« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の46件の記事

2014年11月30日 (日)

婦人画報1月号 

現在発売中の婦人画報1月号でnewaリフトについてコメントさせて頂いています。

Photo

Photo_2

Photo_3

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

漫画「オルフェウスの窓」

こちら。友人のドクターに勧められて購入したのですが・・・。

Photo_2

漫画「オルフェウスの窓」。購入して1ヵ月以上経ちますが、なかなか読み進められません。

主人公の表情を読みながら読み進めなければならない少女漫画は、僕にとって少々ハードルの高い文学です(苦笑)。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルスカ最新アプリケータ

さて、こちらはなんでしょう?

Photo_9

Photo_8

卓球のラケットではありません(笑)。

Photo_10

答えは、クールスカルプティングの「クールスムース」。

部分的に痩せることができる医療機器の最新アプリケータ―です。

このパットを痩せたいところに着けると痩せられるのです。

Photo_11

茶色が肌への接触面です。

通常のクルスカと違って、2時間冷却することで効果を出します。これならどこにでも付けられますね。

今年の一月のIMCASでデビューしたものですが、ようやく一号機が日本に入ったそうです。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本レーザー医学会 医療痩身 

今日は朝から京王プラザホテルで開催されていた日本レーザー医学会に参加してきました。

今年の会長は帝京大学皮膚科の渡辺晋一教授。

学会の主題は、「証拠に基づいたレーザー医学」というものでした。

Photo_4

Photo_3

僕はいつもお世話になっている、久保田潤一郎先生、尾見徳弥先生座長のもと、シンポジウム3「痩身治療における、光・高周波治療」にて、シンポジストをさせていただきました。

Img_0032

Img_0031

痩身治療について、この学会で扱われたのは初めての事であり、そもそも痩身の評価方法ということも含め議論がなされましたが、本学会の表題通り、証拠に基づいた「医療痩身」施術を構築しなければならないなと感じました。

Photo_7

 

ランチョンセミナーまで参加したのち、後ろ髪をひかれる思いで会場を後にして、午後からクリニックの診療を再開しています。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

レーザーアシストのドラッグデリバリーの研究

昨日の休診日は、薬学部の大学研究室へ。

今年から始めたレーザーアシストのドラッグデリバリーの研究。

学部5年生の学生さんたちが、新たに研究に加わることになったので、そのブレストでした。

簡単な講演の後、実際にレーザーを照射してみたりと、基礎実験をしてみました。

106

ちょうど目の前が増上寺なのですが、晴れた空に、紅葉が美しいこと。

108

103_2

秋という季節があるのは、世界的には日本とニュージーランドぐらいです。

この季節を楽しめるのは、幸せなことですね。

Img_0006

Img_0007

Img_0009

久しぶりに日本の秋を、堪能しましたよ。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タキシード姿で撮影

一昨日の診療後、都内某スタジオにて撮影がありました。

151

103

昨年に引き続き、編集長と一枚、巨匠の野村カメラマンに撮っていただきました。

Img_3067

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

TUMIはペルーの神 

今夜診療後に雑誌社の撮影に伺うことになっていて、こんな鞄で出勤しました。

Tumi

TUMIのガーメントケースです。中にはタキシードが入っています。

以前のブログにも書きましたが、僕はTUMIの愛用者で出張の度に空港などで少しずつ買い揃えてきました。

特にこのナイロンの黒が使い勝手も良いのです。

耐久性があり、雨風に強く、汚れも目立たない。種類が豊富で用途別に必ずぴったりのものがある。とてもアメリカらしい理念の優秀なブランドだと思います。

ちなみにTUMIとは、ペルーの神様から名前をとっているんですよね。

ペルーと言えば以前大変な思いをしてマチュピチュに行ったことがあります。

059_2

アルゼンチンで開催されていた世界皮膚科学会に参加した際に立ち寄ったのです。

Peru

2007年のこと。こちらのブログです。

機会があったらもう一度行ってみたいですね。

さて、もう間もなく11月も終わりということで、2015年が見えてきました。

すでに2015年の仕事や学会活動の予定は入り始めていますので、2年後3年後を考えながらいくつもの準備に入っていますが、クリニックFでは2016年に向けて新しい展開を考え、非常勤のドクターを採用したいと考えています。

詳しくはまた別の機会にお話ししたいと思いますが、もしレーザーアンチエイジングに興味があり、ぜひこの世界をもっと極めたいと考えているドクターがいたらご応募ください。

