« ●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑬ ThermiRF モデナ マラネロ フェラーリ博物館 | トップページ | ●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑮ フェラーリピロタレーシング エボリューションコースその2 F458スペチアーレ »

2014年6月10日 (火)

●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑭ フェラーリ社ピロタレーシングスクール エボリューションコース

国際学会周遊記番外編です。

こちらは先月参加したパルマにあるサーキットコースでの写真です。

フェラーリ社のレーシングスクールには

●スポーツ 

●アドバンス

●エボリューション

●チャレンジ

の四つのコースがあり、それぞれ2-3日に渡るコースとなります。

この日はエボリューションからスタート。

Scuola_piloti_chall0001

このコースでは、灰色のポロシャツが供給され、ユニフォームとして着用します。

まずはノーマルの458イタリアに乗って感覚をサーキットに戻します。

Scuola_piloti_chall0002

インストラクターに走行してもらい、サーキットの走行注意点を記憶。

Scuola_piloti_chall0003

Scuola_piloti_chall0005

そして、自分の車に乗り込みます。

Scuola_piloti_chall0006

Scuola_piloti_chall0008

走行が終わると、こうした控室へ。

Scuola_piloti_chall0012

Scuola_piloti_chall0013

走行中のアクセルワークやハンドルさばき、ブレーキのポイント、さらにギアなどの、すべてのデータはテレメトリーでコンピューターに接続され、より速く走るためにどのようなことをすべきか、細かく指示されます。

Scuola_piloti_chall0017

Scuola_piloti_chall0019

Scuola_piloti_chall0020

そして再びサーキットを走り込み。

Scuola_piloti_chall0014

Scuola_piloti_chall0021

Scuola_piloti_chall0023

Scuola_piloti_chall0028

Scuola_piloti_chall0032

Scuola_piloti_chall0035

Scuola_piloti_chall0039

Scuola_piloti_chall0041

Scuola_piloti_chall0071

サーキット走行によって、感覚が戻ってきました。

車を自在に操れるようになってきましたよ。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

|

« ●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑬ ThermiRF モデナ マラネロ フェラーリ博物館 | トップページ | ●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑮ フェラーリピロタレーシング エボリューションコースその2 F458スペチアーレ »

フェラーリドライビングコース ピロタレーシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑭ フェラーリ社ピロタレーシングスクール エボリューションコース:

« ●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑬ ThermiRF モデナ マラネロ フェラーリ博物館 | トップページ | ●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑮ フェラーリピロタレーシング エボリューションコースその2 F458スペチアーレ »