カテゴリー「国際学会 欧州 仏パリ編」の89件の記事

2015年2月 7日 (土)

IMCAS PARISより

1月29日より2月1日までの日程で開催されたIMCAS PARIS。

毎年参加してきましたが、今年は所用により不参加となりました。

こちらは昨年の様子。

Paris

Paris2

来年は行けたらいいのですけれどね。

参加は残念ながらできませんでしたが、学会の様子は関係各所より様々な形で手元に届きます。

Imcas

この舞台のライティングをご覧ください。

日本ではたぶん医師が集う学会でこんなことをするなんて思いつきもしないでしょうね。

アメリカの学会とも全く雰囲気が異なります。

雰囲気も含めてチェックされたい方には、学会公式HPやフェイスブックなどをご覧頂くと楽しめるかと思います。

☆IMCAS Official Website→ 

☆2014年のIMCASレポートはこちらから→ 

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebookページはこちらから 

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

IMCAS Parisの学会公式ビデオに僕が映っています

今月末はパリで年始最初の国際学会IMCAS Parisが開催されます。

僕自身は今回参加を見送るかもしれませんが、昨年の様子を映した学会公式ビデオに僕が映っていると友人から指摘を受けました。

早速観てみましたら、確かに出ていました(笑)。

良かったらどこに僕が出ているか見てみてください。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

■2014年1月IMCAS PARIS⑭ ネクタイ BIO CLINICA パリからの帰国 シャルル・ド・ゴール将軍

おはようございます。

今日は3月10日(月)。クリニックFの診療日です。

都内は朝から晴天が広がり、清々しい一日の始まりとなりました。

先週土曜日の外来では、長年クリニックにいらしてくださっている患者さんから誕生日プレゼントをいただきました。

バーバリーのネクタイ。

Img_1181

次の講演で締めてゆこうと思います。

今日発売のこちらの雑誌に僕の論文が一つ載っています。

1281683000_p

よろしかったらお読みくださいね。

*****

帰国からひと月たってしまいましたが、パリのブログを終わらせようと思います。

こちら、新しくなったシャルル・ド・ゴール空港。

Img_0658

そうそう、この命名の元となったシャルル・ド・ゴール将軍について、ご存知ですか?

1890年生まれの彼は、フランスの陸軍軍人でフランス第五共和国の初代大統領です。

いわば、ナポレオン以来の、強権的で強いフランスの指導者ですね。

第一次世界大戦での実戦体験から、これからの戦争は塹壕戦ではなく、機動力のある戦車や飛行機を駆使した「機械化部隊」による電撃作戦になることを論じ、彼はいくつかの著書の中でそのことに言及しました。

ちょうど織田信長が戦術でいち早く鉄砲を利用し、優位に立った感じでしょうか。

第二次世界大戦中、対ドイツ戦において実際に師団長として長年主張してきた「機械化戦術」を実際に試す機会を得て実績を作り、1940年には49歳でフランス軍史上最年少の将官となりました。

1944年8月25日にパリが解放されると、戦後すぐに首相に就任し、ルノーやエールフランス航空などの基幹産業を国営化し、戦後フランスを立て直しました。

1955年には政争のため、公的生活からの引退を宣言。

しかしながら、ド・ゴール再登板の声が高まり、1958年9月には大統領に就任して第五共和政を開始し、アルジェリア独立運動によって混乱に陥っていたフランスを立て直しをはかりました。

この後1969年の退陣までの11年間の間、フランスの政局は安定し、巧みな経済政策によってフランス経済は高度成長を遂げ、フランスの国際的地位も急速に高めたのも彼の功績といわれています。