応募の内容などもまた追ってこちらのブログでご紹介しますね。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

ipad air 2 船舶免許

クリニックに先日注文したipad air 2が届いていました。

Img_2815

アップル社にて円安補正がされる前に注文したのです。

急速な円高が続くと、僕の様に海外からレーザー機器や備品を買わなければならない職種はつらいですね。

数多く所属する海外の学会会員費も、円安だとバカにならない額だななあなんて悩んでいます。

***************

休日はマリーナへ。

友人の船に乗せてもらいました。

Img_2863

Img_2864

船はいいですね〜。

Img_2867

皆で乗り込みます。

僕も一級船舶免許を持っていますが、久しぶりに役に立ちました。

Img_2879

Img_2882

Img_2884

Img_2885

Img_2887

クルーズしたのちに、釣りを楽しみ。。。

10390088_618337734945272_7605334137

夕焼けを見る。

10393977_10205477823293423_65462605

良い気分転換が出来ました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

皆生温泉の華水亭へ

ちょうどホテルに向かうときには日が落ちました。

Img_2999

Img_3002

そして今回の出張の最後の目的地、皆生温泉の華水亭へ

10363827_618965178215861_1785375204

海を目の前にしたこちらの温泉で体を休めたのち。

Img_3006

この通り、松葉ガニが出てきました。

僕は生の蟹を初めて食べましたが、とろけるような味でしたね。

Img_3007

そして、こちらがメインイヴェント。

Img_3008

まずは甲羅のカニみそと日本酒を合わせるのです。

10805722_618965204882525_4511019244

僕は初めていただきましたが、素晴らしい味です。

ちなみにカニみそは、蟹の肝臓なのだそうです。

鮟キモやフォアグラのようなイメージ。

洋の東西を問わず、美味しいものは食されるのですね。

Img_3019

そして、蟹をあぶります。

Img_3021001

Img_3023

こちらの焼きガニも美味しかったです。

まさに、茹でカニ、蟹の刺身、焼きガニの蟹三昧。

ゴルフの心地よい疲れと良い感じにお酒がまわり、米子の夜は更けてゆきました。

翌朝一番の便で東京羽田へ。

カニの会は無事終了しました。

林原先生、二日間にわたるご接待、ありがとうございました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大神山神社

Img_2998

ゴルフが終わったのちは、大神山神社へ。

偉大な神のおわす山~大神岳(おおかみのたけ)。

古代の人々は大山(だいせん)のことをそう呼んで敬っていたのだそうです。

その大山信仰の中心が古代より延々と続く大神山神社です。

Img_2990

10426710_281317035411656_2529555414

10806210_281317072078319_7870508049

Img_2991

Img_2994

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山平原ゴルフクラブ  

あくる朝。

鳥取の大山より見える朝日が美しいです。

この日も晴天に恵まれました。

Img_2962

早朝より林原先生に迎えに来ていただき、朝日をみながらゴルフ場へ。

Img_2965

Img_2971

Img_2975

大山平原ゴルフクラブに着きました。

10814128_618778498234529_1296615091

10816196_618778484901197_1536553281

徐々に気温も上がり、目も覚めてきました。

10818540_618787284900317_573840449_

こちらは惜しかったバーディートライパット。

Img_2976

Img_2978

食事を食べた午後には元気いっぱいです。

大山も紅葉で美しく

Img_2981_2

ちょうどスコアカードの景色とも写真を撮りました。

Img_2985

Img_2984001

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

やぐら鮨

ひとしきり勉強したのちには、釣りの戦果をもってやぐら鮨へ。

Img_2943

こちら、林原先生の幼馴染のお店なのだそうです。

Img_2948

車好きな大将と、車談義で盛り上がります。

Img_2944_2

おつくりをいただいた後は、昼に釣ったアジ。

Img_2946

そして釣り上げた小さな魚たちの煮物。

Img_2952

美味しくいただきました。

そして、毎年11月6日零時より解禁される、松葉ガニ。

まさに解禁されたばかりの名産品。

こちらはいわゆるズワイガニですが、ズワイガニが地域ブランド化したものとして、

松葉ガニ

越前がに

間人ガニ(たいざガニ)

津居山ガニ

加能ガニ(かのうガニ)

が挙げられるのだそうです。

Img_2947

鳥取の松葉ガニは、鳥取の特産品の和紙で作られたタグがつけられています。

Img_2949

所属漁港ごとに発行され、ブランドとともに漁獲した漁船名・所属漁港が明示されるのだそうですよ。

Img_2950

そしてのど黒の煮つけ。

Img_2951

さらにヒラメのコブ締め(左)と、のど黒の握り。

Img_2953

のど黒の握りは初めていただきましたが、白身のトロといわれるほど貴重なものだそうです。

舌の上でとろける脂身がたまりませんでした。

病みつきになりますね。

さらに、トロの握り。

Img_2956

いくらとウニ。

Img_2960

お腹いっぱいいただいた後、松江で開業する清水一樹先生も加わって、カニ会のために作詞作曲されたカニソングを披露していただきました。

Img_2961

誰でも歌える、誰でも踊れる、誰でも弾けるがテーマ。

CGFの3コードで構成されるのですが、耳についちゃいますね。

10394769_281452685398091_2538246501

終わったのちもずっと耳に残っていました。

さらに場所を移動して、夜遅くまで皆で歌を。

10423295_618550504923995_8299491944

本当に長い充実した日でした。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林原医院にて講演とデモンストレーション

