カテゴリー「国際学会 アジア・ベトナム編」の14件の記事

2008年9月13日 (土)

ベトナムの寺

075帰りの飛行機までに少し時間が余り、せっかくなので観光をしようということになり、前回も訪れた天后宮というお寺を訪れました。

ここは1760年に建てられたベトナム最古の華人寺のひとつ。

前回のベトナム訪問で最も印象に残った場所だったので、この寺にもう一度行きたいとリクエストしたのです。

鎌倉に育った僕は、小学校の時の趣味が、「寺めぐり」でした。思えばちょっと変わった小学生だったのですね(笑)。

海外に行くと、お土産屋さんなど買い物に行くよりは、寺院やパワースポットと呼ばれる場所に行くのが好きなのです。

086祭られている天后が、海運の神様ということもあり、現在では旅行の神様として人気があるようです。

僕は赤い紙に 「藤本 幸弘」と「クリニックF」と書いて、クリニックと患者さんの幸せを祈願しました。

087 この大きな渦巻き型の線香を買って火をつけると、竹の竿で高い所につるしてくれます。

天井につるされた線香は、一ヶ月もの間燃え続けているのだとか。

昨年の11月にベトナムに来た時は、観光に行く時間があったのですが、今回は本来なら4日ぐらいのスケジュールを土日の二日に詰め込んだような感じ。

今週日曜日からも僕はNY→ボストン→パリのヨーロッパ皮膚科学会(EADV)の発表・・・と、まさに“地球一周出張”を控えていて、直前のベトナム出張には二日間しかスケジュールが取れなかったのです。

この束の間の観光=30分以外は、ホテルとクリニック、空港の往復で終わりました。夜11時55分(日本時間1時55分)の飛行機に乗って、朝8時に成田に到着するとそのままクリニックに向かいました。

そろそろ体力の限界を感じますね(苦笑)。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

ベトナムでテレビ出演

051前回ベトナムに滞在した時もテレビの録画番組に出演させていただいたのですが、今回も

「新しいレーザーの識者が日本からやってきたため、インタビューをした」

という名目で収録が始まりました。

皆緊張の面持ちで準備を待ちます。

038_2硬くなっている医師たちを尻目にMCの女性がきびきびと現場を仕切っていきます。

053 インタビューでは、フラクショナルレーザーの現状や、日本でのクリニックの現状などを聞かれました。

収録前にあらかじめ、3つの質問を知らされました。

「最初に会話を振られたら、日本のレーザーの現状について話してくれ」

とか。

でも、全くちんぷんかんぷんなベトナム語で話をされていて、突然質問を振られると、一瞬思考が止まります。

015インタビューの後は、施術の撮影です。こっちの方が楽ですね(笑)。

カメラを忘れて施術に没頭しました。

066 最後にモデルさんも含めて記念写真を撮りました。

今回の任務はこれで終わりです。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

ベトナム市街

095_3 翌日早朝にホテルを出て、予定されていたテレビ取材の撮影現場に向かいました。

そういえば、空港からホテルに移動して、初めて外に出たなと思っているとベトナム名物? のバイクの集団がやってきました。

通称「チキンレース」と呼ばれる光景ですが、前からバイク、横からバイク、どこまで行ってもバイクと、とにかくものすごいバイクの数なのです。

それも朝から晩までひっきりなしに通ります。

車の中から、一台の原付に

「家族で4人乗り」

なんて芸当ものを見つけましたが、残念ながら写真に撮ることはできませんでした。

069 こちらはベンタイン市場。ベトナの日用生活品や、食物などが売っています。

どれも安くて市場の中を歩くと面白いのですが、今回は目の前を車で通過しただけでした。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ベトナム料理

僕の講演を聴いてくれたベトナムのドクターが、ぜひ夕食に招待したいと言ってくださって、夜のディナーは招待席での会食となりました。

098 こんな感じの店で、日本料理?   中華? それともインドネシア料理? と外観だけではよくわかりません。

097

入ってみると、中は船のキャビンをモチーフにした綺麗なレストランでした。

092 まずは定番の現地ビール。「333」と書いて、「バーバーバー」と読んでいましたね。東南アジアにありがちですが、とても薄いビールでした。氷を入れて飲むのが作法だそうです。