ちなみにフランス海軍の原子力空母にもシャルル・ド・ゴールの名前が残っているだそうですよ。

日本にも10年単位で政権を安定させる、強い指導者が欲しいですよね。

*****

ラウンジの雰囲気も変わりました。

Img_0660

帰国便はJAL。

Img_0662

フランスの田園地帯を飛び、

Img_0663

シベリアの凍土の上を飛び、

Img_0665

綺麗な風紋の雲をみて、

Img_0666

羽田に早朝に帰国しました。

Img_0669002

この後、クリニックに出勤して外来再開としましたよ。

最近はこうしたペースで仕事をする機会が増えてきましたね。

これで、新国際学会周遊記、2014年1月IMCAS PARIS編を終わりますね。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

■2014年1月IMCAS PARIS⑫ アランデュカス指揮のエッフェル塔一つ星レストラン Jules Verne

おはようございます。

今日は3月1日土曜日。

クリニックFの診療日です。

昨日はイスラエルの医療機器メーカーのヴィーナスコンセプト社のリージョナル・セールス・ディレクター、Lior Darel が来院し、1時間ばかり英語でディスカッション。

工学的にも医学的にも詳しい話が出来ましたので満足でした。

ヴィーナスコンセプト社はまだ日本で知名度が高いとは言えないのですが、新興の機器メーカーとしては欧米で名前が知れています。

パリのIMCASの学会のブースに立ち寄った際に担当者に渡した名刺をみて、欧州経由で連絡が来たのです。

1780738_10203390826439806_301145795

元ルミナスやシネロンの開発スタッフがスピンアウトして作られた会社ですので、現状ではかなりの開発力はあります。

この会社は、2012年の米国皮膚科学会で紹介された、トレーサーというレーザーと光治療器を合わせた性質を持つ「第三の光」治療器を開発したことで僕にも記憶がありました。

TRASERとは、 Total Reflection Amplification of Spontaneous Emission of Radiation の略となりますが、レーザーロッドを二つ利用して細かく調節可能なナローバンドの照射を作るシステム。

米国の医学誌では、Experimental Traser Device Could Be Laser's Replacement(レーザー機器の代替となりうる可能性がある)と評価しているものもありました。

この機器のデビューもそろそろだと言っていましたので、楽しみですね。

さて、僕のブログ国際学会周遊記は、一月前になってしまいましたが、パリのブログ。あと二つ書き終えてしまおうと思います。

**********************

パリのエッフェル塔の中で営業しているレストランがあるのをご存知ですか?

しかもアランデュカス指揮のミシュラン星付きです。

Img_0628

エッフェル塔はいつも混雑しますよね。

こちらのレストランは、Jules Verne。直通エレベーターがあるのです。

Img_0629

Img_0632

写真を撮ってもらいました。

Dsc00350

芸術的な料理の数々を、ご紹介しますね。

Dsc00354

Dsc00352

Dsc00351

Dsc00371

こちらのレストランの素晴らしいところは、なんといっても夜景。

1925151_662077113854902_2059688454_

エッフェル塔からの夜景はこちら。

モンパルナスタワーやナポレオンのお墓のあるアンヴァリッドが遠くに見えます。

Dsc00379

Dsc00375

Dsc00376

1889年のパリ万博でアレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル(Alexandre Gustave Eiffel)の設計により作られたエッフェル塔ですが、当時パリの街に鉄塔を建てるなんて画期的な発想だったのでしょうね。

Dsc00381

エッフェル塔は夜の夜景が特にすばらしいと思いますが、照明がつくような発想はなかったのでしょうね。

Dsc00382

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月28日 (金)

■2014年1月IMCAS PARIS⑪ 世界で一番好きな場所 オペラ座天井に描かれた14のオペラバレエ作品について

おはようございます。

今日は2月28日(金)。クリニックFの診療日です。

昨晩は、しばらく取り掛かっていた回転式EMSシステムである「ACBODY」の依頼原稿最終校正が来ました。

11月には日本語で論文を書きました。今回は8枚の英文ペーパーに。

Acbody

 