釣りとクルージングをしたのち、

林原医院で、きちんと講演とデモもしてきました。

Img_2920

Img_2942

こちら林原先生のレーザーラインナップ。

Img_2922

Img_2923

Img_2924_2

10805574_618386031607109_2114670306

和やかに講演は終わり、デモへ。

シネロン社のSTリファームの照射をさせていただきました。

Img_2933

Img_2936

Img_2937

10425462_618386048273774_4976026329

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎ処山美世

その後、島根県の県境より、小泉八雲の愛した鰻屋さんへ。

Img_2859

米子で小児科を開業する田本直弘先生も合流です。

10641043_10205472457559283_39713992

10404325_10205487218168289_46287565

たっぷり肉厚の鰻をいただきました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲゲゲの鬼太郎

空港に到着して驚いたのは、こちらのゲゲゲの鬼太郎。Img_2834

水木しげるさんの出身地ですので、空港の名前になっているのです。

Img_2836

荷物のターンテーブルにはこんなものが。

Img_2837

こちらはツボでした。

空港からは林原先生の車で境港市の水木しげるロードへ

Img_2842

Img_2843

Img_2851

Img_2845

Img_2849

三連休の中日ではありましたが観光客で一杯。

Img_2852

なんとも素晴らしい集客力。

ゲゲゲの鬼太郎。恐るべしです。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米子の先輩

三連休の最後の二日間、鳥取県の米子に行ってきました。

米子市で形成外科美容皮膚科を開業されている林原伸治先生の、林原医院にて、招待講演に呼んでいただいたのです。

林原先生は僕より数年先輩ですが、何度か講演でご一緒したのちに意気投合し、2012年の米国レーザー医学会をはじめとして、

Fujimoto T, Hayashibara S Eyelid skin tightening for Asian skin: Conoarasuib stydy of Fractional Laser devices: Lasers in Surgery and Medicine: Vol.44(S24):p18. 2012

いくつかの国際学会で、共同演者として発表演者に加わっていただいています。

羽田空港はこの通りクリスマス一色。

Img_2821

米子空港は、ANAしか就航していませんのでANAを選択。

Img_2830

米子までひとっ飛びです。

Img_2834

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

狂おしき一日、あるいはフィガロの結婚 La Folle journée, ou le Mariage de Figaro

休診日にまた朝から六本木ヒルズに向かいました。

目的はこちら。

Img_2795

そう、NYのThe Metropolitan Opera 通称METのLIVE VIEWING 2014-15が現在期間限定で上映されているのです。

この日は今期の二作目。モーツァルトの名作であり彼の真骨頂でもある「フィガロの結婚」が予定されていました。

今回のライブ・ビューイング(LV)で案内役を務めるのは、今期のパンフレットで表紙になっているルネ・フレミング。

Img_2818_2

舞台で見る彼女とは違って、スクリーンの中CNNのキャスターのように役者たちにインタビューをする姿がおもしろかったです。

彼女は6作目の「メリー・ウィドウ」でハンナを演じることになっています。

そして今回もこの豪華なメンバーをご覧ください。

◇指揮:ジェイムズ・レヴァイン 

◇演出:リチャード・エア

◇出演:フィガロ・・・イルダール・アブドラザコフ(バスバリトン)

     伯爵・・・ペーター・マッテイ(バリトン)

     スザンナ・・・マルリース・ペーターセン(ソプラノ)

     伯爵夫人・・・アマンダ・マジェスキー(ソプラノ)

     ケルビーノ・・・イザベル・レナード(メゾソプラノ)

僕はジェイムズ・レヴァインがタクトを振るオペラをもうすでに何度も観ていますが、もちろん生で見る圧倒的な空気や熱、音をここでは味わえないものの、LVのカメラワークならではの演出で今回も最初から惹き込まれました。

11

車椅子のレヴァインの表情のひとつひとつをああした大画面のアップで見てしまうと、すでにもう40年以上も第一線でこの世界を牽引してきた巨匠のタクトを、ああ、あと何度我々は見ることができるのだろうと、切なさに似た気持ちがこみ上げてきます。

LVの撮影監督は、元はTV監督だったギャリー・ハルヴァーソン。パンフレットに書いてあったのですが、このLVを手掛けるにあたってオリンピック中継を徹底的に研究したのだとか。

