« ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑦ 学会会場へ | トップページ | ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑨ オーパスワンを超えるワイン?DARIOUSH MEAT MARKET »

2013年3月13日 (水)

■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑧ フラクショナルレーザー機器の今後

おはようございます。

今日は3月13日水曜日。クリニックFの診療日です。

都心部は朝から突風が吹いています。

クリニックの窓から見える街灯や木々も風に揺れています。

花屋さんでは植木が倒れ、麹町方面から四ツ谷方面に向かって歩く人は、大袈裟でなく飛ばされそうです。

公共の交通機関にも乱れがあるようですので、気を付けてお出かけくださいね。

日本では「年度末」も近づき、慌ただしく日々が過ぎてゆきますね。診療後街を車で走ると、道路工事が延々と続いています。

春を迎える準備を整えなければなりませんね。

さて、ブログ「新国際学会周遊記」は、再び先週滞在したAAD米国皮膚科学会の話です。

***********************

学会初日は、講演演題のみの開催で、学会展示はありませんでした。

それでも休憩時間にはドクターであふれます。

Img_0684

まずはフラクショナルレーザーと光治療のセッションから聞き始めました。

Img_0686

Img_0687

学会会場の中でもこの演題は広い会場で、開場直後は人もまばら。

しかし、開講直前には立ち見も出るほど一杯になりました。

スピーカーたちは米国の名だたる皮膚科の教授たち。

Img_0719_2

内容はとても濃いもので、残念ながらこちらで写真を上げることはできませんが、今後の治療機器の進化について、非常に興味深い講演をきくことができました。

特に、「フラクショナルレーザー機器の今後」という演題で、スキャナの照射パターンに工夫を加えたものや、2400nmから2800nmの間で波長を自由に調節できるCr2+:ZnS/Seレーザーシステムの研究の話などは、将来性を感じましたね。

Img_0740

さらに、フラクショナルレーザー機器に加えて、エネルギー照射を基本にした治療機器で、RF(ラジオ波)とHIFU(高密度焦点式超音波法)との比較演題などが興味ある講演でした。

Img_0822

もう一つ、興味深かったのがこちらのダーマスコピーの実践のセッション。

こちらは立ち見どころか、会場の中の通路まで座り見席ができる、この学会一の盛況ぶり。

僕もしっかり座り見席で勉強させていただきました。

マイアミ市内は観光地ですので、このような水陸両用車が街に走っていたり、

Img_0756

超高級別荘を持つ人たちの高級車などが街中に沢山見られ、

Img_0754

歩いていて楽しい街です。

Img_0784

Img_0785_2

お店に入るとこのようなバックもたくさん売っていました。

マイアミブログはまだまだ続きます。

世界最先端のレーザー情報がわかる

|

« ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑦ 学会会場へ | トップページ | ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑨ オーパスワンを超えるワイン?DARIOUSH MEAT MARKET »

国際学会 北米 マイアミ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑧ フラクショナルレーザー機器の今後:

« ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑦ 学会会場へ | トップページ | ■2013年3月 マイアミ AAD全米皮膚科学会出張⑨ オーパスワンを超えるワイン?DARIOUSH MEAT MARKET »