カテゴリー「注射 ボトックス・ヒアルロン酸」の9件の記事

2014年11月21日 (金)

マイクロボトックスの考案者Dr.Woffles T.L.Wu

今日は診療前の時間を使って、朝からこんなドクターが来てくださいました。

Drwofflestlwu_2

シンガポール在住で、マイクロボトックスの考案者Dr.Woffles T.L.Wu先生。

BOTOX治療といえば、眉間やオデコの表情ジワを止めるために打ったり、歯ぎしりによる偏頭痛や歯の損傷を改善させるため、エラの張りを改善するために打ったり、汗を止めるために脇に打ったり、足を細くするためにふくらはぎに打ったり・・・といった使用方法が主流のものでしたが、このマイクロボトックスでは皮膚の浅い部分にごく微量のボトックスを細かく細かく注入していきます。

それにより、皮膚のアンチエイジングにつながり、ハリの改善や毛穴の改善、リフトアップ効果などを望むことが出来るというもの。

今回は、アラガン社のテクニックシェアプログラムとして、様々な技術とノウハウを披露してくださいました。

例えばモデルとなった歯ぎしりによる偏頭痛を訴えていたクライアントには、両エラの部分を広範囲に細かくまずは注入した後、顎に移り、それから首へ。喉ぎりぎりまで何十ヵ所も注入を行っていきます。

その間、

「注入液はたった一滴も無駄にしないように!」

と何度も声がかかります。

これが一通り終了した後、今度は注射針を変えてまたエラに戻り、今度は筋肉の深い箇所に改めて注入していくのです。

非常に繊細な指の動きと集中力が要求される技術。

「この技術は結果を出さなければ患者は戻ってこない。だからこそ必ず一度の注入で結果を出さなければならない。機能はもちろん、必ず患者は注入の後格段と美しくなる。だから皆にこの注入方法は支持され、愛されているんだよ」

と仰っていました。

とても勉強になりましたし、良い刺激を受けました。

一方でレーザーとはまた違った痛みを患者さんは堪えないといけませんので、そういった点をどう改善していくのか。価格設定をどう考えるのか、などいくつかの課題検討を踏まえてから、クリニックではご紹介していきたいと思います。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

アラガン社のテクニックシェアプログラム 劉振軍先生 ボトックスビスタ ジュビダーム

診療時間前に、アラガン社のテクニックシェアプログラムを体験してみました。

ボトックスビスタやジュビダームなどの認可品が出来ましたので、業界が大きく変化しつつありますね。

今回は、アラガン社トレーナーの、劉振軍先生にボトックスビスタとジュビダームの注入の総論を教えていただきました。

10560293_10204598675315273_46983130

ボトックスやフィラーを打つようになって15年以上たちますが、アッパーフェイスとロウワーフェイスに分けて、施術をまとめディスカッションしましたので、改めてとても勉強になりました。

肌質の改善にはレーザー光治療が大切だと思いますが、アンチエイジング医療という点では、フィラーやボトックス、メソセラピーなども、興味深い診療科目になりますね。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

ボトックスとレーザーの複合治療の講演

おはようございます。

今日は8月27日。最終週ですね。

今日もクリニックFの診療日です。

昨日の日曜日は、ボトックスを販売するアラガン社の講演会が六本木のリッツカールトンでで行われました。

サンフランシスコのベイエリア・レーザー研究所の皮膚科医で、レーザー医師としても名高いDr. Vic Narurkar, MDの講演がありましたので、行ってきました。

車で会場に行ったのですが、昨日のミッドタウンは灼熱でした。

Img_7524

ですが、リッツカールトンの目の前の借景はここが都心と思えないほど、綺麗ですよね。

Img_1787_2

僕はちょうど10年前、医学部大学院に在籍していたときに、六本木でクリニックを経営していたことがあるのですが、その当時はこの地域は工事中でした。

このような景色になるとは想像もできませんでしたね。

会場に入ると、華やかな女医さんがたくさんいて、ちょっと気後れしたのですが、いつもレーザーのことを教えていただいている、みやた形成外科・皮ふクリニックの宮田成章先生を見つけ、隣に座らせていただきました。

