« IRYOKI輪郭注射セミナーと空也の最中 | トップページ | Ashkenazy Masterclass »

2014年6月16日 (月)

国際レーシングライセンスの試験

結局基準タイムが出ないまま、セッション終了となりました。

国際レーシングライセンス発行のための試験となります。

まずは英語の筆記試験。

レース用語の英語がわかりにくく困りましたが、試験官によると、何とかこちらは合格。

Scuola_piloti_chall0255

問題は、セッション中の基準タイムです。

C級ライセンス発行のためのコースの基準タイムは1分16秒215。

時差ぼけも暑さもあって、最後のテストまでに出た最高タイムは、1分16秒823。

40セッションで基準タイムが出ない。 疲れも限界に来ています。

アンドレアに最後の注意点を指摘してもらいます。

Scuola_piloti_chall0214

精神集中してマシンに乗り込み、

Scuola_piloti_chall0220

Ferrari_10

Scuola_piloti_chall0224

Scuola_piloti_chall0225

Scuola_piloti_chall0258

Scuola_piloti_chall0263

Scuola_piloti_chall0256

Scuola_piloti_chall0245

Scuola_piloti_chall0251

テストの周には最初から1分16秒台がコンスタントに出るように。さらに周回を重ねるごとに徐々にタイムが縮み、基準値を満たすタイムが・・・。

そして、最後の周回でなんと! 

1分15秒台前半のファステストラップが出たのです。

国際レーシングドライバー資格が確定した瞬間でした。

Certificate_2

こちら、フェラーリで取得したコース終了のサーティフィケイト。

Certificate

チャレンジコースとエヴォリューションコース。

良い思い出です。

メディカルサーティフィケイトを提出し、ライセンスが発行されるのを待つばかりとなりました。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

|

« IRYOKI輪郭注射セミナーと空也の最中 | トップページ | Ashkenazy Masterclass »

フェラーリドライビングコース ピロタレーシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際レーシングライセンスの試験:

« IRYOKI輪郭注射セミナーと空也の最中 | トップページ | Ashkenazy Masterclass »