« 第七回 JMECアンチエイジングセミナー in 九州 | トップページ | 靖国神社の桜 千鳥ヶ淵の夜桜 2013 »

2013年3月25日 (月)

クリニックF 院長 藤本幸弘 英文論文(筆頭著者のみ)

2015年

○新たなEMS機器を用いたメタボリックシンドローム治療

Fujimoto T, Tabata A, Kinugasa Y:Metabolic syndrome treatment with an advanced EMS sevice:Obesity Facts 2015;8(suppl 1):P91

○持続照射および高頻度照射の赤外線照射機器による皮下の活性酸素群の発生

Fujitmoto T, Ito S, Tujino S, Kanazawa H: Comparison Study Of Rapid Repetition Rate And Continuous Near Infrared (Nir) Light Devices: Detection Of The Different Reactive Oxygen Species Induced Oxidative Stress In Skin During Irradiation, Respectively:Lasers in Surgery and Medicine: Vol.47(S26) March 2015:p9-10

2014年

〇アジアンスキンに対するCO2フラクショナルレーザー治療後の新規ビタミンC GOVC の併用経験

Fujimoto T, Nagata T, Yoshioka M, Ito S, Masaki H, Kanazawa H Effects of Novel Vitamin C Derivative GO-VC, After Treament of Fractional CO2 Laser in Asian Patients    Lasers in Surgery and Medicine: Vol.46(S25) March 2014:p9

○低周波回転式筋肉刺激機器を用いたメタボリックシンドローム対策

Fujimoto T Metabolic syndrome treatment with the ACBODY low-frequency rotating stimulation device Bio Clinica 29(4), 2014,p76-83

○医療治療目的に使用可能な、出力4-6Wレヴェルの半導体レーザーによる高温体の生成

Fujimoto T, Imai Y, Tei Y, Ito S, Kanazawa H, Yamaguchi S High temperature heat source generation with 4-6W power level quasi-cw (continuous wave) semiconductor lasers for medical use J Biomed Opt 2014;19(10):101502

2013年

○臨床応用が可能な、半導体レーザー光学ファイバー先端部加工による高温体エネルギーソースの開発

Fujimoto T, Imai Y, Tei Y, Yamaguchi S Development of A Semiconductor Laser Based High Temperature Fine Thermal Energy Source in an Optical Fiber Tip for Clinical Applications Jpn. J. Appl. Phys. 52 052501

○医療治療目的に使用可能な、超低出力の半導体レーザーによる高温体の生成

Fujimoto T, Imai Y, Tei Y, Fujioka T, Yamaguchi S High temperature heat source generation with a very low power level quasi-cw(continuous wave) semiconductor laser for medical use SPIE2013-Proceedings 856569

2012年

○レーザー照射後に発生する活性酸素を各種同定し、抑制剤としてフラーレンを用いた研究

Fujimoto T, Ito S, Ito M, Kanazawa H, Yamaguchi S Induction of different reactive oxygen species in the skin during various laser therapies and their inhibition by fullerene. Lasers in Surgery and Medicine: Vol.44(8):pp685-94.

○上眼瞼挙上術に使用するフラクショナルレーザー機器の比較研究

Fujimoto T, Hayashibara S Eyelid skin tightening for Asian skin: Conoarasuib stydy of Fractional Laser devices: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.44(S24):p18.

○1550nmおよび1927nmの波長のフラクショナルレーザー機器によるレーザー治療の際に発生する活性酸素を同定した研究

Fujimoto T, Yamaguchi S, Kanazawa H, Ito S Detection of the different reactive oxygen species induced oxidative stress in skin during 1550nm & 1927nm Fractionated Laser therapy: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.44(S24):p61-62

2011年

○1550nmと1927nmの波長のフラクショナルレーザー機器を用いて、アジア人における肝斑とニキビ肌治療についての研究

Fujimoto T Clinical evaluation of 1550nm and 1927nm laser delivered by fractional for Asian patients of melisma and acne scars: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.43(S23):p970

2010年

○アジア人肝斑において、低出力Qスイッチの、アレキサンドライトとNd:YAGを使用した場合の治療比較についての研究

Fujimoto T Comparison of low fluence Q-switched alexandrite laser versus Q-switched Nd:YAG  laser for the melasma treatment of Asian patients: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.42(S22):p81-82

○強力な抗酸化剤であるフラーレンの、シワに対する影響に対する研究

Fujimoto T, Ito S, Ito M Fullerene is Effective against Wrinkle: Journal of the American Academy of Dermatology:Vol.62: AB22

