« ■2013年2月 サンフランシスコ出張⑨ BiOS EXPO Biophotonics Exhibition | トップページ | ■2013年2月 サンフランシスコ出張⑩ 医師のためのレーザー治療トレーニング教育機関 サンフランシスコバレエ In the Night »

2013年2月18日 (月)

イタリアDEKA社の招待講演 2013年日本皮膚科学会東京支部学術大会 マドンナアイリフト

おはようございます。

今日2月18日(月)はクリニックFの診療日です。

昨日の日曜日は、日本皮膚科学会東京支部学術大会において、併設セミナーの招待講演をする機会をいただき、新宿の京王プラザホテルに行ってきました。

47021_10200705418946297_2061773432_

この学会は、日本で開催される中では日本皮膚科学会の総会に次ぐ、2番目に大きな皮膚科学会とも言えます。

僕はこの数年、工学部の研究や、レーザー医療の海外学会ばかりに顔を出していて、日本の大きな学会に顔を出すことはあまり無かったのです。

不思議なことに、日米の学会は同じような日程で開催されるのですよね。一方に参加するともう一方をあきらめざるを得ない、ということがしばしば起きてしまうのです。

母国語で学会情報を得られるというのは、とても貴重ですので、今回は時間が許す限り、講演やランチョンセミナーも聞かせていただきました。

とても勉強になりましたよ。

僕の講演内容は、マドンナリフトおよび、フラクショナルレーザー機器およびRF機器についての総論。

共演者に実川久美子先生(実川皮フ科クリニック)と林原伸治先生(林原クリニック)という二人の優れた臨床家がいらっしゃったので、僕はもっぱらフラクショナルレーザー機器とRF機器について、それらの機器の進化および各社の機器間の性能の違いについての総論に徹した内容としました。

112

17499_10200706214206178_1560801609_

2004年より数多くデビューしたフラクショナルレーザー機器ですが、そろそろ機器間の特性の違いを明確にした発表も増えてきました。

水への吸収率が違うために、波長によって特性が違うのは当たり前ですが、同じCO2レーザー機器でも各社が内蔵しているCO2レーザー信管の性能やスキャナの構造によって全く違った照射野になります。

レーザー専門クリニックであれば、今後は、いくつかのフラクショナルレーザー機器を所有し、使い分ける治療が必要になるといえるでしょう。

DEKA社のスマートサイドドットのパルス波形は、他社のCO2フラクショナルレーザー機器よりも「強い収縮力を持つ」という特性を持ちますので、それを生かしたマドンナアイリフト(眼瞼挙上)や、マドンナリフト(全顔の肌の入れ替え)は、費用対効果も高く、効果的な治療法だと思います。

485340_10200705540589338_703252469_

講演の後は、実際に機器を使用してのデモンストレーション。

Photo

目元周りのレーザー治療上の照射のコツや、推奨パラメーターなどにも言及させていただきました。

856311_10200706238166777_952492744_

会場は42階。

Img_0126

窓から見える東京の景色は絶景でした。

こうした機会を与えていただき、関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

世界最先端のレーザー情報がわかる

|

« ■2013年2月 サンフランシスコ出張⑨ BiOS EXPO Biophotonics Exhibition | トップページ | ■2013年2月 サンフランシスコ出張⑩ 医師のためのレーザー治療トレーニング教育機関 サンフランシスコバレエ In the Night »

国際学会 日本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリアDEKA社の招待講演 2013年日本皮膚科学会東京支部学術大会 マドンナアイリフト:

« ■2013年2月 サンフランシスコ出張⑨ BiOS EXPO Biophotonics Exhibition | トップページ | ■2013年2月 サンフランシスコ出張⑩ 医師のためのレーザー治療トレーニング教育機関 サンフランシスコバレエ In the Night »