日本の医学雑誌ですので、プロフィールは日本語でお送りしたのですが、プロフィールだけ日本語というのもどうにもバランスが悪いですね(笑)。

英語に書き換えようと思います。

予防医学の一環として、病気予備軍であるメタボリックシンドロームの改善が厚労省の指針の一つとして挙げられてきました。

これまで多方面での研究がなされてきましたが、実際臨床での対応は、食事療法や運動療法の薦めだけであって、具体的な施術が提案されてきたわけではありませんでした。

深部に効果のあるACBODYのような進化型EMS装置を使用して、電気刺激を利用して内臓筋肉を動かす施術をすることにより、肥満症やメタボリックシンドロームの改善を図ることが出来るのではないかと、僕もEMS機器の効果を検証してきました。

日本肥満学会でも、機器を用いた痩身について過去3回発表してきましたが、国内だけでも数社あるEMS機器はそれぞれに特徴が異なりますので、今後はそうした機器の比較演題も出してゆきたいですね。

さて、僕のブログは今月の上旬に出張したパリの話。

*********************

パリのお気に入りの場所についてお話ししますね。

こちらのオペラ・ガルニエです。

Img_0625

オペラ座については、過去何度もこのブログで登場していますよね。

フランスのオペラ文化は1669年、太陽王ルイ14世の治世時代に「音楽アカデミー」が完成したことにはじまりました。

その後、劇場の場所も様々変わり、こちらのガルニエ宮は実に13代目。

1875年に完成しました。

エントランスの豪華さは世界の歌劇場でも最高峰ですよね。

Dsc00314

内部に入ると、真紅の劇場の椅子。

Dsc00324

黄金に輝く装飾に圧倒されます。

Img_0537

Img_0556

そして、何よりもシャガールの天井画「夢の花束」と、巨大なシャンデリア。

Img_0539

こちらの天井画は1964年に描かれたもの。

シャガールはこの天井画に14のオペラとバレエの作品の情景を描いたのですが、詳しく解説を加えますね。

Img_0542

シャンデリアの内側の内周の絵と、シャンデリアの外側の外周の絵があります。

このビューだと外周の絵しか見えませんが

Img_0536

斜めから見ると、シャンデリアの裏に絵があるのがわかります。

写真でわかるでしょうか?