道理で臨場感があるわけです。

さて、この日本でも有名なフィガロですが、今回は演出がいつもと異なります。舞台設定がより現代になっているのです。

元々のオリジナルはフランス革命前夜とも言える時代に設定されていますが、今回は第二次世界大戦前夜。

鬼才リチャード・エアのオリジナリティ溢れる舞台は、セットや照明の使い方もおもしろかったですが、テンポがとにかく良かったですね。

欲を言えば、時代が変わると衣装も変わりますしセットや小道具も変わりますので、僕自身はオリジナルの時代設定の方がやっぱり好きかもしれません。

もうひとつLVで観て良かったと思ったことがあります。

日本語の字幕と画面のリンク感が素晴らしかった。

生の舞台を観るとき、海外では目の前の英語の字幕と、舞台を縦横無尽に動き回る声楽家を追わなければなりません。日本で見るときは日本語の字幕がつくでしょうが、これを追いながら舞台を観るのは結構難しいことです。

それが映画感覚で、様々な登場人物の心情に合わせたカメラワークと共にスクリーンの中展開されると、一言一言噛み締めながらすんなりと歌詞を飲み込めてしまう。DVDで観るのとはまた迫力も違うのですよね。

そうして改めて思ったことは、ボーマルシェの戯曲に基づき、これを台本に落とし込んだイタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテの偉大さです。

フィガロの結婚、ドン・ジョヴァンニ、コジ・ファン・トゥッテでダ・ポンテはモーツァルトと組んでいますが、彼なくしてこれらの名作は生まれなかったことが本当によく理解できるのです。

そして、今回のキャスト。

Img_2819

フィガロ役を務めたイルダール・アブドラザコフ。伯爵役のペーター・マッテイ。

彼らはフィガロそのもの、伯爵そのものでした。

アブドラザコフが登場するだけで場が明るくなり、マッティが場を引き締める。

見事な存在感であっぱれでしたよ。

スザンナ役のマルリース・ペーターセン。

スザンナは準主役ですが、フィガロの中では本当に難しい役どころだと思います。

周りの役者との調整が常に求められ、出過ぎず引っ込み過ぎず、技術と華は求められますが、他の役者を食いすぎてもいけない。舞台の場面場面をつながないといけない。

そういう意味で非常にバランス感覚のある役者さんでしたね。

伯爵夫人を務めたアマンダ・マジェスキー。クール・ビューティでこれも非常にはまり役。最初から難しいアリアを求められますが、歌いきっていました。

舞台でもうひとりの主役 ケルビーノ。イザベル・レナード。彼女はフィガロと同じくらい人気者でしょうね。ケルビーノ役を何度も演じているというのは心から納得。素晴らしかったです。

この後彼女はセヴィリャの理髪師でロジーナを演じるそうです。

冒頭から華やかで洒脱なモーツァルトの有名すぎる曲に乗って繰り広げられるストーリー。

そして、喜劇の中、随所に盛り込まれた普遍的な真実。

今回も本当に楽しませて頂きました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

問診中にEMS 

こちら。

Ems_2

先日ご紹介したスタイリフト。

こんな風に携帯できて便利なので、問診中や打ち合わせ中など小一時間~2時間くらい座りっぱなしで施術をする必要のない時に使ってみています。

良く効いています。

同業のドクターが続々と買われているようで(笑) 気持ち、よくわかります(笑)。

 

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

91年のF1グランプリのレーザーディスク セナ VS プロスト

実は先日とある大学の教授とお会いし、クラシック音楽談義になりました。

その時に、

「最近レーザー・ディスク・プレイヤーを買ったんだけど、これがとても良い。今ではもう観ることのできない伝説の指揮者が振ったコンサートの名盤がDVDでは残ってなくとも、昔の中古LDなら残ってる場合がある。これを下北沢や吉祥寺の中古CD屋を回って発掘するのが楽しみ。この間もすごいのを見つけて・・・」

という話を伺い、なるほど! 確かにDVDやブルーレイではなくとも、LDを見つけてくるという手があるな、と深く納得してしまいました。

そして、僕も買ってしまいましたよ。レーザーディスク。

Senna_2

こちらは、オークションで落とした91年のF1グランプリ。

セナ VS プロストの戦い。

初戦を観てたら当時の感動が蘇ってきました。

良いことを教えていただきました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクロボトックスの考案者Dr.Woffles T.L.Wu

今日は診療前の時間を使って、朝からこんなドクターが来てくださいました。

Drwofflestlwu_2

シンガポール在住で、マイクロボトックスの考案者Dr.Woffles T.L.Wu先生。

BOTOX治療といえば、眉間やオデコの表情ジワを止めるために打ったり、歯ぎしりによる偏頭痛や歯の損傷を改善させるため、エラの張りを改善するために打ったり、汗を止めるために脇に打ったり、足を細くするためにふくらはぎに打ったり・・・といった使用方法が主流のものでしたが、このマイクロボトックスでは皮膚の浅い部分にごく微量のボトックスを細かく細かく注入していきます。