Img_7526

Dr. Vic Narurkarの講演は、ちょうどお昼時に、こんな軽食とともに始まりました。

Img_7525

講演は、レーザーとボトックスビスタのコンビネーションセラピーについての総論的なもの。

英語の講演はゆっくりとしていて、とても聞き取りやすかったです。

同じ話を、ネイティブが相手のアメリカで聞くときは、1.5倍速だなあ(笑)と思いながら、聞いていました。

希望としては、もう少しボトックスの禁忌事項について、一歩突っ込んだ本音の話を聞きたかったですね。

Img_7528

講演の後、挨拶に行くと、僕の名前は憶えていてくれたようで、先日米国レーザー医学会誌に通ったばかりの僕の論文を進呈して帰ってきました。

Img_1788

帰るとき、ミッドタウンで人だかりを見つけました。

なんだろうと思って近づいてみると、

ロンドンオリンピックの内村選手の金メダルでした。

皆が写真を撮っていましたよ。

Img_7529

考えてみれば、ミッドタウンには内村選手が所属するコナミの本社がありますものね。

世界最先端のレーザー情報がわかる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

花粉症にボトックス

誕生日を迎え、「四十にして惑わず」といきたいところですが、3月生まれの僕はこの時期そうも言ってられない事情があるのです。

それは、必ず春を迎える頃になると花粉症に振り回されるから。

毎年春には米国皮膚科学会と、米国レーザー医学会があって、アメリカに出張するとすぐに軽快するのですが、日本の空域に入ると、途端に花粉症が再発するのです。

毎年泣かされています(苦笑)。

ところが今年はそうひどくなく、いやむしろ未だかつてないくらい好調にこの季節を迎えています。

ボトックスが花粉症に効くという話をご存知ですか?

もともとアセチルコリンのブロッカーであるボツリヌス毒素。

顔面のしわ取りだけではなく、多汗症や腋臭症に対しても使用されるのですが、鼻粘膜には注射をしなくても、点鼻するだけでよく吸収されます。

僕も以前から聞いていましたが、ボトックスを常に使用している人に対して点鼻をしてしまうと、皮下に注射するよりも抗体産生が高まる(つまり持続時間が短くなり、効きにくくなる)というリスクがあり、ボトックスを花粉症の治療に適応するのは躊躇していたのです。

しかしながらインタール(花粉症を防ぐ抗アレルギー剤の点眼、点鼻薬)では僕の花粉症は毎年効果がなく、考えてみれば僕自身はボトックス注射をしているわけではありませんし、今後も打つ予定がないので、リスクを考えるに及ばず、今年初めて自分に打ってみました。

打ち方はこんな具合です。

Img_4734_2

Img_4733

Img_4735

Img_4736_2

注射の工程をブログの読者にわかりやすいよう、こんな写真を撮ってみましたが・・・見ていた患者さんとスタッフに大笑いされてしまいました(苦笑)。

ボトックス注射(というか針を使わないので注入)、痛みや匂いは全くありません。

ボトックスを溶解したのち、注射針を外して、通常の点鼻薬のように鼻に入れるのです。

そのまま5分程度鼻をつまみ、薬液が吸収されるのを待てばもう終りです。

30分もしないうちに鼻が通ってきます。

論文によると3週間~3ヶ月の期間、効果があるとのこと。

通常は花粉症の季節に一度やればよさそうですね。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月30日 (日)

新しい注入剤(フィラー)・レディエッセ

002先日、米国シカゴから、新しいフィラーを利用しているドクター達がクリニックFを訪れてくれました。

今までも

ヒアルロン酸 (低分子・高分子・天然・人工など)

コラーゲン (ヒト・牛)

アガロース

・・・などなど多くの注入剤が開発、利用されてきました。

今回の新しいフィラー「レディエッセ」の一番の特徴は、歯科治療などに使用する、ハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウム)が主原料だということです。

過去の研究によると、上記の三つの製剤に比較して、肉芽腫を生成する比率が極めて低いということ。

作用時間が通常のヒアルロン酸の倍以上(1年半から2年)あること。

ヒアルロン酸に比較して、より細かい輪郭形成が可能。

などの優位性があるのです。すでに海外では60万本の出荷がなされ、臨床利用されているそうです。

001_3向かって僕の右が Dr.Ashish Bhatia 左がDr.Jeffery Hsuです。

彼ら二人の医師たちは、この製剤を利用してもう5年以上臨床を積んでいて、僕の多くの疑問点にも納得できる答えをもらうことができました。

パーレーンやハイラフォームプラス。サージダームなど、法令線や、顎や鼻のラインを変化させ、輪郭形成する高分子型ヒアルロン製剤と競合するとは思います。

実際に何人かの患者さんに注射してみると、皮下に注射した後に数時間は可動性が高く、いままでの製剤と比較しても、より細かく、ディテールにこだわった輪郭形成ができるので、とても好印象です。

今後は米国CUTERA社の販売網を通して、日本でも大々的に販売をしてゆくそうですが、非常に展開が楽しみです。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

クリニックF http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

ボトックス注射で美脚

ボトックスの話を書きましたが、ボトックスで足のふくらはぎを痩せさせることができるのを知っていましたか?

ボツリヌストキシン(ボツリヌス毒素)はフグ毒であるテトロドトキシンと並ぶ、史上最強の神経毒素の一つで、生物兵器として使用研究されたことがあるものです。

Botoxstructure ボトックスはボツリヌス菌由来の神経毒素複合体剤(A型~G型まであります)の内、A型という毒素だけを精製して取り出した製剤です。

写真はWikiからお借りしたボツリヌス毒素の構造の写真です。

ボツリヌスA型毒素は、筋肉内に注射されるとコリン作動性の運動神経終末に結合します。

すると、神経終末からアセチルコリンという物質が放出されなくなり、その神経支配部位の筋肉が収縮できなくなるのです。

期間は濃度にもよりますが、2~6ヶ月間と言われています。

このボツリヌス毒素の性質を利用して、1977年に米国のScott医師が斜視に対して臨床応用してからというもの、眼瞼痙攣、片側性顔面けいれん、痙性斜頚などの治療に加え、多汗症の治療にも用いられるようになりました。

2002年4月には、ボトックスは、米国のFDAでシワ治療薬として正式に認可をされました。

現在美容目的でボトックスが使用される効能は、

1. 顔のしわ取り

2. 筋肉の発達による下顎の「エラ張り」 が注入によってすっきり細くなり、小顔効果があります。

3. 筋肉の発達により太くなってしまった、「ふくらはぎ」 が注入によってすっきり細くなります。

4. わきが、多汗症 は、汗の分泌にかかわる神経の伝達を抑えるため、汗とにおいを抑えます。

5. 「ガミースマイル(歯茎が見える)」笑い顔の改善。

などがあげられます。

さて、クリニックFで、圧倒的にニーズがあるのが、「顔のエラ痩せ」です。

エラをほっそりとさせるだけで、顔の面積が狭く見えることから「小顔」に効果があると、20代~30代の女性にとても人気がありますね。一度注入すると必ずリピーターになる、人気の施術です。

また、顔のエラが張っている人は、知らずのうちに、夜に歯ぎしりをしている場合が多いのです。

こんな人は、40歳を超えたあたりで奥歯が割れてしまったり、インプラントにしなければならない人が多いと聞いています。ボトックスを注入することで噛む力が弱まる為、歯ぎしりも軽減され、頭痛も減ります。歯にも負担が少なくなるのです。

エラ痩せのための効果は一回注射(52.500円)するだけでもありますが、長続きさせたいときは、一ヶ月毎に3ヶ月間、合計3回ぐらい打つと効果も数年単位で持続します。

良薬口に苦し。効果のある薬は、それなりに強い副作用もあります。シワをとろうと、注射の部位を間違えると、表情が変わってしまったりしますので、僕はきわめて控えめに打つようにしています。

先日、海外でボトックスの死亡事故などの報告もありましたが、報告書を読むと、使用量が半端な量ではありません。通常美容目的で使用する量であれば、使用法さえ間違えなければきわめて安全な薬と言えるとおもいます。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

クリニックF http://clinic-f.com/

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2008年10月30日 (木)

男はなぜ臭うのか

今までに5軒のクリニック開業を手がけてきましたが、今回のクリニックFで5軒目にして初めて作ったものがあります。

それは、院長室です。

診察室とは別に院長室を作ることは空間の無駄だと、それまでは考えていたのですが、スタッフから

「小さくてもいいからどうしても作ってください」

と言われて作ることになりました。どうもこうしたクリニックに多い企業の営業の方や来客があったときに、スーツ姿のいかつい男たちが、美をテーマとしているクリニックの受付にずらっと並んで待っている・・・という図が、

「いかがなものか」

と、女性スタッフに思われていたようです。

言われてみればたしかにその通りで、僕も含め男はこういうところに概して気が回らないものです(苦笑)。

実際院長室を作ってみると、なんで今まで作らなかったのだろうと思うほど、利便性が高い。打ち合わせはほとんどここで済みますし、プレゼンを控えているときには内容のチェックもモニターでできる。海外からの来客のときもとても重宝しています。途中患者さんの診察があっても、そのまま院長室でお待ち頂けるので、とても楽になりました。

ただ、外回りの多い男性の来客が続くと、スタッフが前後おもむろに換気を始めます。そして必ず僕に聞くのです。

「どうして男の人って、独特の臭いがするんですかね??」

恋愛遺伝子のブログにも書きましたが、臭いは恋愛にも、とても重要なファクターです。

四大悪臭と呼ばれている以下の物質はすべて窒素(N)、硫黄(S)、炭素(C)からできていると聞いたことがあります。

トイレ臭 アンモニア 

腐った魚のにおい トリメチルアミン

腐った卵のにおい 硫化水素

腐った玉ねぎのにおい メルカプタン

これらは人間のタンパク質を構成するアミノ酸を構成する原子の組成と一緒です。

必須アミノ酸を常に食さなければならなかった人間が、危険を察知するためにこれらのアミノ酸の劣化によるにおいを、より臭いものと判別するようになったのだとおもいます。

人間には、体温を調節する為にさらさらとした汗を出すエクリン腺と、外耳道やわきの下、外陰部などの限られた場所に分布する、ニオイのもととなる汗を出すアポクリン腺いう二つの腺が存在します。

特にアポクリン腺はいわゆるワキガの元になります。

こうした問題については、手術をするなどの方法もあるのですが、クリニックFではボトックスの注射をおすすめしていますね。

ボトックスを注射すると、アポクリン腺の働きが抑えられますので、においが治まることが多いのです。

クリニックFには、男性の患者さんも多く、その中にはタレントさんや企業で重要なポストにおられる方も多いので、セルフメンテナンスの一環として外見の若々しさを保ったり、こうしたにおいのコントロールに興味をお持ちの方もよくおいでになり、随時ご相談に乗らせていただいています。

そうそう、すこし話は逸れますが、ボトックスは最近「脚痩せ」にも効くとして、また再び人気を集めていますよね。

そのお話はまた次回書いてみましょう。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

クリニックF http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

ヒアルロン酸②

昨日ブログを書いた後は終日ばたばたで続きを書けないまま、一日過ぎてしまいました。しかしブログを読んだスタッフから

「先生、うちのマル秘テクニックをブログで公開しちゃ、だめじゃないですか~」

と言われ、パソコンの前で悩んでいます。う~ん、どうしようか。

書ける範囲で書いてみますと、これはいわゆる「プチ整形」と呼ばれる「注入療法」に限ったことではありませんが、自由診療のクリニックではサービスを提供するときのプレゼンテーション/パフォーマンスも「診療」の一部なのです。

注射の場合で言えば、腕がいくら良くても、

「注射しますよ~はい注射しています~はい注射終わりました!」

では「足りない」場合があるんですね。

スタッフ曰く

「魔法をかけるような気持ちで」

注射を打たなければいけないらしいですよ(笑)。確かに患者さんにとって医者は魔法使いのような存在でいることを求められる場合もありますから、それも一理あるかもしれません。

詳しくはクリニックにいらしたとき、または学会会場でお話させていただこうと思います。

さて、すこし話はずれますが、ヒアルロン酸を最近とんでもない場所に打っているドクターもいるようです。場合によっては危険を伴いますので注入箇所のカウンセリングが慎重なドクターを患者さんには選んでほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

ヒアルロン酸

僕はレーザーが好きなので、「レーザーバカ」ということを一部囁かれている(?)ようで実際それは否定しませんが(笑)、ヒアルロン酸やボトックスもご希望の方にはちゃんと打っているんですよ。今日も今からファインラインとボトックスを打つ準備中に一息入れているところです。

クリニックFのスタッフは以前他の美容クリニックで働いていた経験も豊富なため、他院のドクターと比較して僕がどう違うか、良いところ悪いところ含め、びしばしと指摘を受けます。

医者は医者同士でそういう違いを意識しながら先輩ドクターや他のドクターを見ることはあまりありませんし、ましてや自分自身の注入技術を客観的に見ることはありませんから、けっこうスタッフの話の中から、自分の接客技術向上のヒントをもらうことがたまにあるんですよね。

介助についているナースや、患者さんからの要望や時に愚痴を聞いている受付やセラピストの方が、医者よりも患者さんの気持ちをわかっている、ということは往々にしてあるものです。

ありがたいことにこのブログを読んでいるドクターも多いと聞いていますので、今日は僕がもらったそのヒントをいくつかご紹介したいと思います。

ヒアルロン酸の場合。

曰く

ヒアルロン酸を打つのがうまい、とされるドクターと、打つのが下手とされるドクターの違いがどこにあるかご存知ですか? 腕の違いは当然ありますが、そこにプラスアルファ=患者さんが「うまい」と思う(時に錯覚する(笑)パフォーマンス・プレゼンテーションの違い、ということがあるそうです。