外周の絵は5つの色を背景に、オペラやバレエの題目が2演題づつ描かれています。

Dsc00325

青の部分は

ムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」

モーツアルトの「魔笛」 フルートを吹いているパパゲーノが見えますね。

Dsc00336001

赤の部分は

ラヴェルの「ダフニスとクロエ」

ストラヴィンスキーの「火の鳥」

パリの情景としてエッフェル塔が見えます。

Dsc00337

緑の部分は

ベルリオーズの「ロミオとジュリエット」

ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」

二つの恋愛オペラ。

特にワーグナーのトリスタンとイゾルデは指輪物語の直前に描かれた、ワーグナーの最終傑作とも言われていますね。

パリの情景の凱旋門とコンコルド広場が見えます。

Dsc00339

黄色の部分は

チャイコフスキーの「白鳥の湖」

アダムの「ジゼル」

です。

こちらはまさに二大バレエ音楽ですよね。

Img_0553

白の部分は

ラモーの作品(題目は不明)と

ドビュッシーの「ペレアスとメリサンド」

こちらにはガルニエ宮も描かれています。

そしてシャンデリアの裏側。

すなわち上部の内周には、

Img_0582

Img_0587

緑 グリュック 「オルフェとユリディス」

青 ベートーベン 「フィデリオ」

黄 ヴェルディ 「椿姫」

赤 ビゼー 「カルメン」

が描かれているのです。

ちなみにシャンデリアが消えていると、このように見えます。

Dsc00344

舞台からの自然光で観る天井画も、このオペラ座で舞台を観る人だけの特権ですね。

僕の滞在日の題目はヘンデルの「アルティーナ」。

Img_0618

楽しませてもらいました。

Img_0607

感動を胸に劇場を出て

Img_0624

オペラ大通りに出る。

何事にも代えられぬ、至福の時間です。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

■2014年1月IMCAS PARIS⑩ ボストンからの来客 今年はレーザーの当たり年 カルティエ展

おはようございます。

今日は2月27日(木)。クリニックFの診療日です。

診療前には、ボストンから来客がありました。

Img_0992

サイノシュアの日本法人社長のBruce Byersです。

次世代レーザートーニング機器であるレブライトの論文と、ピコ秒レーザーについて1時間ばかり英語でディスカッションとなりましたが、大変勉強になりました。

特に今月滞在したIMACS PARISの学会で報告があった症例についてのいくつかの疑問点が解消されました。

こうしたメーカーサイドの生の情報は貴重です。

今日も頑張ります。

さて、僕のブログ国際学会周遊記は、月初に滞在したパリのブログがもう少し続きます。

※※※

一年は毎年この欧州系アンチエイジング学会IMCAS Parisから始まります。

Img_0470

今年も多くの演題を聞きましたが、2014年は機器の当たり年です。

Img_1890

Img_0475

併設された企業セッションも合わせて、皆熱心に聞いていますね。

Img_0484

立ち見が出るほどの盛況です。

Img_0489

こちらエンディメッドという皮膚のリフティング+タイトニングの機器メーカーの開発者。

Img_0486

RFを用いたクリニック用の医療機器が販売されていますが、3月末に、日本でもほぼすべての機能を併せ持つ、家庭用機器が販売されることになりました。

こちらはクルスカ、ゼルティック社の新しいアプリケーターです。

Img_0458

日本初登場。

そして、クリニックFでも導入しているBTL社のエクシリス。

Img_0461

RF+超音波で肌のタイトニングをする機器ですが、2013年にはイギリスのmy facemybody のベストスキンタイトニング賞も受賞しました。

後ろに見えるのは、脂肪を減少させるヴァンキッシュ。

共に今年の注目機器ではありますね。

この日のパリの景色を少し。

Dsc00271

グランパレでは、カルティエ展が開催されていました。

Img_0309

この通りかなり長い列で、待ちましたが

Img_0303

欧州各王室から貸し出しされたティアラや、エリザベステーラー、グレースケリーが使用したカルティエの宝飾品など、多くを見学できました。

好きなパリの街ですので少し歩いてみます。

Dsc00284

こちらはロウソクを売る世界最古の店。

Dsc00286

市場で牡蠣を見たり、