093 生春巻き

094 海老の串刺し これらの海老が刺さっているのはココナッツの実でした。

095 そして、名前が聞き取れなかったのですが、白身魚ですね。これは柔らかくておいしかったです。

048 この店では食べなかったのですが、ホテルで食べたフォーがおいしかったです。お米の文化を感じますよね。

ところで、今回は出てくる食事に海鮮物がやけに多いなと思っていたら、これは鳥インフルエンザの影響なのだとか。

なるほど。

そのためでしょうか、チキンをあまり見かけませんでしたね。僕も普段は卵が大好きなんですが、なんとなく卵料理は避けてしまいました。

早く安心して、鳥や卵を食べられるようになるといいですね。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ベトナムで最も評判の高いレーザークリニック

059 この日の午後は、

「ぜひ見学にいらしてください」

とお招き頂き、Tu Tran Thi Anh医師のクリニックへ。

ベトナムで最も評判が高く大成功しているクリニックだということで、とても楽しみに伺いました。

建物の入口はこんな感じで5階建てのビルなのですが、中は本当に文字通り、患者さんでごった返しています。白い服を着た技術スタッフ(全員女性)も20名以上いますので人だかりです。

なんでも医者は彼女だけで朝8時から9時まで週7日、休診日なしで診療をしているそうです。ご主人が事務長をしてサポートしています。

057ちょうどクリニックを訪問した時、彼女は目の際に黒くアイラインのように入ったアートメイクを、Qスイッチヤグレーザーで取っていました。

でも、自分でレーザーの施術を行うのは、このアイラインの施術の時ぐらいとか。

ベトナムではレーザーという機械が新しすぎて、レギュレーションがなく、この病院ではほとんどの施術をすべてナースが行っているそうなのです。

施術室にはそれぞれ2~3人の技術者がいて、施術を行っています。

中心的な施術はイオン導入器とQスイッチヤグレーザーによるシミ取り。イオン導入器と導入の商材はインディバのものが使われていました。聞けば、導入一回の価格は日本円に換算すると4000円ぐらいとのことですので、日本よりは少し安いかなというかんじでしょうか。

ただ、使っているビタミンC商材のコストを考えれば、たとえば僕のクリニックで使用している商材の方が原価も圧倒的に高いですし、高品質です。ビタミンC誘導体に関しては、日本が完全に世界をリードしていますからね。そういう意味で、導入一回4千円という価格は日本とほとんど変わらない、むしろこちらの方が高いのでは?と思ってしまいました。

060_2この病院で驚いたことは、なんとベトナムで唯一ともいえる、たるみを治療するRF機器=サーマクールNXTがあることです。

サーマクールはクリニックFでも最も高額な施術です。しかも旧式のサーマクールではなく、クリニックFでも現在使用している、昨年デビューたばかりの最新機種である「サーマクールNXT」が導入されているのです。

すべてがドクターではなく技術者による施術で、20万円を超える価格なのだそうですが、非常に評判が良く、リピーターが大勢付いているのだとか。

サーマクールのリピート率が高いのは、クリニックFも一緒ですね。

ベトナムと日本では貨幣価値が5倍ぐらい違うと聞いています。それで換算すると、現地で20万円ということは、1回100万円の施術を行っていることになります。そういう感覚で計算すると、さきほどのビタミン導入も1回4,000円ということは、現地で2万円ほど・・ということになりますよね。

どんなお金持ちのクライアントが来るのでしょう。

この病院にはサイノシュアのアファームがあるのですが、一回あたりの価格は2万5千円とか。これも医師ではなく、女性の技術者が行います。こちらの価格は日本の4-5分の1です。でも、三人の女性が組になって、手際よくアファームを照射していく様をみると、文字通り、本当に丸一日フル稼働しているのがわかります。同行したサイノシュアの技術の人は、この病院の機器はあまりに使われすぎていて、機器の消耗が激しいと言って悩んでいました。

