« 2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会27 クレムリン散策 | トップページ | 2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会28 ロシア最後の食事 »

2011年8月 5日 (金)

台湾から医師の来院

本日8月5日(金)はクリニックFの診療日です。

今日は朝から同じ業界で仕事をする友人が、台湾から来日中のドクター夫妻を連れてクリニックFに来てくれました。

001

整形外科の熊 震宇(Jen-Yu Schoung)医師と、その奥様です。

たまたま僕の話題が出たらしく、

「ドクターフジモトは台湾でも有名なので、知り合いだったら是非帰国の前にクリニック見学をしたい。」

と、頼まれたようなのです。

僕は台湾では何度かレーザー医療の招待講演をしていますので、僕の名前を聞いたことがあったのかもしれません。

いずれにしても、とても光栄なことで嬉しくなりました。

「どのような患者さんに、どのようなレーザーを選択するのかその選択基準は?」

「メディカルコスメはどのようなものを使用するのか?」

「肝斑治療や、ニキビ治療にどのような治療を選択するのか?」

などなど、質問を受けたり

彼の持ってきた患者さんに写真を一緒に見ながら、

どのレーザーをどのパワーで選択するか?

という、レーザー機器選択のディスカッションをしたりして、1時間くらいいらしたでしょうか。

やはり、患者さんそれぞれの肌の特性に合わせながら、疾患に対し着実に結果を出せるレーザーの選択が最も大切で、その判断基準を作ってゆかなければならないと強く感じました。

台湾人と日本人の肌は似ていますので、良い意見交換にもなりましたよ。

そうそう、今度台湾に来たら、是非ゴルフをやりましょうと誘われました。

台湾だったら冬にゴルフができますし、とっても魅力的ですね(笑)。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

|

« 2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会27 クレムリン散策 | トップページ | 2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会28 ロシア最後の食事 »

国際学会 アジア・台湾編」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾から医師の来院:

« 2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会27 クレムリン散策 | トップページ | 2011年7月ロシア出張・フラーレン国際学会28 ロシア最後の食事 »