それにより、皮膚のアンチエイジングにつながり、ハリの改善や毛穴の改善、リフトアップ効果などを望むことが出来るというもの。

今回は、アラガン社のテクニックシェアプログラムとして、様々な技術とノウハウを披露してくださいました。

例えばモデルとなった歯ぎしりによる偏頭痛を訴えていたクライアントには、両エラの部分を広範囲に細かくまずは注入した後、顎に移り、それから首へ。喉ぎりぎりまで何十ヵ所も注入を行っていきます。

その間、

「注入液はたった一滴も無駄にしないように!」

と何度も声がかかります。

これが一通り終了した後、今度は注射針を変えてまたエラに戻り、今度は筋肉の深い箇所に改めて注入していくのです。

非常に繊細な指の動きと集中力が要求される技術。

「この技術は結果を出さなければ患者は戻ってこない。だからこそ必ず一度の注入で結果を出さなければならない。機能はもちろん、必ず患者は注入の後格段と美しくなる。だから皆にこの注入方法は支持され、愛されているんだよ」

と仰っていました。

とても勉強になりましたし、良い刺激を受けました。

一方でレーザーとはまた違った痛みを患者さんは堪えないといけませんので、そういった点をどう改善していくのか。価格設定をどう考えるのか、などいくつかの課題検討を踏まえてから、クリニックではご紹介していきたいと思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

今週買った本 

こちら、今週購入した本。

どれも読むのが楽しみです。

Img_2791

街はクリスマス色になってきましたね。

Img_2792

クリニックFの入口に、小さな飾りを置きました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

まんぷく鎌倉・湘南

 

お友達の山村浩子さんが湘南のグルメ本書いていたと知って、買ってみました。

Photo_5

取材もしっかりしていて、これはとても良い本です。幾つも行きたいお店が増えましたよ。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インディバ・コンベンション 

昨日の日曜日は、品川で開催されたインディバ・コンベンションに参加させて頂きました。

Indiba

Indiba_3

日本におけるインディバのビジネス展開は、機器の持つ機能や展開の仕方含め非常に興味深い物があります。

Photo

Photo_2

山口会長の講演より開始。

Photo_4

集まった関係者は400名を超えていました。

Ic8

僕はこちらの特別講演Ⅱ枠で、招待講演をさせていただきました。

Indiba_2

Ic

Ic6

Ic7

インディバの生体への効能を、医学、工学、薬学、栄養学の観点から解説させていただきました。

1969321_10205424779407359_900560573

10711118_10205431316610785_36076174

Ic11

赤坂アンチエイジングクリニックの森吉臣先生ともお会いできました。

Ic10

ラモン・イ・カハル医学研究所のインディバ研究者アレハンドロ・ウベダ氏。

とても興味深い講演をされていて、インスパイアされました。

Ic12

Ic13

懇親会ではフラメンコの舞台もあって楽しかったです!

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャコウネココーヒー

こちらいただいた、ジャコウネコの排せつ物から出る未消化のコーヒー豆。1779277_10205432104910492_688630802

ジャコウネココーヒーは世界で最も高価なコーヒー豆として知られていますが、1杯8000円で提供しているところもあるのだそうです。

Photo_6

試してみましたが、香りは確かに良いですね。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

光文社 美ST 2015年1月号

今月発売の美ST 2015年1月号に9月に滞在したマイアミとニューヨークのドクターとのディスカッションの記事を載せていただきました。

Img_2648

Img_2643

 

Img_2645

マイアミで開業するポズナー先生。

多くのレーザー医療機器開発にも関わっていらっしゃいます。

ポズナー先生とは車や時計の趣味が全く一緒で、機器の話以外にも話が盛り上がってしまい、そろそろ帰ろうと思った時には、なんと3時間も経過していました。

Img_2646

 

 

こちらはレーザーアシストのドラッグデリバリーを研究されているワイベル先生。

現在僕も薬学部で研究をしている分野の一つですので、非常にディスカッションが盛り上がりました。

こうした世界の第一線の先生方とお話しできるのは非常に貴重な時間です。

ニューヨークではこんな写真も撮りました。

紙面の都合で地面が切れてしまっていますが…。

Img_2644

ちなみに飛ぶ直前はこちら。

10636295_10205418185842524_15396124

この通り、地面から腰の位置まで跳んでいます。

頑張りました(笑)。

よろしかったらご覧くださいね。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本美容外科学会の講演の写真