Dsc00287

最近はまっているサンジェルマン・デ・プレ地区などを散策しました。

Dsc00290

Dsc00298

パリを歩くとエネルギーをもらうことが出来ます。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

■2014年1月IMCAS PARIS⑨ ギャノング生理学 パリの風景 ミシュラン星付きレストラン FREDERIC SIMONIN

おはようございます。

今日は2月25日(火)。クリニックFの診療日です。

年末から3ヵ月余りかかった書籍「医療機器による痩身のメカニズム」の原稿を、昨日ようやく終えました。

この作業に取り掛かっている間、新たに購入した生理学の教科書が7冊。

痩身に関して横断的な教科書というものはまだないようですね。

Img_0984

そんな中、学生の時によく読んでいた教科書の新版が見つかりました。

なんと原書24版。

20年前この本は「医科生理学展望」という名前でしたが、英文と日本語訳の版にかなりずれがあり、学生の時には頑張って英語版を読んだ記憶があります。

医学部で基礎医学を学ぶときは、最初の学年でこの生理学、生化学、解剖学を学びます。

自律神経、ホルモン、循環血流、筋肉運動、体性感覚などの仕組みが書いてあり、とても面白くて、学生の頃、本当に毎晩貪るように読んでいました。

思い返せば、僕が知的好奇心を満たすために勉強するようになったのは、その時が初めてかもしれません。

人体が生体を維持するためにいかに精密にできているのか。

それを知ったのはこの時ですね。

数年ぶりに読み返してみましたが、臨床を知ったうえで改めて読むと、生理学の教科書はとても気づきが多く、興味深い。

ハーパーの生化学と一緒に読みましたが、まさに医学の基本です。

さて、僕のブログは帰国して間が空いてしまったのですが今月頭に滞在したパリについてもう少し書いていこうと思います。

※※※

Dsc00299

こちら朝日が昇る前のノートルダム寺院です。

Img_0530

シャンゼリゼ通りも素敵です。

Img_0531

Img_0500

シャンゼリゼ通りにある車のショールームを見るのも好きです。

Img_0498

Img_0509

Img_0512

Dsc00255

街角のパリジャンも、目を楽しませてくれますね。

Dsc00257

この季節のパリはレストランの予約も取りにくいのですが、ミシュラン星付きレストランのFREDERIC  SIMONINにご招待いただきました。

Dsc00258

寒い時期ですが、トリュフの香りが素晴らしいです。

Dsc00261

Dsc00263

Dsc00264

Dsc00266

フランス食文化は芸術ですね。

Img_0467

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

■2014年1月IMCAS PARIS⑧ IMCAS Paris 2014 Show the Flag 学会会場にて is laser effective on melasma? 建国記念日とは?

おはようございます。

今日2月11日(火)は祝日で通常休診日を頂くのですが、今日は臨時で診療を行っています。

明日から二日間、東北出張が入っていますので、そのための臨時措置でもあります。

遠方の方や土曜日もお仕事の方などからご予約を頂いていますので、こうして時々は祝日も診療を行うほうがよさそうですね。

今日の祝日は建国記念日によるもの。

日本でも建国の由来について教えなくなりましたが、なぜこの日が建国記念日なのか二年ほど前ブログに書いたことを思い出しました。

よろしかったら建国記念日の由来についてのブログをご覧くださいね。

今日も都内は粉雪がパラパラと舞っています。

とても寒いですが、皆さんも健康管理に留意くださいね。

さて、僕のブログは先週滞在したパリの学会の話です。

**********************

Img_0528

会場は毎年こちらのポルトマイヨです。

凱旋門からシャンゼリゼ通りの反対側に向かって300m。

Img_0378

今年は学会口演も充実していました。

Dsc00247

IMCASはパリで開催される本会の他、 ASIA、 INDIA、 CHINA と年に4回開催されています。

同時に6室で講演があり、講演で使用するスライドの写真撮影は禁止されています。

Img_0388

この日は朝から学会会場を回ります。

最初の講演は

 Is laser effective on melasma?

Img_0387

肝斑治療にレーザーが有効かどうか?

という演題でした。

こちらも新しい波長のレーザーや、フラクショナルレーザー、もちろんNd:YAGレーザーのトーニングなどがディスカッションされ、非常に有益なセッションでした。

この後学会会場にある展示場に移動。

この目で最新機器を観て、開発者や関係医師たちと話が出来る絶好の機会ですので、気になる講演がない時はなるべくここにいるようにしています。

「Show the Flag」ではないですが、僕も欧州、米国のレーザー関連学会に通い始めてもう10年以上。

必ず学会に顔を見せているアジア人はそんなに多くもないので、学会会場を歩いていると、多くの人から声をかけられるようになりました。

開発者と仲良くなると、ちょっと秘密の開発中機器情報を耳打ちしてくれるようなこともあります。

僕の情報網の一つですね。

**********************

Dsc00250

さて、日本にいるときに、ぜひとも打合せをしたいとメールでアポがあった、イスラエルはルミナス社のマーケティングディレクターのAyelet Barneah。

今年はルミナス社は展示ブースを出していなかったのですよね。

まずは学会会場で彼女に連絡を取り、一時間ばかり、フォトフェイシャルを造った会社の新製品について最新情報を聞きました。

Img_0391

さらに学会会場を回ります。

Dsc00246

今年も混んでいます。

アルマレーザー社。

Img_0394

サイノシュア社のQスイッチ•ピコ秒アレキサンドライトレーザーの、ピコシュアは相変わらず人気を集めています。

Img_0395

こちら施術のイメージングの機器会社。

Img_0397

Img_0399

イタリアはミラノのレーザー機器メーカーのBIOS。

日本未上陸ですが、今年は注目の会社です。

Img_0401

細かいスペックについて詳細をディスカッション。

Img_0408

こちらはイギリスのメーカー クロモジェニックス社

Img_0455

ダイレーザーの筐体が新しくなりました。

この波長が肝斑に対して非常に効果があったと報告受けました。

こちらはプラズマ機器です。

Img_0415

最新の研究をプレゼンテーションにして見せてくれました。

Img_0433

イスラエルのシネロン社のスピンアウト勢が作り上げた新会社

ヴィーナスコンセプト社。幾つか魅力的な機器を出しています。

Img_0420

こちらもeマトリックスを作り上げたボリス博士らが新規に作り上げたフラクショナルRF機器です。

Img_0426

おなじみDEKA社のモナリザタッチ。

Img_0431

Img_0438

Img_0442

こちら、ポスト・ボトックスとなりうる新機器。

ミオサイエンス社の製品です。

Img_0443

ボトックスは抹消神経破壊することでしわを取りますが、この機器は窒素を神経終末に打ち込むことでミエリン鞘を破壊し、同じく3-5か月間ぐらいしわを除去してくれるのです。

カルフォルニア発祥で、欧州に売り始めたばかり。

アジア地域での発売予定はまだないそうですが、これは興味深い機器ですね。

Img_0444

イープラスやサブライム、モチーフでおなじみのシネロン社。

バイポーラ‐RF+吸引マッサージ+IR

の痩身マシン。

ヴェラシェイプの三世代目。

VelaShape IIIが今回登場しました。

Img_0446

新製品講演の部門でも発表されていましたが、従来の機器に比べて数倍パワーアップしたようです。

痩身部門の機器も、登場が多く目が離せませんね。

Img_0525

テレビ局の取材も入っていましたよ。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

■2014年1月IMCAS PARIS⑦ アヴェニュー・モンテーニュのクリニック Dr.Pierre Secnazi Anteis社撮影イヴェント

おはようございます。

今日2月7日もクリニックFの診療日です。

パリ滞在一日目。早朝にパリに着き、まずはアヴェニュー・モンテーニュで開業するレーザー・ドクター Dr.Pierre Secnaziのクリニックに表敬訪問。

Img_0296

Img_0295

2年前、3年前にも訪れたことがあるのですが、このクリニックオーナー医師が変わっていました。

Img_0294

パリのクリニックも移り変わりが激しいですね。

ちなみに、こちらのクリニックのラインナップは、

Img_0292

フラクセル3DUAL 

サーマクールCPT

イントラセル

レーザー脱毛機器

Img_0287

さらにPRP療法

遠心分離器が見えますよね。

Img_0291

夜には、スイスのフィラー会社 アンティース社の企画で、ポスター撮影に参加することとなりました。

Img_0321

Img_0322

タクシーで指定された場所に向かいましたが、そちらはこの様なスタジオとなっていました。

Img_0329

どうやら院内にドクターが飾るポスターを撮影する会だったのです。

Img_0332

白衣に着替えるよう言われて、写真を何枚か撮影された後には

Img_0341

この様な写真となって飾られます。

ちなみに僕の写真はこちら。

1896749_10203235998969216_118379216

大きなポスターになって後日クリニックに送られてくるそうです。

撮影後は会食。

Dsc00238

Dsc00237

こちらアンティース社の社長

Martin Kunzelです。

Img_0337

こちらアジアパシフィックのディストリビューターマネージャー Steven Tan。

Img_0338

ハンガリーで開業するDr. Ildiko Papp。

彼女はアンティース社指定のトレーナーです。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

■2014年1月IMCAS PARIS⑥ ウィーンよりパリへ 新凱旋門

おはようございます。

今日は2月6日(木)。クリニックFの診療日です。

パリから帰国したばかりですが、学会の内容は関係者の方々と話したのちでなければここでは明らかにできないことも多々ありますので、その話はちょっと後に回します。

※※※

こちらは新年、3週間前に滞在した時のパリの写真です。

早朝ウィーンからパリに到着し、まずは宿泊先であったラ・ディフェンスのヒルトンへ。

ラ・ディフェンスには、このような新凱旋門があります。

こちらはルーブル宮殿~コンコルド広場~シャンゼリゼ通り~凱旋門の延長線上に建設された巨大な建物です。

パリメトロ1番線の終着駅でもあるので、利用しやすいですね。

P1030423

P1030422

斬新なデザインで良いですね。

久しぶりのパリなので、ちょっと歩いてみました。

ラ・ディフェンスから地下鉄1番線で一本約10分。

こちらルーブルです。

P1030425

ガラスのピラミッドも健在。

P1030427

次に訪れたのがオペラ座。

P1030431

久しぶりに内部も見学しました。

Img_0179

ワーグナーの胸像です。

P1030455

P1030436

P1030445

オペラの舞台演出工事中。

暗い中でシャガールの天井画を見学。

P1030447

さらにオペラ座の回廊。

いつ見てもため息が出ます。

Img_0176

窓からの景色も素晴らしい。

Img_0177

P1030453

その後はコンコルド広場へ。

P1030460

Img_0183

Img_0278

最近のパリの流行は、スーパーカーに観光客を乗せてドライブするというアトラクションです。

観覧車に乗り込むと、パリの景色がよく見えます。

Img_0085

Img_0086

P1030466

P1030468

パリに来たなあと感じるときですね。

シャンゼリゼ通りには出店が沢山あって、こんなミニチュアギターショップもありました。

Img_0193

収集癖がある僕としては、こうして一堂に会するものを見ると全部買い占めたく?なります。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  | EADV ヨーロッパ皮膚科学会 | インディバ社 | クリニック | フェラーリドライビングコース ピロタレーシング | プラズマ治療 | ボディのための医療機器 | レーザーの歴史 | レーザー・光治療  | レーザー・超音波治療 ウルセラ | レーザー光治療機器辞典 | レーザー治療 eマトリックス | レーザー治療 たるみ | レーザー治療 サーマクール | レーザー治療 シミ | レーザー治療 トリニティ | レーザー治療 ドラッグデリバリー | レーザー治療 ニキビ跡 | レーザー治療 フラクセル | レーザー治療 マドンナリフト | レーザー治療 毛穴 | レーザー治療 肝斑 | 世界のフェルメール絵画訪問記 | 世界の半島巡り | 今日の僕 | 今朝のクリニックFの音楽 | 化粧品 | 医工学部のススメ | 医療 | 医療RF開発会社 インディバ社 | 医療 痛みのコントロール | 