« にきび跡治療と肌質改善に必要なレーザー/光機器の選択 照射順序の重要性 | トップページ | 2013年ボストン開催の米国レーザー医学会の演題が二つ通りました »

2012年12月11日 (火)

■イタリア出張2012秋⑮ トスカニーニとパガニーニの街

おはようございます。

今日は12月11日(火)。

クリニックFの診療日です。

晴天が続きますね。青い空と残りわずかな時間を惜しみながらも広がる鮮やかな紅葉に、心も澄み渡っていきます。

年内の残り時間もわずか。

年を越してしまう前に、先月訪れたイタリアについてのブログを少し進めようと思います。

***********************

緑の森に囲まれるパルマの街。

Img_0327

街並も絵画のようです。

Img_0395

Img_0400

この街で生まれた偉大なる指揮者、アルトゥーロ・トスカニーニの生家にも行ってきました。

Img_0325

街並みの中の、こちらの白い家。

Img_0321

Img_0322

表札がありますね。

Img_0349

内部は残念ながら、写真撮影が禁止でした。

こちら、玄関外から撮った写真。

Img_0347

天井裏に続く階段ですが、この階段をトスカニーニが歩いたと思うと感無量ですね。

Img_0348

トスカニーニが、ワグナーの「タンホイザー」を指揮している様子が映像で流れていて、それがとても心地よかったです。

パルマの街に関連する音楽家には、もう一人偉大な人物がいます。

それは、あまりの絶技巧に「悪魔に魂を売ったのではないか」と言われたヴァイオリニスト兼作曲家であるニコロ・バガニー二。

僕のブログでも何度も登場していますが、彼の作品で特に知られているのが、24のカプリース6つのヴァイオリン協奏曲

彼の超絶技巧の演奏スタイルは、ピアニストのリストに。

さらに彼の曲想の主題はラフマニノフやシューマンなどに受け継がれました。

自分の演奏の秘密を明かされないように、コンサートの直前にオーケストラに楽譜を配り演奏後すぐに回収してしまったなどと、とかく奇行(笑)が目立った彼ですが、1840年に亡くなって以来、彼の墓を作るのを各地の教会で拒まれて、なんと1926年にいったんジェノバの共同墓地に葬られますが、最終的に落ち着いたのがパルマの墓地でした。

墓地までは残念ながら時間がなくてたどり着けませんでしたが、パルマには、 オーディトリアム・ニコロ・パガニーニ(Auditorium Nicolo Paganini)という演奏会場がありますので、そちらに行ってきましたよ。

Img_0391

Img_0393

残念ながら中には入れなかったのですが、こちらの外観写真を出しますね。

この会場は、世界で名だたる演奏家が演奏活動や録音をすることで知られています。

僕の持っているCDでは、現在世界的にも最も人気があるドイツのテノール歌手であるヨナス・カウフマンの三番目の作品がこちらのホールで録音されています。

カウフマンは僕と同い年なんですよね。

昨年末にもNYメトロポリタンオペラで聴きましたが、今最も脂の乗っているテノール歌手かもしれません。

来年もオペラ界での活躍が楽しみです。

世界最先端のレーザー情報がわかる

|

« にきび跡治療と肌質改善に必要なレーザー/光機器の選択 照射順序の重要性 | トップページ | 2013年ボストン開催の米国レーザー医学会の演題が二つ通りました »

国際学会 欧州 伊パルマ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■イタリア出張2012秋⑮ トスカニーニとパガニーニの街:

« にきび跡治療と肌質改善に必要なレーザー/光機器の選択 照射順序の重要性 | トップページ | 2013年ボストン開催の米国レーザー医学会の演題が二つ通りました »