« ■イタリア出張2012秋⑫ ミラノからパルマへ | トップページ | ■イタリア出張2012秋⑭ ピロッタ宮殿 ファルネーゼ劇場 パルマ国立美術館 ダヴィンチ「ほつれ髪の女」  »

2012年12月 1日 (土)

■イタリア出張2012秋⑬ パルマ 憧れのテアトロレージョ ヴェルディ・フェスティバル

おはようございます。

12月1日土曜日。今日もクリニックFの診療日です。

いよいよ師走に突入しましたね。

今月は僕も忘年会で、出張や大学院の日以外は毎日のように夜の予定が埋まっています。体調管理に気をつけないといけませんね。

そして、明日から3日間、中国・北京で行われるビジネスミーティングに参加してきます。

零下の場所もあるとのことですので、防寒具をもって渡航しようと思います。

帰国は火曜日夜。月曜日・火曜日とお休みをいただき、僕の外来は水曜日からとなります。

スタッフは出勤していますので、ご質問やご予約がありましたらまたクリニックFまでお電話(03-3221-6461)をいただければと思います。

さて、ブログ「新国際学会周遊記」は引き続き先月滞在したイタリアのお話。

今日はパルマです。

*******************************************

パルマでまず行きたかったのは、テアトロレージョ(レージョ歌劇場)でした。 Img_0282

1821年から1829年にかけてニコラ・ベットリが建設を手がけ、新古典主義建築のファサードで知られるテアトロレージョ。

10月にヴェルディ・フェスティバルを開催することでも有名な歌劇場です。

僕が行った時期は、ちょうど今年のフェスティバル公演が終わったところ。

「イル・トロヴァトーレ」と「シチリアの夕べの祈り」が演奏されたのです。

Img_0275

大きな看板がありました。

オペラ界における来年2013年の大きなトピックは、やはり生誕200周年を迎えるヴェルディとワーグナーでしょう。

ウェルディとワーグナー。

このイタリアとドイツを代表する二人の作曲家。

二人の生年が同じ年だということはこのブログでも触れたことがありますよね。

このようにVerdieとWagnerの頭文字のVとWを入れ替えリンクさせた広告が出ていました。

Img_0317

よくもこんなにセンスの良いことを思いつくなあと、感心しましたよ。

WとVの発音はとても似ていますし、視覚的にも素晴らしい広告ですね。

僕が滞在した日に公演はなかったのですが、内部を見学できるツアーに参加してきました。

こちらが劇場の入口。

Img_0362

Img_0374

劇場に入るとこのような感じ。

Img_0373

細部の作りも精巧ですよね。Img_0305

Img_0369

Img_0364

Img_0366

同じ見学者のイタリアのおじさんたち。Img_0371

素晴らしいステージを前に皆でオペラ談義です。

Img_0368

美しい劇場ですね。

世界最先端のレーザー情報がわかる

|

« ■イタリア出張2012秋⑫ ミラノからパルマへ | トップページ | ■イタリア出張2012秋⑭ ピロッタ宮殿 ファルネーゼ劇場 パルマ国立美術館 ダヴィンチ「ほつれ髪の女」  »

国際学会 欧州 伊パルマ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■イタリア出張2012秋⑬ パルマ 憧れのテアトロレージョ ヴェルディ・フェスティバル:

« ■イタリア出張2012秋⑫ ミラノからパルマへ | トップページ | ■イタリア出張2012秋⑭ ピロッタ宮殿 ファルネーゼ劇場 パルマ国立美術館 ダヴィンチ「ほつれ髪の女」  »