« 岡山に行ってきます | トップページ | ■2013年6月イタリア出張㉔ サンマリノ第二の砦チェスタ塔と第三の砦モンターレ塔 »

2013年7月 8日 (月)

岡山より JMEC社主催プライベートセミナー  論語 「徳不孤 必有隣」

おはようございます。

7月8日 月曜日。

昨日より出張に来ている岡山で今朝は目覚めました。

970764_10201595994570131_1090712630

新幹線の発着が見える場所です。

Img_3493

早朝の飛行機で岡山空港から羽田へ。

Img_3496

機内から雲海に浮かぶ素晴らしい富士山が見えましたよ。

Img_3500

羽田到着後は、そのまま朝食を兼ねた打ち合わせの席へ。

この秋、青山に開業予定の

「世界の痩身医療機器すべてを集結させた、機器による痩身専門クリニック」

で、僕も医療機器アドバイザーとして参画することになったのです。

今日は11時にクリニックFの診療に入ります。

***********************

岡山で回った場所をいくつか。

971313_10201590225985920_742039128_

Img_3448

講演の待ち時間に初めて立ち寄った岡山城。

1011446_10201589934258627_113200747

日本三大庭園のひとつ、岡山後楽園。

Img_3447

岡山城が背景に見える景色が美しいです。

1004631_10201589947658962_140278144

後楽園で食べた吉備団子。

1017314_10201591491777564_487068955

講演風景。

今回もアンチエイジングクリニックに関する経営や企画コンセプトについてなど、僕の出来る範囲でお話をさせていただきました。

無事に終了し、一安心しました。

安田皮フ科クリニックの安田秀世先生など、数年ぶりにお会いしてご挨拶させて頂いた先生も多く、とても楽しい会になりました。

講演後は、ふみの皮フ科の池野史典先生や堂島ライフケアクリニックの佐藤守仁先生と、倉敷市の美観地区へ。

Img_3477

Img_3478

この先には以前より訪ねたかった大原美術館があるのですが・・・

Img_3482

ほんの5分前に閉館してしまったようです。

Img_3479

残念でした。

Img_3483

Img_3486

あまりの暑さに、途中古民家「有隣庵」にて一休み。

Img_3492

果汁100%白桃ジュースと「幸せになるプリン」を頂きました。

Img_3491

有隣庵の名前の由来となった、「徳は孤ならず、必ず隣あり」の掛軸が奥の間に飾ってありました。 

論語に引用された孔子の言葉の一つですよね。

高潔な人や、謹厳実直な人は、とかく近寄りがたく敬遠されることもあるが、真に徳があれば必ず人は理解しその徳を慕い、支持する良き隣人たちが集まって来るものである。

本当に徳のある人は孤立したり、孤独であるということは無い。

という言葉です。

Img_3490

こちらの中庭がなんとも素敵でした。

倉敷より電車で岡山に戻り、夜はいつもマドンナリフトの会などでお世話になっている岡山の河田外科形成外科の河田真作先生と会食をさせていただきました。

話題に上がったのが、なんと河田先生のオペラデビューは21歳の時のドイツのバイロイト音楽祭であったとか。

ちなみに僕はワーグナーファンになってからバイロイトにたどり着くのに25年間かかりました(笑)。

岡山名産の美味しいお酒を会席料理と共にいただき、とても楽しい会でした。

ちょうど河田先生は東京の学会に出席され、昨日は入れ違いだったのですが、岡山でお会い出来てよかったです。

最後の見つけたのがこれ。

かわいらしいですね。

1017126_10201596050091519_943859831

関係者の方々に深く御礼申し上げます。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

|

« 岡山に行ってきます | トップページ | ■2013年6月イタリア出張㉔ サンマリノ第二の砦チェスタ塔と第三の砦モンターレ塔 »

国際学会 日本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山より JMEC社主催プライベートセミナー  論語 「徳不孤 必有隣」:

« 岡山に行ってきます | トップページ | ■2013年6月イタリア出張㉔ サンマリノ第二の砦チェスタ塔と第三の砦モンターレ塔 »