9月に東京ドームで開催された、日本美容外科学会でシンポジストとして講演させていただいたときの写真を学会事務局さんから送っていただきました。

Img_2641

Img_2640

プロの方が撮られたので流石です。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

家庭用EMSシステム「スタイリフト」

伊藤超短波社の最新型 家庭用EMSシステム「スタイリフト」が、ついにクリニックFに入荷してきました。Photo

Photo_2

ACBODYの時に培ったEMSの技術がギュッと詰まって148,000円。

試してみましたが、機能的にはこれで十分です。

カラーディスプレーインストラクションによって、説明書いらず。

写真でみていた時よりもはるかにカッコいい。

Photo_3

これは本当に売れるかもしれません。

クリニックFで販売していますので、ご興味のある方はお声掛けくださいね。

では今日も一日よろしくお願いいたします。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

浦沢直樹「モンスター」

先輩のドクターに勧められて「大人買い」した漫画が届きました。

浦沢直樹さんの“モンスター”。

一度も最後まで読んだことがなかったのです。

Monster

マスター・キートンのことをFBやブログで書いたら、こちらを勧められました。

手塚治虫文化賞マンガ大賞などの受賞歴ある漫画なのですね。

読み始めたら止まらなくなりました(笑)。

危険なので、こちらも診療後のお楽しみにとっておこうと思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細胞膜リン脂質のスクランブルを担う分子群の同定

今週も薬学部に通っています。

Photo

の日の講義のテーマは、細胞膜リン脂質のスクランブルを担う分子群の同定。アポトーシス後に食細胞に表示されるeat−meマーカーであるフォスファジチルセリンの発現についての京都大学の鈴木淳先生の研究でした。

こちらは、2014年の文部科学大臣表彰 若手科学者賞と、日本生化学会 奨励賞を取得した講演でした。

とても面白かったですよ。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

続きを読む "細胞膜リン脂質のスクランブルを担う分子群の同定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山一丁目 HONDAビル 

青山一丁目のホンダビルに久しぶりに寄ってきました。

Honda

前に来たのはアイルトン・セナへの献花の時でした。

こちらのビルはちょっとお茶を飲んだりすることもできたりしますので、時間が空いた時など時々よらせてもらってオートバイの展示など見たりしています。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インディバ・コンベンション

週末のインディバコンベンションの招待講演に向け、準備をしています。Img_2616

僕の講演はちょっと長いのですが、

「インディバ」を利用した医学、工学、薬学、栄養学的な生体へのアプローチ

〜内部加温による「薬剤ドラッグデリバリー」および「痩身の機序」について〜

というもの。

今日締め切りの演題を作りこんでいます。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

江の島からロマンスカー

こちらは今朝の地元・片瀬江の島の様子。

Photo_2

Photo_3

青空と海、富士山。素晴らしい景色に恵まれました。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

ロマンス・カーでの通勤で気分もリフレッシュ。

今週も忙しい一週間となりそうですが、よろしくお願い致します。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

続きを読む "江の島からロマンスカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新の脱毛医療機器事情 

昨日は自費研カンファレンスがありました。

痛くない脱毛機器「ソプラノアイス」についての講演をご依頼頂き、行ってきました。

Photo

脱毛機器も、ここ数年で進化の著しいレーザー/光治療器です。

アレキサンドライトレーザー、Nd:YAGレーザーなどが利用されてきましたが、ここ数年のトレンドはダイオードレーザー。様々な機器が出回っていますが、その中でここ最近ずば抜けて評価が高かったのはルミナス社のダイオードレーザー ライトシアー・デュエットではないでしょうか。

Light_sheer_duet

Photo_7

皮膚の色が濃くとも、毛が細くとも反応し、ハンドピースが皮膚を吸引するバキュームテクノロジーにより、痛みが軽減され、しかも時間的負担も少ないということで一気に市場を広げたレーザーです。

もちろん機器のメンテナンスを定期的に行い、適切な照射技術で適切な技術者が照射を行うという大前提は必要ですが、それが守られていればずば抜けて優秀な脱毛医療器であることは2014年現在も間違いありません。

一方で、本年9月にソプラノからアップグレードした、Alma Lasers社のソプラノアイスが登場しました。

Sopranoice

アルマレーザー社は世界第3位の売り上げを上げている企業です。

こちらのソプラノアイスは、定評のあった先行機種のソプラノ(蓄熱式脱毛機器)の冷却能力を高め、照射時間を短くしたものですが、背中の脱毛の照射時間がわずか7分で終了するのです。

 

Soprano_ice_machine1160x300_3

エステティックで使用できるフラッシュランプの脱毛機器と比較すると、エネルギー差は圧倒的に医療レーザー脱毛機器に軍配が上がりますので、照射スピードや脱毛効果は明らかに違います。