○強力な抗酸化剤であるフラーレンの、肌のホワイトニングに関する研究

Fujimoto T, Ito S, Ito M Anti-oxidant property of Fullerene is Effective in Skin Whiting e: Journal of the American Academy of Dermatology:Vol.62: AB54

○強力な抗酸化剤であるフラーレンが、レーザー照射治療後に与える影響についての研究

Fujimoto T, Ito S, Ito M Effect of Fullerene as an Anti-Oxidant During Laser Therapy: Journal of the American Academy of Dermatology:Vol.62: AB149

2009年

○強力な抗酸化剤であるフラーレンがレーザーによる色素斑によって与えられる反応についての研究

Fujimoto T The action of antioxidants, Fullerene on laser therapy of pigment spots: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.41(S21):p78

2008年

○1440nm及び1320nmを使用したフラクショナルレーザー治療機器であるアファームマルチプレックスを利用した、日本人の加齢肌へ治療の研究

Fujimoto T Clinical evaluation of 1440nm and 1320nm multiplex Fractional laser (Affirm multiplex) delivered by microarray for treatment of photo aging for Japanese skin: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.40(S20):p88

○1440nmフラクショナルレーザー機器であるアファームを利用して、皮下に発生した活性酸素をESR法によって解析した研究

Fujimoto T, Ito S, Ito M ESR analysis of free radical generated by Fractional resurfacing laser (1440nm) Lasers in Surgery and Medicine: Vol.40(S20):p88

○2790nmの波長のエルビウム:YSGGの波長によりアジア人の肌をリサーフェシングした研究

Fujimoto T Skin resurfacing utilizing a 2.79um Er:YSGG (Yttrium Scandium Gallium Garnet) laser for Asian patients: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.40(S20):p97

2007年

○1550nmのフラクセルとモノポーラーRFのサーマクールを日本人の肌に併用した研究

Fujimoto T The Treatment of Photodamage and Facial Rhytids Utilizing Fraxel(1550nm Erbium Glass Fractional Laser Resurfacing) and Thermacool TC (Monopolar RF) in Japanese Patients: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.39(S19):p60 

2005年

○カーボンローションによるQスイッチレーザーピーリングと633nmのLED併用治療による非侵襲的肝斑治療についての研究

Fujimoto T Non-ablative Treatment of Melasma utilizing a Q-Switched Nd:YAG Laser peel assisted with a topical carbon photoenhancer lotion, and adjunctive treatment with 633 nm Red Led Light: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.37(S17):p82 

○静脈麻酔薬により、マスト細胞の働きが抑制される研究

Fujimoto T, Nishiyama T, Hanaoka K. Inhibitory effects of intravenous anesthetics on mast cell function. Anesth Analg. 2005 Oct;101(4):1054-9

2004年

○カーボンローションによるQスイッチレーザーピーリングによる非侵襲的スキンリジュビネーションの研究

Fujimoto T Non-ablative Skin rejuvenation, Q-switched Nd:YAG Laser assisted with carbon suspended lotion: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.39(S19):p59

○肺原発の異所性フェオクロマトサイトーマの症例

Fujimoto T, Nishiyama T, Hanaoka K. A case of ectopic pheochromocytoma of pulmonary origin Masui. 2004 May;53(5):537-9. 2003年

○マスト細胞がCRPを介して活性化されるという研究

Fujimoto T, Sato Y, Sasaki N, Teshima R, Hanaoka K, Kitani S. The canine mast cell activation via CRP. Biochem Biophys Res Commun. 2003 Jan 31;301(1):212-7.

○合成麻酔薬フェンタニールによって引き起こされたけいれん発作についての報告

Fujimoto T, Nishiyama T, Hanaoka K. Seizure induced by a small dose of fentanyl. J Anesth. 2003;17(1):55-6. No abstract available.

2000年

○セボフルレンと大腿神経ブロックによる高齢者大腿骨頭頚部骨折の手術マネジメントの症例

Fujimoto T, Meguro K, Hase K, Nagatsuka C, Kasahara M. Anesthetic management of the elderly patients with femoral neck fracture by sevoflurane and femoral nerve block Masui. 2000 Jun;49(6):630-3.

1999年

○カイロプラクティックによる生態感覚刺激が自律神経に与える影響についての論文

Fujimoto T Budgell B Uchida S  Suzuki A  Meguro K Arterial tonometry in the measurement of the effects of innocuous mechanical stimulation of the neck on heart rate and blood pressure J.Autonomic Nervous System 75:109-115,1999

|

« 第七回 JMECアンチエイジングセミナー in 九州 | トップページ | 靖国神社の桜 千鳥ヶ淵の夜桜 2013 »