医療レーザー開発会社 DEKA社 | 医療レーザー開発会社 アルマレーザー社 | 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 | 医療レーザー開発会社 キュテラ社 | 医療レーザー開発会社 サイトン社 | 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 | 医療レーザー開発会社 シネロン社 | 医療レーザー開発会社 バリアント社 | 医療レーザー開発会社 パロマ社 | 医療レーザー開発会社 フォトナ社 | 医療レーザー開発会社 ルミナス社 | 医療レーザー開発会社 ヴィーナスコンセプト社 | 医療政策(海外諸国の医療政策)  | 国際学会 アジア カンボジア編 | 国際学会 アジア・インドネシア編 | 国際学会 アジア・インド編  | 国際学会 アジア・シンガポール編 | 国際学会 アジア・タイ編 | 国際学会 アジア・ベトナム編 | 国際学会 アジア・マレーシア編 | 国際学会 アジア・中国 上海編 | 国際学会 アジア・中国 北京編 | 国際学会 アジア・中国 深圳編 | 国際学会 アジア・中国 澳門編 | 国際学会 アジア・中国 香港編 | 国際学会 アジア・台湾編 | 国際学会 アジア・韓国編 | 国際学会 アジア編 | 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 | 国際学会 アフリカ・エジプト編 | 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 | 国際学会 オセアニア編 | 国際学会 中南米 アルゼンチン編 | 国際学会 中南米 ペルー編 | 国際学会 中南米 メキシコ編 | 国際学会 中東 UAE ドバイ | 国際学会 中東 イスラエル編 | 国際学会 北米 アリゾナ編 | 国際学会 北米 オーランド編 | 国際学会 北米 カナダ編 | 国際学会 北米 コロラド編 | 国際学会 北米 サンディエゴ編 | 国際学会 北米 サンフランシスコ編 | 国際学会 北米 シカゴ編 | 国際学会 北米 テキサス編 | 国際学会 北米 デンバー編 | 国際学会 北米 ニューオリンズ編 | 国際学会 北米 ニューヨーク編 | 国際学会 北米 ハワイ編 | 国際学会 北米 バミューダ編 | 国際学会 北米 フィラデルフィア編 | 国際学会 北米 フロリダ編 | 国際学会 北米 ボストン編 | 国際学会 北米 ボルチモア編 | 国際学会 北米 マイアミ編 | 国際学会 北米 ラスベガス編 | 国際学会 北米 ロサンジェルス編 | 国際学会 北米 ワシントンDC編 | 国際学会 日本編 | 国際学会 欧州 イギリス編 | 国際学会 欧州 オランダ編 | 国際学会 欧州 オーストリア編 | 国際学会 欧州 ギリシア編  | 国際学会 欧州 クロアチア編 | 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 | 国際学会 欧州 スイス編 | 国際学会 欧州 スウェーデン編 | 国際学会 欧州 スロヴェニア | 国際学会 欧州 セルビア編 | 国際学会 欧州 チェコ編 | 国際学会 欧州 デンマーク編 | 国際学会 欧州 トルコ編 | 国際学会 欧州 ドイツ編 | 国際学会 欧州 フィンランド編 | 国際学会 欧州 ブルガリア編 | 国際学会 欧州 ベルギー編 | 国際学会 欧州 ポルトガル編 | 国際学会 欧州 ポーランド編 | 国際学会 欧州 モナコ編 | 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 | 国際学会 欧州 ルーマニア編 | 国際学会 欧州 仏ニース編 | 国際学会 欧州 仏パリ編 | 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 | 国際学会 欧州 伊シチリア島編 | 国際学会 欧州 伊トリエステ | 国際学会 欧州 伊ナポリ編 | 国際学会 欧州 伊パドヴァ | 国際学会 欧州 伊パルマ編 | 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 | 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 | 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 | 国際学会 欧州 伊ミラノ編 | 国際学会 欧州 伊モデナ編 | 国際学会 欧州 伊リミニ編 | 国際学会 欧州 伊ローマ編 | 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 | 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 | 国際学会 欧州 独ドレスデン | 国際学会 欧州 独バイロイト | 国際学会 欧州 独フランクフルト | 国際学会 欧州 独ミュンヘン | 国際学会 欧州 独ライプティヒ | 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 | 国際学会 欧州 露モスクワ編 | 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 | 国際学会番外 イースター島編 | 国際学会番外 北朝鮮 | 工学部博士課程 | 教育 | 文化・芸術 | 日本の祭り | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 水光注射 メソセラピー | 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 | 痛みに効く音楽 | 痩身 ダイエット AC BODY | 紫外線 近赤外線 遮断剤 | 経営学 | 自律神経 | 薬学系研究室 | 薬学部博士課程 | 西洋医学とアロマセラピー | 電解還元水 機能水 | 音楽 オペラ | 音楽 クラシック | 音楽 バレエ | 音楽 ミュージカル | 食事 グルメ 料理  | LED治療