講演後は参加された様々なドクターと歓談を楽しみました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

チャリティガラでスコットランドの正装

昨夜は診療後、ドレスコードがブラックタイのチャリティパーティに参加してきました。

Bst5

Bst4

Bst

Bst_2

Bst2

ブリティッシュスクール25周年のガラパーティでした。

1989年に当時のサッチャー首相によって作られたこちらのスクール。

スタッフや父兄には日本在住がもうすでにだいぶ長くなっている方も多くいらして、日本語堪能であることが珍しくなかったです。円安の話題などでもだいぶ盛り上がりました(苦笑)。

スコットランドの正装でいらした方が3名ほどいらして、写真を一緒に撮りたいと僕も含め皆の人気を集めていましたよ。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀河英雄伝説 マスター・キートン

こちらは先日の帰省の際に実家から持ち帰ってきた僕の「お宝」たち。

Photo_5

Master_keaton

名作です。

読み始めると止まらなくなってしまうので、休みの日の楽しみにしておきたいと思います(笑)。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演ビデオ 

先日、僕の招待講演の講演ビデオが、最終チェックのために送られてきました。

Photo_4

動画は難しいですね。

思えば7月から毎週末、日本にいる時は講演させていただいているような気がします。

●大阪 キュテラ社第9回トータルスキンセラピーミーティング関西 招待講演

●舞浜 第32回 日本美容皮膚科学会 招待講演

●品川 JMEC社主催 リフティング&タイニング シンポジウム 招待講演

●水道橋 第37回 日本美容外科学会(JSAPS) 招待講演

●赤坂 第5回JAAS LIVE FORUM 招待講演

●八重洲 国際美容医療研究会 招待講演

●品川 第12回トータルアンチエイジングセミナーJMEC20周年記念 招待講演

●宮崎 第35回 日本肥満学会 学会発表

●新宿 自費研カンファレンス 2014 autumn Tokyo 招待講演

今月もあと4回の招待講演を控えていますが、全力で頑張ります。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日枝神社 

朝からクリニックの氏神様である赤坂日枝神社までお参りに行ってきました。

Photo_2

Photo_3

Photo

あいにくの曇り空でしたが、七五三のお参りと笑顔で賑わっていました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

高知の日本酒 美潮

こちらは、昨日伺ったお店で頂いた日本酒。

Photo

高知県のお酒で「美潮」というのだそうです。日本酒にこのラベルとは、おもしろいことを考えますよね。

ちなみにこちらは四ツ谷で最も予約のとれないお寿司屋さん。

次の予約をお願いしたら、なんと2016年の1月ということでした(苦笑)。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MET LIVE VIEWING マクベス 

六本木東宝シネマまで出かけてきました。

目的はこちら。

Img_2535

ニューヨーク・メトロポリタンオペラ、通称METのライブビューイングでヴェルディの名作「マクベス」が一週間期間限定で公開されているのです。

ちょうど9月にNYに行ったにも関わらず、タッチ差でオペラを観ることが出来ませんでしたが、この今年のマクベスは「超」のつく話題作。どうしても観たいと思っていました。

まず今回の舞台のために集まったこの豪華キャストを見てください。

・・・・・

◇指揮 MET主席指揮者 ファビオ・ルイ―ジ

◇演出 イギリス演劇界の重鎮 エイドリアン・ノーブル

◇マクベス夫人 アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)

◇マクベス  ジェリコ・ルチッチ(バリトン)

◇バンクォー ルネ・バーベ(バス)

◇マクダフ ジョセフ・カレーヤ(テノール)

・・・・・

オペラ・ファンにとってはこの布陣だけでどんな舞台になることかご想像いただけるかと思いますが、期待を裏切らない素晴らしい作品でした。

パブリック・ビューイングでオペラを観るというのは、この10年ほどに生まれた新しい観劇スタイルかと思います。

緻密なカメラワークとわかりやすい字幕、舞台裏も見せてくれる演出、途中で幕間も入るというスタイル含め、特にオペラに馴染みのない初心者の方は入りやすいかと思います。

映画一本のチケット代で豪華キャストが揃う舞台を観られるというのも、もちろん素晴らしいですよね。

生の舞台を客席から観る限りでは見えない、例えば今回で言うと

ファビオ・ルイージの圧倒的な存在感と力強いタクト、

オーケストラピットの熱気から舞台は始まり、ベテラン・ルチッチが3時間という長丁場をどう最後まで引っ張るのか、

ネトレプコの鬼才溢れるマクベス夫人とその歌唱力、

バーベとカレーヤといった実力者によってさらに艶を増すストーリー展開、

他演者の凄味・・・

といったものを、ひとつひとつ大画面で確認しながら追っていくことができるのです。

それらのナビゲーターを務めたのは、第3作のビゼー「カルメン」で舞台に立つアニータ・ラチヴェリシュヴィリ(メゾソプラノ)。

演者ならではの視点に立ったインタビューを舞台関係者にしているシーンが、幕間に入ってきます。

答える方もリラックスしている様子が伺え、ルチッチがその中でヴェルディの作品はバリトンのためにあるようなものが多い、自分にとってそこも含めて特別だというような話をしていたり、ネトレプコがおどけた表情で悪女について語るようなシーンも楽しめます。

