« ■2013年7月 IMCAS ASIA⑫ アンコールワット第三回廊 | トップページ | ■2013年7月 IMCAS ASIA⑭ アマンでの朝食  »

2013年8月 7日 (水)

■2013年7月 IMCAS ASIA⑬ バルーンに乗ってアンコールワットを空中散策

おはようございます。

今日は8月7日。クリニックFの診療日です。

今週末に神戸で開催される日本美容皮膚科学会。

僕は土曜日はクリニックの外来で、日曜日だけの参加になりますが、二つの招待講演を依頼されており、今、頑張ってプレゼンを作っています。

一つはイタリアのレーザー機器メーカーDEKA社の講演。

「各種フラクショナルレーザーによるレーザーリサーフェシングを検証する」

11日日曜日、朝10時からのハンズオンセミナーで話をさせて頂きます。

2013

さらに12時10分からは

株式会社JMECのランチョンセミナーで、「フラクショナルRF + 光 + レーザー +バイポーラーRFの複合美容皮膚治療器「ePlus」 を用いた治療経験
についての講演です。

Img_4692

どちらの機器も非常に効果的な臨床結果を残し、海外でも話題の機器。

海外の最新情報を含めて講演させていただこうと思っています。

***********************

さて、僕のブログ、国際学会周遊記は、先週滞在したカンボジアについて。

アンコールワットからトゥクトゥクで5分。

Img_3767

アンコールバルーン乗り場までやってきました。

Img_3784

Img_3783

Img_3774


Img_0400

こんなバルーンに乗って高さ150mまで。

すると、このようにアンコールワットが鳥瞰出来ます。

Img_0397

Img_0390

Img_0386

あたりはこのような水田地帯。

Img_0393

Img_0397

北東の方角にはアンコールトムのバイヨン遺跡が見えます。

Img_0411

ほんの15分ぐらいの空中散歩。

でも楽しめましたよ。

Img_3780

3時間のツアーを経て、アマンサラに戻ります。

Img_3788

世界最先端のレーザー情報がわかる

|

« ■2013年7月 IMCAS ASIA⑫ アンコールワット第三回廊 | トップページ | ■2013年7月 IMCAS ASIA⑭ アマンでの朝食  »

国際学会 アジア カンボジア編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■2013年7月 IMCAS ASIA⑬ バルーンに乗ってアンコールワットを空中散策:

« ■2013年7月 IMCAS ASIA⑫ アンコールワット第三回廊 | トップページ | ■2013年7月 IMCAS ASIA⑭ アマンでの朝食  »