« サーマクール発売10周年記念 招待講演 | トップページ | Health Science 新たなビタミンC(GO-VC)の論文が通過しました »

2013年6月 3日 (月)

■2013年5月ドイツ出張⑬ ベックリン 死の島 ライプティヒ美術館

ベックリンの「死の島」という絵をご存知ですか?

Arnold_bocklin_006

以前、セドナのブログでこの絵のことについてふれたことがあります。

この数枚の連作の一つがライプティヒ美術館に収蔵されているのですが、今回も観てきました。

フロイト、レーニン、クレマンソー、ラフマニノフ(この絵を基に交響詩『死の島』を作曲しました)、ヘッセたちもこの絵を好んで飾っていたといわれています。

見ているだけで、さわさわと胸がざわめくような、インパクトを与えてくれる絵です。

こちらライプティヒ美術館。

非常に近代的な建物です。

Img_2634

Img_2633

入口にはワーグナーの肖像がありますね。

Dsc00090

Dsc00092

中は基本的に写真撮影は禁止されていましたが、内装はこのような感じでした。

今回地下室にワーグナーの30分程度に短縮された音楽を光とレーザーで表現するという企画展をやっていました。

素晴らしかったですよ。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

|

« サーマクール発売10周年記念 招待講演 | トップページ | Health Science 新たなビタミンC(GO-VC)の論文が通過しました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2013年5月ドイツ出張⑬ ベックリン 死の島 ライプティヒ美術館:

« サーマクール発売10周年記念 招待講演 | トップページ | Health Science 新たなビタミンC(GO-VC)の論文が通過しました »