« ■2013年7月 IMCAS ASIA⑨ カンボジア アマンサラ シアヌーク殿下 1963年のメルセデス | トップページ | ■2013年7月 IMCAS ASIA⑪ アンコールワット第一回廊 祇園精舎 ラーマーヤナ マハーバーラタ »

2013年8月 5日 (月)

■2013年7月 IMCAS ASIA⑩ アンコールワットへの道 トゥクトゥク 蓮の花を摘む人は

おはようございます。

今日は8月5日(月)クリニックFの診療日です。

今週は10日土曜日までは通常診療です。

土曜日の夜より神戸に飛び、日曜日の日本美容外科学会で招待講演を二つこなし、12日月曜日からイギリスとドイツの出張を控えています。

クリニックFのお盆休みは14日から18日となります。

僕の帰国は19日朝。

いつものようにそのままクリニックに来て外来をする予定です。

さて、僕のブログ国際学会周遊記は先週滞在したカンボジアについてです。

**********************

早朝ツアー前に、フルーツ盛りが出てきました。Img_3642

東南アジアならではの色鮮やかな果物。

5時台の出発なのでお腹が空くでしょうという心遣い。

素晴らしいホスピタリティですね。

アマンの横には、このようなトゥクトゥクの駐車場があります。

Img_0571

こちらに乗り込み、出発です。

Img_0572

早朝からアンコールワットへ向かう参道。

アンコールワットは5基の塔堂が見えるのが特徴ですが、これは世界の中心である須弥山を表しているのだそうです。

基軸道路は東西南北に和まれており、周壁がヒマラヤの霊峰を、さらに周濠は無限の大海を象徴しているのだそうです。

つまり、クメール的な宇宙観を地上に具現化したのですよね。

Img_3646

前日雨が降ったためか、あたりは湿っています。

こちらの道の横には大海を示す、周濠です。

Img_3649

Img_3650

さらに、先に見える周壁がヒマラヤの霊峰というわけです。

ガイドさんに率いられて、周壁の正面の門をくぐります。

Img_3652

一瞬真っ暗な先に、5基の塔堂を持つアンコールワットの遺跡が見えてきました。

Img_3653

Img_3654

こちらです。

Img_3656

アンコールワットへ続く、一本の道。

これは感動しますね。

Img_0256

Img_3658

Img_3659

Img_3660

Img_3662

アンコールワットの遺跡は一部修復中。

Img_3678

しかしながら、こちらの池から見た遺跡は息をのむほど美しいものでした。

Img_0258

水面に映る5基の塔堂。

さらにちょうど蓮の花が満開。

Img_0259

Img_0276

雨季とは言え、独特の雲が新鮮ですね。

Img_3691

 

Img_3680

Img_0281

ちなみにこの場所は絶好のサンライズスポットだったらしく、これだけの人が見学に来ていました。

Img_0284

ふと蓮池に目を落とすと、人が動いています。

Img_3694

蓮の花を摘んでいるんですね。

Img_3695

Img_3697

世界最先端のレーザー情報がわかる

|

« ■2013年7月 IMCAS ASIA⑨ カンボジア アマンサラ シアヌーク殿下 1963年のメルセデス | トップページ | ■2013年7月 IMCAS ASIA⑪ アンコールワット第一回廊 祇園精舎 ラーマーヤナ マハーバーラタ »

国際学会 アジア カンボジア編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2013年7月 IMCAS ASIA⑩ アンコールワットへの道 トゥクトゥク 蓮の花を摘む人は:

« ■2013年7月 IMCAS ASIA⑨ カンボジア アマンサラ シアヌーク殿下 1963年のメルセデス | トップページ | ■2013年7月 IMCAS ASIA⑪ アンコールワット第一回廊 祇園精舎 ラーマーヤナ マハーバーラタ »