音響も想像以上に良かったですよ。

素晴らしいアリアを聴くと、そこが劇場ではなく映画館であっても、思わず歓声を上げ拍手したくなりますね。

良い気分転換になりました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パテック・フィリップのGMT

最近心動かされたこちらの広告。

Patek

スイスの時計パテック・フィリップです。

ノ−チラスの形の中に、新たにGMT機能が詰め込まれているのがすごいですよね。

10月にマイアミに出張し、ポズナー先生(Dr. Jason Pozner, MD)と会談をさせていただいた時にも、今年出た、この時計はかっこいいよねと話題に上がりました。

美しく、しかし現実には遠く、見てるだけで溜息が出そうです(笑)。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

生後9ヵ月の男の子 

今日はこんな可愛いお客さんがクリニックに来てくれました。

20141105

クリニックFはご家族で昔からいらしてくださっている方もありがたいことにとても多く、その中のおひとりが年始にご出産されてから初めて、お子さん連れでお越しくださいました。

9ヵ月の男の子。可愛いです!

圧倒的な癒しのパワーと、エネルギーを頂きましたよ。

院内には少しですがこうしたお子さん連れの方用におもちゃやお子さん用のコップやストロー、お菓子などもご用意していますので、レーザー治療をお受けになりたい・でも子供を預けられない・・・! という方はご相談くださいね。

※※※

11月に入り、年末のご予約がだんだん埋まりつつあります。例年通りクリニックは大晦日まで診療を行う予定です。毎年ですが、12月31日、30日、29日・・・の順番でご予約が埋まっていきますので、国内でお正月をお迎えになる方は早めにご相談くださいね。

年末はダウンタイムの多いhalo、マドンナリフト、フラクセル・・・といったご予約のオンパレード。一年で僕も一番忙しい数日間となります。

では、今日も一日よろしくお願いいたします!

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

呉にて

日曜日と月曜日の二日お休みを頂きました。

Photo

朝一番の飛行機で、病症の親を見舞いに実家のある呉に行って来ました。

Photo_9

帰省途中で観た富士山。

実家では父 (74歳)と祖母(98歳)に高濃度ビタミンCを点滴してきました。

近況報告などしたり、学生時代に読んだ本などを、懐かしく読み返してきました。

Photo_3

Photo_2

一泊して翌朝の風景。瀬戸内は快晴でした。

Photo_6

Photo_7

Photo_4

ウナギ養殖場の横で、白焼きと鰻重を久しぶりに頂き、たっぷりビタミンAを補給してもらいました。

良い週末でした。

さて今週も忙しい一週間となりそうですが、よろしくお願いいたします。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

ヤナーチェクのシンフォニエッタとドヴォルザークの交響曲「新世界より」

Jan Cernyがお土産にチェコにゆかりのある作曲家のCD持ってきてくれました。

Btl3

ヤナーチェクのシンフォニエッタ。村上春樹さんの「1Q84」の中で重要な役割を持った曲ですが、この本はチェコでも有名な著作だそうです。

まさにチェコ音楽と日本文学という二つの文化を繋いだのですね。

Btl4

もう一つは同じくチェコ出身のドヴォルザークの交響曲「新世界より」です。

アメリカ渡航時代に黒人の音楽が故郷ボヘミアの音楽に似ていることに刺激を受けて作曲したといわれていますが、どの楽章も素晴らしい旋律です。

こちらはチェコの名指揮者カレル・アンチェルの指揮。

Btl2

どちらも楽しみに聴いてみます。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

続きを読む "ヤナーチェクのシンフォニエッタとドヴォルザークの交響曲「新世界より」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BTL社からの来客 Jan Cerny

昨晩はチェコ共和国BTL社から来客がありました。Jan Cernyです。

Btl1

この通り、身長2メートル近くあります。

 

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダニエル・J・レヴィティン著「『歌』を語る」。

こちらは最近読んで面白かった本。

Photo_3

ダニエル・J・レヴィティン著「『歌』を語る」。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lamborghini Huracanランボルギーニ・ウラカン 

都内某所でこちらの車を見かけました。

Photo_2

Lamborghini Huracanランボルギーニ・ウラカン。

もうデリバリーしているんですね。

一説によるとアヴェンタよりも0-100は速いとか…。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »