« 岡山より JMEC社主催プライベートセミナー  論語 「徳不孤 必有隣」 | トップページ | 井筒俊彦著「意識の形而上学」 »

2013年7月 9日 (火)

■2013年6月イタリア出張㉔ サンマリノ第二の砦チェスタ塔と第三の砦モンターレ塔

おはようございます。

都心は朝から天気が良いですね。

今日は朝一番で一つ打ち合わせをこなしてから、クリニックに来ました。

暑いですが、夏らしくていいですね。

昨晩は、診療後お世話になっている方から会食の席に呼んでいただきました。

場所は、表参道のキャビアの専門店。

初めて伺いました。

1016748_10201604192575076_992987333

ベルーガ ・ オセトラ ・ セヴィルーガ、そして国産のよさこいキャビアの食べ比べという貴重な体験をさせて頂きました。

1017528_10201604212095564_2553202_n

キャビアは産地によりずいぶん味が違うのですね。

ちなみにベルーガは一番下の、プリッとしたキャビア。

ほんの10年ぐらい前にはヨーロッパに行くと食べることができましたが、最近は品薄で食べるのが難しいですね。

1988年に開業し、流通ルートが確立しているこのお店でも、25年間でキャビアの値段は7倍に上がったのだそうです。

高知のよさこい国産キャビアというのも初めて食べました。

貴重な体験でした。

さて、ブログ「新国際学会周遊記」は、先月滞在したサンマリノ共和国のお話がもう少し続きます。

今月24日からのシンガポールの出張までに終わらせなければなりません。

***********************

サンマリノ共和国は、ヴァティカン、モナコ、ナウル、ツバルに次ぐ世界で5番目に面積の小さな国です。

61㎢ の国土は、十和田湖とほぼ等しく、621㎢の東京23区の10分の1の面積です。

国土の中でも実際に歩けるところは少ないですので、ほんの数時間で国内一周できます。

Dsc01240

グアイタ塔から第二の砦チェスタ塔に向かってこのような細い道を歩きます。

Dsc01246

チェスタ塔が見えてきました。

グアイタ塔よりも少し小ぶりですね。

Dsc01247

振り返ると、先ほどまで見学していた第一の砦グアイタ塔がきれいに見えます。

Dsc01248

Dsc01251

Dsc01252

Dsc01253

第一の砦グアイタ塔も崖にせり建っていますね。

Dsc01254

Dsc01257

Dsc01258

チェスタ塔に登り、反対を観ると、第三の砦モンターレ塔が見えてきました。

Dsc01255

観光客もこちらのモンターレ塔に向かう人は少ないらしく、

Dsc01260

Dsc01261

山道はちょっと寂しくなります。

Dsc01264

Dsc01265

細い山道を約15分ほどでモンターレ塔に到着しましたが、このような塔が建っていました。

中の見学は出来ませんでした。

そろそろバスの時間を意識して、バス停に戻らなければなりません。

来た道を戻り始めました。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

|

« 岡山より JMEC社主催プライベートセミナー  論語 「徳不孤 必有隣」 | トップページ | 井筒俊彦著「意識の形而上学」 »

国際学会 欧州 サンマリノ共和国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2013年6月イタリア出張㉔ サンマリノ第二の砦チェスタ塔と第三の砦モンターレ塔:

« 岡山より JMEC社主催プライベートセミナー  論語 「徳不孤 必有隣」 | トップページ | 井筒俊彦著「意識の形而上学」 »