腕の違いはどこで見分けるかといえば、

①選択する商材の良し悪し

②注入する箇所

③深さ

④角度

⑤量

⑥センス

というものがあります。

・・・ちょっと患者さんに呼ばれてしまったので、この続きはのちほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  EADV ヨーロッパ皮膚科学会 インディバ社 クリニック フェラーリドライビングコース ピロタレーシング プラズマ治療 ボディのための医療機器 レーザーの歴史 レーザー・光治療  レーザー・超音波治療 ウルセラ レーザー光治療機器辞典 レーザー治療 eマトリックス レーザー治療 たるみ レーザー治療 サーマクール レーザー治療 シミ レーザー治療 トリニティ レーザー治療 ドラッグデリバリー レーザー治療 ニキビ跡 レーザー治療 フラクセル レーザー治療 マドンナリフト レーザー治療 毛穴 レーザー治療 肝斑 世界のフェルメール絵画訪問記 世界の半島巡り 今日の僕 今朝のクリニックFの音楽 再生医療 化粧品 医工学部のススメ 医療 医療RF開発会社 インディバ社 医療 痛みのコントロール 医療レーザー開発会社 DEKA社 医療レーザー開発会社 アルマレーザー社 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 医療レーザー開発会社 キュテラ社 医療レーザー開発会社 サイトン社 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 医療レーザー開発会社 シネロン社 医療レーザー開発会社 バリアント社 医療レーザー開発会社 パロマ社 医療レーザー開発会社 フォトナ社 医療レーザー開発会社 ルミナス社 医療レーザー開発会社 ヴィーナスコンセプト社 医療政策(海外諸国の医療政策)  国際学会 アジア カンボジア編 国際学会 アジア・インドネシア編 国際学会 アジア・インド編  国際学会 アジア・シンガポール編 国際学会 アジア・タイ編 国際学会 アジア・ベトナム編 国際学会 アジア・マレーシア編 国際学会 アジア・中国 上海編 国際学会 アジア・中国 北京編 国際学会 アジア・中国 深圳編 国際学会 アジア・中国 澳門編 国際学会 アジア・中国 香港編 国際学会 アジア・台湾編 国際学会 アジア・韓国編 国際学会 アジア編 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 国際学会 アフリカ・エジプト編 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 国際学会 オセアニア編 国際学会 中南米 アルゼンチン編 国際学会 中南米 ペルー編 国際学会 中南米 メキシコ編 国際学会 中東 UAE ドバイ 国際学会 中東 イスラエル編 国際学会 北米 アリゾナ編 国際学会 北米 オーランド編 国際学会 北米 カナダ編 国際学会 北米 コロラド編 国際学会 北米 サンディエゴ編 国際学会 北米 サンフランシスコ編 国際学会 北米 シカゴ編 国際学会 北米 テキサス編 国際学会 北米 デンバー編 国際学会 北米 ニューオリンズ編 国際学会 北米 ニューヨーク編 国際学会 北米 ハワイ編 国際学会 北米 バミューダ編 国際学会 北米 フィラデルフィア編 国際学会 北米 フロリダ編 国際学会 北米 ボストン編 国際学会 北米 ボルチモア編 国際学会 北米 マイアミ編 国際学会 北米 ラスベガス編 国際学会 北米 ロサンジェルス編 国際学会 北米 ワシントンDC編 国際学会 日本編 国際学会 欧州 イギリス編 国際学会 欧州 オランダ編 国際学会 欧州 オーストリア編 国際学会 欧州 ギリシア編  国際学会 欧州 クロアチア編 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 国際学会 欧州 スイス編 国際学会 欧州 スウェーデン編 国際学会 欧州 スロヴェニア 国際学会 欧州 セルビア編 国際学会 欧州 チェコ編 国際学会 欧州 デンマーク編 国際学会 欧州 トルコ編 国際学会 欧州 ドイツ編 国際学会 欧州 フィンランド編 国際学会 欧州 ブルガリア編 国際学会 欧州 ベルギー編 国際学会 欧州 ポルトガル編 国際学会 欧州 ポーランド編 国際学会 欧州 モナコ編 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 国際学会 欧州 ルーマニア編 国際学会 欧州 仏ニース編 国際学会 欧州 仏パリ編 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 国際学会 欧州 伊シチリア島編 国際学会 欧州 伊トリエステ 国際学会 欧州 伊ナポリ編 国際学会 欧州 伊パドヴァ 国際学会 欧州 伊パルマ編 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 国際学会 欧州 伊ミラノ編 国際学会 欧州 伊モデナ編 国際学会 欧州 伊リミニ編 国際学会 欧州 伊ローマ編 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 国際学会 欧州 独ドレスデン 国際学会 欧州 独バイロイト 国際学会 欧州 独フランクフルト 国際学会 欧州 独ミュンヘン 国際学会 欧州 独ライプティヒ 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 国際学会 欧州 露モスクワ編 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 国際学会番外 イースター島編 国際学会番外 北朝鮮 工学部博士課程 教育 文化・芸術 日本の祭り 映画・テレビ 書籍・雑誌 水光注射 メソセラピー 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 痛みに効く音楽 痩身 ダイエット AC BODY 紫外線 近赤外線 遮断剤 経営学 自律神経 色素沈着 薬学系研究室 薬学部博士課程 西洋医学とアロマセラピー 電解還元水 機能水 音楽 オペラ 音楽 クラシック 音楽 バレエ 音楽 ミュージカル 食事 グルメ 料理  LED治療