« イタリアからパネットーネ(クリスマスケーキ)が届きました | トップページ | パリIMCASからメリークリスマス »

2013年12月20日 (金)

2014年4月 フェニックス開催 米国レーザー医学会の口演演題が通りました

おはようございます。

今日は12月20日。

クリニックFの診療日です。

今日も寒いですよね。

クリニックFのスタッフの誕生日には、いつも花束をプレゼントしています。

Img_3413

今日も出がけにお花を買ってきました。

Img_3411

夕方までロッカーに隠しておこうと思います。

**********************

昨日は寒かったですね。

休診日でしたので僕は、工学部大学院にて実験と論文執筆に行っていました。

昼過ぎに大学につきましたが、帰宅は夜11時ごろ。

頭を使ったので、ちょっと疲れました。

学生さんが実験されている分野では、新たなデータも取得できたようで、今後が楽しみです。

**********************

そして、昨日ついに、連絡が来ました!

来年4月フェニックスで開催される米国レーザー医学会で、演題が口演で通過しました。

「EFFECTS OF A NOVEL VITAMIN C DERIVATIVE GO-VC, AFTER TREATMENT OF FRACTIONAL CO2 LASER IN ASIAN PATIENTS」

米国レーザー医学会ASLMSは、世界のレーザー医師としては、最もキャッチアップすべき学会だと僕は思っていますので、どんなに忙しくても演題申し込みはしてきました。

Laser2014

今年は、新規ビタミンC GO-VC のCO2フラクショナルレーザーへの応用演題です。

Dr. Fujimoto: Your abstract, “EFFECTS OF A NOVEL VITAMIN C DERIVATIVE GO-VC, AFTER TREATMENT OF FRACTIONAL CO2 LASER IN ASIAN PATIENTS,” has been accepted for an oral presentation at the 34th Annual Conference of the American Society for Laser Medicine and Surgery to be held at the Phoenix Convention Center/Sheraton Phoenix Downtown Hotel in Phoenix, Arizona.

僕も学会Memberとなった2004年から毎年演題を出して、発表しています。

演題通過は、11年で、15演題目ですが過去の14の発表を振り返ってみると、まるでレーザー治療の歴史ですね。

2004年 4月 ダラス

①Non-ablative Skin rejuvenation,  Q-switched Nd:YAG Laser assisted with carbon suspended lotion

邦訳「カーボンアシストQスイッチNdYAGレーザーピーリングについて」 

2005年 3月 フロリダ

②Non-ablative Treatment of Melasma utilizing a Q-Switched Nd:YAG Laser peel assisted with a topical carbon photoenhancer lotion, and adjunctive treatment with 633 nm Red Led Light

邦訳「カーボンアシストQスイッチ&ロングパルスNdYAGレーザーピーリングと赤色LEDの併用療法による肝斑治療ついて」

2007年 4月 ダラス

③The Treatment of Photodamage and Facial Rhytids Utilizing Fraxel(1550nm Erbium Glass Fractional Laser Resurfacing) and Thermacool TC (Monopolar RF) in Japanese Patients

邦訳「日本人患者光老化に対するフラクセルとサーマクールの併用療法」

2008年 4月 フロリダ

④Clinical evaluation of 1440nm and 1320nm multiplex Fractional laser (Affirm multiplex) delivered by microarray for treatment of photo aging for Japanese skin

邦訳「1440nmと1320nmのマルチプレックスフラクショナルレーザーの日本人肌光老化への使用経験」

⑤ESR analysis of free radical generated by Fractional resurfacing laser (1440nm)

邦訳「1440nmのフラクショナルレーザーにより皮下に発生する酸化物質のESR分析」

⑥Skin resurfacing utilizing a 2.79um Er:YSGG (YTTRIUM SCANDIUM GALLIUM GARNET) laser for asian patients

邦訳「2790nmエルビウム:YSGGレーザーによるアジア人肌の入れ替え」

2009年 4月 ワシントンDC 

⑦Comparison of low fluence Q-switched alexandrite laser versus Q-switched Nd:Yag laser for the melasma treatment of Asian patients

邦訳「アジア人肝斑症例に対する低レベル・QスイッチアレキサンドライトとQスイッチヤグレーザーの比較検討」

⑧The Action of Antioxidants, Fullerene on laser therapy of pigment spots

邦訳「抗酸化剤フラーレンの色素斑のレーザー治療の反応」 

2010年 4月 アリゾナ

⑨Comparison of low fluence Q-switched alexandrite laser versus Q-switched Nd:Yag laser for the melasma treatment of Asian patients

邦訳「アジア人の肝斑治療に対する、Qスイッチアレキサンドライトと、QスイッチNd:ヤグレーザーの比較演題」

2011年 3月 テキサス 

⑩Clinical evaluation of 1550nm and 1927nm laser delivered by fractional for Asian patients of melasma and acne scars

邦訳「1550nmおよび1927nm(フラクセル3DUAL)の肝斑およびニキビ跡の使用経験」

2012年 4月 フロリダ

⑪Eyelid skin tightening for Asian skin: Conoarasuib stydy of Fractional Laser devices

邦訳「アジア人肌へのフラクショナルCO2レーザーによる眼瞼挙上術と機器比較」

⑫Detection of the different reactive oxygen species induced oxidative stress in skin during 1550nm & 1927nm Fractionated Laser therapy

邦訳「1550nmおよび1927nm(フラクセル3DUAL)のフラクショナルレーザー使用後に発生する皮下のラジカル種の同定」

2013年 ボストン

⑬Detection of the Different Reactive Oxygen Species Induced Oxidative Stress in Skin During CO2 Fractional Laser, RF, CO2 Fractional Laser and RF Combination Therapy Respectively

邦訳「CO2フラクショナルおよびRF複合機(スマートサイドスクエア)使用後に発生する皮下のラジカル種の同定」

⑭High Temperature Heat Source Generation With a Very Low Power Level Quasi-CW (Continuous Wave) Semiconductor Laser for Medical Use

邦訳「医療利用が可能な低出力半導体レーザーにより、高温ソースをつくる技術についての研究」

今後も頑張ろうと思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

|

« イタリアからパネットーネ(クリスマスケーキ)が届きました | トップページ | パリIMCASからメリークリスマス »

ASLMS 米国レーザー医学会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501005/58787267

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年4月 フェニックス開催 米国レーザー医学会の口演演題が通りました:

« イタリアからパネットーネ(クリスマスケーキ)が届きました | トップページ | パリIMCASからメリークリスマス »