« ランボルギーニ青山 クリスマスナイト | トップページ | 2014-15年のMETのカルメンは歴史に残ると思います »

2014年12月19日 (金)

2015年 米国レーザー医学会演題が通過しました

今朝、2015年4月のASLMS米国レーザー医学会で、演題一つ口演で通過の連絡が来ました。

Your abstract has been accepted for an oral presentation at the 35th Annual Conference of the American Society for Laser Medicine and Surgery to be held at the Gaylord Palms® Resort and Convention Center in Kissimmee, Florida. Your talk has been scheduled in the Basic Science and Translational Research Abstract Session, Friday, April 24th, from 5:00 pm – 5:14 pm and will be listed as follows in the preliminary and final program:

この米国レーザー医学会は僕が最も重要に考えている学会のひとつ。

10368196_10205672845728862_43864319

世界のレーザー医師の情報源です。

今回は、近赤外線(キュテラ社タイタンとサイトン社スキンタイト)治療機器による、皮下での活性酸素の発現と内容の比較について調べました。

 

COMPARISON STUDY OF RAPID REPETITION RATE AND CONTINUOUS NEAR INFRARED (NIR) LIGHT DEVICES: DETECTION OF THE DIFFERENT REACTIVE OXYGEN SPECIES INDUCED OXIDATIVE STRESS IN SKIN DURING IRRADIATION, RESPECTIVELY

Takahiro Fujimoto, Shinobu Ito, Hideko Kanazawa,

Clinic F, I.T.O. Co., Ltd., Keio University, Tokyo,

僕は足掛け12年で16演題目の通過です。

過去の通過演題を見直してみますと、今世紀に入ってからのレーザー医療のトレンドをみているようですね。

2004年 4月 ダラス

①Non-ablative Skin rejuvenation, Q-switched Nd:YAG Laser assisted with carbon suspended lotion

邦訳「カーボンアシストQスイッチNdYAGレーザーピーリングについて」

2005年 3月 フロリダ

②Non-ablative Treatment of Melasma utilizing a Q-Switched Nd:YAG Laser peel assisted with a topical carbon photoenhancer lotion, and adjunctive treatment with 633 nm Red Led Light

邦訳「カーボンアシストQスイッチ&ロングパルスNdYAGレーザーピーリングと赤色LEDの併用療法による肝斑治療ついて」

2007年 4月 ダラス

③The Treatment of Photodamage and Facial Rhytids Utilizing Fraxel(1550nm Erbium Glass Fractional Laser Resurfacing) and Thermacool TC (Monopolar RF) in Japanese Patients

邦訳「日本人患者光老化に対するフラクセルとサーマクールの併用療法」 2008年 4月 フロリダ

④Clinical evaluation of 1440nm and 1320nm multiplex Fractional laser (Affirm multiplex) delivered by microarray for treatment of photo aging for Japanese skin

邦訳「1440nmと1320nmのマルチプレックスフラクショナルレーザーの日本人肌光老化への使用経験」

⑤ESR analysis of free radical generated by Fractional resurfacing laser (1440nm)

邦訳「1440nmのフラクショナルレーザーにより皮下に発生する酸化物質のESR分析」

⑥Skin resurfacing utilizing a 2.79um Er:YSGG (YTTRIUM SCANDIUM GALLIUM GARNET) laser for asian patients

邦訳「2790nmエルビウム:YSGGレーザーによるアジア人肌の入れ替え」

2009年 4月 ワシントンDC 

⑦Comparison of low fluence Q-switched alexandrite laser versus Q-switched Nd:Yag laser for the melasma treatment of Asian patients

邦訳「アジア人肝斑症例に対する低レベル・QスイッチアレキサンドライトとQスイッチヤグレーザーの比較検討」

⑧The Action of Antioxidants, Fullerene on laser therapy of pigment spots

邦訳「抗酸化剤フラーレンの色素斑のレーザー治療の反応」 

2010年 4月 アリゾナ

⑨Comparison of low fluence Q-switched alexandrite laser versus Q-switched Nd:Yag laser for the melasma treatment of Asian patients

邦訳「アジア人の肝斑治療に対する、Qスイッチアレキサンドライトと、QスイッチNd:ヤグレーザーの比較演題」

2011年 3月 テキサス 

⑩Clinical evaluation of 1550nm and 1927nm laser delivered by fractional for Asian patients of melasma and acne scars

邦訳「1550nmおよび1927nm(フラクセル3DUAL)の肝斑およびニキビ跡の使用経験」

2012年 4月 フロリダ

⑪Eyelid skin tightening for Asian skin: Conoarasuib stydy of Fractional Laser devices

邦訳「アジア人肌へのフラクショナルCO2レーザーによる眼瞼挙上術と機器比較」

⑫Detection of the different reactive oxygen species induced oxidative stress in skin during 1550nm & 1927nm Fractionated Laser therapy

邦訳「1550nmおよび1927nm(フラクセル3DUAL)のフラクショナルレーザー使用後に発生する皮下のラジカル種の同定」

2013年 ボストン

⑬Detection of the Different Reactive Oxygen Species Induced Oxidative Stress in Skin During CO2 Fractional Laser, RF, CO2 Fractional Laser and RF Combination Therapy Respectively

邦訳「CO2フラクショナルおよびRF複合機(スマートサイドスクエア)使用後に発生する皮下のラジカル種の同定」

⑭High Temperature Heat Source Generation With a Very Low Power Level Quasi-CW (Continuous Wave) Semiconductor Laser for Medical Use

邦訳「医療利用が可能な低出力半導体レーザーにより、高温ソースをつくる技術についての研究」

2014年 アリゾナ州フェニックス

⑮ Effects of A Novel Vitamin C Derivative GO-VC, After Treatment of Fractional CO2 Laser in Asian Patients

邦訳 「新規ビタミンC GO-VC のCO2フラクショナルレーザーを用いたドラッグデリバリーについての研究」

実はもう一演題、臨床のものを出していますので、その返事待ちです。

また報告してゆきますね。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

|

« ランボルギーニ青山 クリスマスナイト | トップページ | 2014-15年のMETのカルメンは歴史に残ると思います »

ASLMS 米国レーザー医学会 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501005/60832750

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 米国レーザー医学会演題が通過しました:

« ランボルギーニ青山 クリスマスナイト | トップページ | 2014-15年のMETのカルメンは歴史に残ると思います »