072Dr. Tranはアレキサンドライトレーザーの経験がないとのことだったので、急遽その場で実践トレーニングを行うことになりました。

彼女は今年の11月に東京で行われる日本美容外科学会で、招待講演を頼まれているのだとか。

東京での再会を約束し、クリニックを後にしました。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年9月 8日 (月)

Vinhy社 レーザーワークショップ

009

今回の会場は宿泊先の「NEW WORLD HOTEL SAIGON」というホテルでした。

観光地で有名な、ビンタン市場のすぐ横にあるホテルです。

032 会場は約100人が入るスペースでした。

029ベトナムはレーザー医療が始まったばかり。

一つ目の講演では、ルビー、アレキサンドライト、Ndヤグの三つのQスイッチレーザーについて、レーザーの基本から話をしました。

045中間の休み時間には、ドクターたちも興味深々といった感じで、質問も多く受けました。

034皆熱心に聞き入っています。

二つめの講演はアファームマルチプレックスと、最近新しくデビューした2780nmのエルビウムヤグレーザーについて。

041 二つの講演が終わった後は、レーザーのワークショップです。話をしたレーザーの照射方法を教えます。

017 事前にもらっていた講演内容を、左横にいるDr.Tranの依頼で直前になって変えることになったのですが、今回も持ち込んだMac Book Airが大活躍しました。

このなかには今まで国内外で行った講演のプレゼンテーションがたくさん入っているのですよ。

そうそう。今回の二回の講演で、僕が行った英語の講演がとうとう30回を超えました。

30回も海外で講演をした日本の医師は、他の医療分野を考えても多くはいないから、これからも実績をコツコツ積み重ねていきなさい。」

と、出発前にある先輩から励ましのお言葉を頂きました。

振り返れば、右も左もわからない若輩者の僕に、様々な国の関係者の方がこうしたチャンスを与えてくださり、たくさんの方に支えて頂いたからこそ到達した30回です。

講演を通して随分成長させていただきましたし、自分が進むべき道もその中で少しずつ見出しながら、一歩一歩土台を作り固めることが出来ているように感じています。

度胸も随分つきました。

初めての国で、外国ならではのハプニングが起きても、

「何が起きても、大丈夫。どうにかその場でプレゼンを時間内にまとめることができる」

という臨機応変さと応用力が確実につきましたし、また最初の方は言いたいことをただただ伝えるだけで精一杯だったのが、最近では

「どうやったらこれをもっとわかりやすく伝えることが出来るだろう」

「どうしたらこの時間を楽しんでもらえるだろう」

「どんなプレゼンを作れば、僕を招いてくれた方々の役に立てるだろうか」

ということを考えられる余裕が出てきました。

そして訪れた学会会場、その国々のクリニックで世界のアンチエイジング市場・レーザー市場が確実に変わり、拓けていくことをリアルタイムで感じながら、それらを日々の診療に生かすことができました。

これらはすべて関係者の皆様、ここまで支えてくださった皆様のお陰です。

本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。

継続こそ力なり

明日からは50回を目指してまた頑張りますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 6日 (土)

再びベトナム ホーチミンへ

067 金曜日の夜飛行機に乗って、ベトナムにやってきました。

明日朝からホーチミンシティで開催される、Vinhy社主催のレーザーワークショップで講演を頼まれたのです。

昨年11月にこちらで講演をしていますから、ベトナムは2回目の訪問となります。

ホテルに到着したのは、こちらの時間で夜の12時過ぎ。日本時間では夜の2時をまわったところです。先ほど打ち合わせをして部屋に帰ってきました。

講演は二つ。

一つはシミをとるために作られた「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」について。
Qスイッチレーザーの中でも、特にルビー、アレキサンドライト、Nd:YAGの違いについて講演してほしいのだとか。難しい内容ですが、がんばってプレゼンを作りました。

もう一つはフラクショナルレーザーの総論です。

クリニックFでは、フラクセル、アファーム、フラクセル2、アファームマルチプレックス、モザイクの5つのフラクショナルレーザーを使用してきましたが、それぞれ一長一短の特徴があり、それらを総論として述べるのです。

