« 2011年6月イタリア出張⑧ スカラ座の生んだ歌姫 ニーノ・マチャイゼ Nino Machaidze | トップページ | 2011年6月イタリア出張⑨ ミラノ スカラ座 ガレリア »

2011年6月28日 (火)

レーザートーニングによる肝斑治療の最前線

さて、今日6月28日もクリニックFの診療日です。

何度かお知らせしていますが、今週は土曜日までの診療で、週末から再びロシアの学会に出張予定です。

9日朝の帰国予定ですが、その日の外来を終えた翌朝に札幌に飛び、7月10日にレーザー界の大先輩である久保田潤一郎先生が代表世話人/座長をされる

「第一回光線治療セミナー in 札幌」で

001

「レーザートーニングによる肝斑治療の最前線」 

という講演をさせていただく予定になっています。2005年より、肝斑治療がレーザーで行うことができるようになり、この治療法の常識が変わりました。

僕自身も

ルートロニック社のスペクトラVRM3(マックスピール)

サイノシュア社のQスイッチアレキサンドライトレーザー(アコレード)

ホヤコンバイオ社のメドライトC6(レーザートーニング)

と、

いくつかのQスイッチレーザー機器を使用した肝斑治療の比較研究を、過去数年にわたりアメリカのレーザー医学会(ASLMS)や、ヨーロッパの美容系学会(IMCAS)などで発表してきました。

この内容を踏まえて

そもそも肝斑の成因はなになのか?

なぜ、白変を伴わない程度のローフルレンスのQスイッチヤグレーザーで、肝斑が消褪するのか?

これらの理由とメカニズムを、工学的な数式を使用して解明してみたいと思います。

そんなわけで、ロシアで学会発表の準備がどこまでできるかわかりませんので、朝からクリニックに出勤し、プレゼンをコツコツ作っています。

が、煮詰まってきたのでちょっと一休みして、間もなく始まる診療に備えます(笑)。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

|

« 2011年6月イタリア出張⑧ スカラ座の生んだ歌姫 ニーノ・マチャイゼ Nino Machaidze | トップページ | 2011年6月イタリア出張⑨ ミラノ スカラ座 ガレリア »

レーザー治療 肝斑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーザートーニングによる肝斑治療の最前線:

« 2011年6月イタリア出張⑧ スカラ座の生んだ歌姫 ニーノ・マチャイゼ Nino Machaidze | トップページ | 2011年6月イタリア出張⑨ ミラノ スカラ座 ガレリア »