« 読売新聞 掲載記事 | トップページ | なぜレーザーを照射すると肌が変わるのか? 最新の知見 »

2013年10月24日 (木)

時差ぼけのカラオケ 2014年の米国レーザー医学会の演題

おはようございます。

昨晩は、診療後レーザー業界を左右する影響力のある企業人や著名人の方たちと打ち合わせを兼ねた会食の席が設けられました。

話も盛り上がって、その後12時過ぎに皆でカラオケへ。

お店を出るときには、なんと朝4時を回っていました。

なんでこんなに元気なのだろうと考えてみたら、その場にいた皆が今月ヨーロッパから帰国したばかりだということがわかりました。

時差ボケだったんですね(笑)。

23

今日は休診日ですが、米国レーザー医学会の演題締切が米国時間の今日までなので、英語のアブストラクトの作成作業をしにクリニックにやってきました。

昨年はレーザー医療界では画期的な機器がデビューしたとは言えず、演題に困っていましたが、レーザー治療に化学的な検討を加えたものを発表することにしました。

共同演者の方々にアドバイスをいただき、先ほどなんとか演題のアップロードを済ませました。

来年も採択されるとよいのですが。。。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

|

« 読売新聞 掲載記事 | トップページ | なぜレーザーを照射すると肌が変わるのか? 最新の知見 »

ASLMS 米国レーザー医学会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501005/58444965

この記事へのトラックバック一覧です: 時差ぼけのカラオケ 2014年の米国レーザー医学会の演題:

« 読売新聞 掲載記事 | トップページ | なぜレーザーを照射すると肌が変わるのか? 最新の知見 »