« ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑩ ピコ秒レーザー 学会会場展示場のレーザー機器の新発表 | トップページ | ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑫ アメリカ本土最南端 キーウェストへ »

2013年3月16日 (土)

■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑪ キーウェストへの長い道のり

翌朝は日曜日。天気が良ければ、キーウェストに行きたいと思っていました。

目が覚めてホテルから窓の外を見てみると、この通りの晴天。

Img_0835

今回の滞在中は連日天気が悪かったので、キーウェスト行きはほとんどあきらめていたのですが、この天候であれば行けるかもしれません。

Img_0836

マイアミ―キーウェスト間は片道約4時間。

3年前にセブンマイルブリッジまで行った時に、途中のハイウェイは信号も渋滞もほとんどない一本道というのを確認しています。

急遽予定を変更して、レンタカーを借りることに。

Img_0847

車を借りて、マイアミビーチを走ります。

Img_0850

Img_0857

Img_0874

今はナビゲーションがあるので、ほとんど迷わずに目的地まで着ける様になりました。

Img_0860

ビーチからダウンタウンに向かう橋。

Img_0861

豪華客船が停泊していますね。

一路キーウェストを目指します。

キーウェストにはフロリダ半島から続く国道US-1号線が通っています。

ここでいうキーとは、珊瑚礁などでできた島のこと。

島(キー)から島(キー)へと珊瑚礁の海の上にかかる橋を渡っていくこの道路は、「オーバーシーズ・ハイウェイ」と呼ばれています。

キーラーゴ、アイラモラーダ、マラソン、ビッグパインキー、サマーランドキー、カジョーキー、ビックコピットキー・・・などの街と島を通過して行くこのハイウェイは「アメリカ合衆国で最も美しいハイウェイ」とも言われているそうです。

マイアミビーチからキーウェストまでは約300kmの道のりです。

こちらがオーバーシーズ・ハイウェイの景色です。

Img_0887

Img_0892

Img_0893

Img_0896

4時間という時間が全く苦にならない、本当に楽しいドライブです。

Img_0902

途中、数多くのペリカンに遭遇しました。

マイアミ出発から3時間半後、セブンマイルブリッジにさしかかった頃、雲行きが怪しくなってきました。

Img_0906

Img_0909

晴天を予想していただけに、ちょっと残念な展開。

Img_0911

セブンマイルブリッジを渡る頃には大粒の雨が降ってきました。

Img_0917_2

20分ほど経過して、雨は上がり、またこのような天気に。

Img_0918

亜熱帯の気候ですので、こういったことがあるのでしょう。

特にセブンマイルブリッジから先は珊瑚礁の色も変わり、待望のキーウェストにいよいよ到着です。

Img_0929

世界最先端のレーザー情報がわかる

|

« ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑩ ピコ秒レーザー 学会会場展示場のレーザー機器の新発表 | トップページ | ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑫ アメリカ本土最南端 キーウェストへ »

国際学会 北米 マイアミ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑪ キーウェストへの長い道のり:

« ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑩ ピコ秒レーザー 学会会場展示場のレーザー機器の新発表 | トップページ | ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑫ アメリカ本土最南端 キーウェストへ »