ベトナムではレーザー治療が始まったばかりですが、中には一日中患者さんでいっぱいのレーザークリニックもあり、ドクターも興味津々だそうで、明日も100人近いドクターが集まるそうです。これはベトナムにしてはすごい数らしいです。

あと6時間で講演が始まります。また後ほどブログで報告しますね。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

ベトナムでクリニック訪問

早朝に日本に帰ってきて、そのままクリニックFに移動。深夜便はさすがに疲れますね。クリニックの外来の間にこのブログを書いています。

ベトナムの写真が残っているので、もう少しアップしておこうと思います。僕のような日本の医師が東南アジアに行くことは珍しいらしく、今回も最後の日には、何件ものクリニックを表敬訪問し、院長たちと写真を撮ってきました。個々の院長は待っているだけなのだと思いますが、僕は車に乗っての一日仕事です(笑)。

007 009

010 012

中には日本とほぼ同じようなサーマクール、フラクセル、オーロラ、ポラリスなどの最新レーザーを備えているところもあり、大変驚きました。

明日はまたソウルの学会の招待講演で、早朝出発します。今度はレーザーピーリングの話をしてきます。

004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

ベトナムの歴史

007 中国の真南に位置する大陸の国、ベトナムの歩んできた歴史はまさに戦争の歴史です。この写真は、ベトナム戦争、南ベトナムのサイゴン陥落の時に攻め込まれた当時の大統領館です。今は博物館になっています。

べトナムの歴史は古くは紀元前1000年ごろ、現在いくつかの遺跡が残っています。北部ベトナムは、紀元前200年の漢の時代から唐が滅ぶまで約1000年間、中国の支配下に入ります。中部ベトナムは4世紀ごろからヒンズー教のチャンパ(林邑)が国を作り、独立国となりました。この王朝は15世紀まで永らえます。南部ベトナムのメコン川流域では、1世紀に扶南王国が起こり、6世紀にクメール族に滅ぼされるまで王政が続きました。

939年に呉王朝が出来て、北部ベトナムが中国支配から独立します。その後、前黎朝、李朝、陳朝などの短命の王朝が続きますが、1414年には再び中国の明に支配されてしまいます。1428年に後黎朝が興ったことで、ベトナムは中国支配から解放されますが、ほんの100年後には再び南北に分裂し、闘争を続けるようになります。

18世紀にに中部ベトナムに起こった阮朝が統一を図りますが、統一時にフランスの志願兵と宣教師の助力を仰いだため、後にはベトナムへのフランス進出を許すことになりました。

019その後は皆さんもご存じとおり、ベトナムはフランス領インドシナという植民地になることを甘んじ、大東亜帝国の日本に占領され、第二次世界大戦後は再び南北に別れ、アメリカとソ連の代理戦争の場となるのです。

ベトナムが3000年以上の歴史を持ちながら、先人の文化を破壊して、次の文化が発達するので、古い文字や文化があまり残っていないのはとても残念なことだと思います。

日本の常識は、世界に全く通用しないといわれて久しいですが、天照大神の直系とされる天皇家の文化が2600年以上も続いていたといわれている日本は、ある意味、ほとんどの人がほぼ共通の価値観を持って生きていますし、言葉で説明しなくても相手がある程度察してくれてきたという、独自の価値観と文化を持った国民です。しかし、世界的にみると、このような状況は極めて稀で、日本人は本当に特殊な環境で純粋培養された民族なのだとあらためて感じました。

今回初めての訪問でしたが、ベトナムは戦後約30年。日本の高度成長期のような勢いを感じました。ベトナム人は、手先は器用ですし民芸品なども細工が素晴らしいです。勤勉な性格も相まって、数十年後にはアジアをリードする国に発達するのではないかという印象を強く受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月22日 (木)

