« 米国出張より帰国しました | トップページ | ■21st EADV Congress in Prague ‘Skin is Vital’25 チューリッヒ発プラハへ »

2012年10月29日 (月)

ついに論文がパブリッシュされました

おはようございます。

今日10月29日(月)はクリニックFの診療日です。

金曜日に帰国して以来まだ時差ボケも解消されていませんが、アメリカ帰りということで、ヨーロッパ出張のときよりは幾分楽ですね(笑)。

その時差ぼけの勢いを活用して(?)週末は一昨日も昨日も工学部博士論文に追われています。

一昨日はほぼ徹夜。

昨日も静まり返った日曜日の四谷で、夜11時までクリニックに篭って執筆していました。

秋は学会シーズンで、そもそも毎年この時期になると海外出張も多く、診療も年末に向けて過密になってくる時期です。

そういったスケジュールに、11月1日の学位予備審査会に向けての準備も盛り込んでいますので正直目が回りそうなのですが、ここまで集中して並行した重要な仕事をしているのは、今までの人生を振り返っても稀なことです。良い経験ですね。

今日の午後一番に、審査会前の最後の打ち合わせのため教授にお時間をとっていただいていますので、それまでになんとか形にしなければと頑張ってきました。

しばらく友人と飲みにも行けていませんが、もう少しです。

さて、そんな僕ですが、今朝クリニックに来てみると、ちょっとうれしい出来事が。

Img_9240

先日、僕の論文が、米国のレーザー医学雑誌 

「Lasers in Surgery and Medicine」

にアクセプトされたのはこのブログでも触れたと思うのですが、

論文が掲載された号がようやくクリニックに届きました。

Img_9239

この雑誌は、世界のレーザー医学界誌では最も権威ある雑誌。

月に200冊以上刊行される米国の外科系の雑誌でも十数番目の、かなり高いインパクトファクターを持つ雑誌です。

自分のレーザー医療の研究と努力が世界に認められて、こうして一流誌に掲載されるのは、本当にうれしいことです。

今日も診療に、論文書きに頑張ろうと思います!

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

|

« 米国出張より帰国しました | トップページ | ■21st EADV Congress in Prague ‘Skin is Vital’25 チューリッヒ発プラハへ »

ASLMS 米国レーザー医学会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501005/55996077

この記事へのトラックバック一覧です: ついに論文がパブリッシュされました:

« 米国出張より帰国しました | トップページ | ■21st EADV Congress in Prague ‘Skin is Vital’25 チューリッヒ発プラハへ »