のお城の話は、僕の大学の同級生であり、雑誌「ソトコト」でも連載をもっている関谷剛先生が大変詳しく、彼はANAの機内誌にも連載を持っているんですよね。これがとてもおもしろいのです。

今回も行きの飛行機で読みましたが、室町幕府足利家の豊富な人材を作り上げた学校の話でした。機会がある方はぜひ一度読んでみてください。

早朝でしたので、残念ながら天守閣の見学はできませんでしたが、公園を散策できましたよ。

086

こちら敷地内にあった板垣退助像。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」が出版されて以来、土佐といえば坂本龍馬となってしまいましたが、板垣退助は、幼馴染の後藤象二郎と並んで、幕末の土佐藩を時勢の中枢に押し上げた人物ですよね。

高知龍馬空港から一番早いANA便で帰京し、四谷のクリニックでまた診療を開始しています。

20110513

今日は朝からリストの「愛の夢」など聴いていますよ。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

|

« 足摺風で食べた鰹のたたき | トップページ | 内田光子さんのモーツァルトピアノ協奏曲20番 »

国際学会 日本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知から戻りました:

« 足摺風で食べた鰹のたたき | トップページ | 内田光子さんのモーツァルトピアノ協奏曲20番 »