天后宮

今日は帰国日です。空港に行く前に急いで観光に行ってきました。ベトナムは仏教国なので寺院がたくさんあるとのこと。一度見ておきたかったのです。

031_2 035ここは天后宮と呼ばれる1760年代に建てられたお寺です。廟の天井にかけられた、 いくつもの巨大なうずまき線香は、中国文化そのものですね。033

僕もクリニックFの成功を祈願して、ひとつうずまきを買って捧げてきました。これが、いわゆる「鳥かご」ぐらい大きなものなのです。一週間ぐらい燃え続けるそうです。

深夜便で帰国して、明日朝から外来に出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  | EADV ヨーロッパ皮膚科学会 | インディバ社 | クリニック | フェラーリドライビングコース ピロタレーシング | ボディのための医療機器 | レーザーの歴史 | レーザー・光治療  | レーザー光治療機器辞典 | レーザー治療 eマトリックス | レーザー治療 たるみ | レーザー治療 サーマクール | レーザー治療 シミ | レーザー治療 トリニティ | レーザー治療 ドラッグデリバリー | レーザー治療 ニキビ跡 | レーザー治療 フラクセル | レーザー治療 マドンナリフト | レーザー治療 毛穴 | レーザー治療 肝斑 | 世界のフェルメール絵画訪問記 | 世界の半島巡り | 今日の僕 | 今朝のクリニックFの音楽 | 化粧品 | 医工学部のススメ | 医療 | 医療RF開発会社・インディバ社 | 医療 痛みのコントロール | 医療レーザー開発会社 DEKA社 | 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 | 医療レーザー開発会社 サイトン社 | 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 | 医療レーザー開発会社 シネロン社 | 医療レーザー開発会社 ソルタメディカル社 | 医療レーザー開発会社 パロマ社 | 医療政策(海外諸国の医療政策)  | 国際学会 アジア カンボジア編 | 国際学会 アジア・インドネシア編 | 国際学会 アジア・インド編  | 国際学会 アジア・シンガポール編 | 国際学会 アジア・タイ編 | 国際学会 アジア・ベトナム編 | 国際学会 アジア・マレーシア編 | 国際学会 アジア・中国 上海編 | 国際学会 アジア・中国 北京編 | 国際学会 アジア・中国 深圳編 | 国際学会 アジア・中国 澳門編 | 国際学会 アジア・中国 香港編 | 国際学会 アジア・台湾編 | 国際学会 アジア・韓国編 | 国際学会 アジア編 | 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 | 国際学会 アフリカ・エジプト編 | 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 | 国際学会 オセアニア編 | 国際学会 中南米 アルゼンチン編 | 国際学会 中南米 ペルー編 | 国際学会 中南米 メキシコ編 | 国際学会 中東 UAE ドバイ | 国際学会 中東 イスラエル編 | 国際学会 北米 アリゾナ編 | 国際学会 北米 オーランド編 | 国際学会 北米 カナダ編 | 国際学会 北米 コロラド編 | 国際学会 北米 サンディエゴ編 | 国際学会 北米 サンフランシスコ編 | 国際学会 北米 シカゴ編 | 国際学会 北米 テキサス編 | 国際学会 北米 デンバー編 | 国際学会 北米 ニューオリンズ編 | 国際学会 北米 ニューヨーク編 | 国際学会 北米 ハワイ編 | 国際学会 北米 バミューダ編 | 国際学会 北米 フィラデルフィア編 | 国際学会 北米 フロリダ編 | 国際学会 北米 ボストン編 | 国際学会 北米 ボルチモア編 | 国際学会 北米 マイアミ編 | 国際学会 北米 ラスベガス編 | 国際学会 北米 ロサンジェルス編 | 国際学会 北米 ワシントンDC編 | 国際学会 日本編 | 国際学会 欧州 イギリス編 | 国際学会 欧州 オランダ編 | 国際学会 欧州 オーストリア編 | 国際学会 欧州 ギリシア編  | 国際学会 欧州 クロアチア編 | 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 | 国際学会 欧州 スイス編 | 国際学会 欧州 スウェーデン編 | 国際学会 欧州 スロヴェニア | 国際学会 欧州 セルビア編 | 国際学会 欧州 チェコ編 | 国際学会 欧州 デンマーク編 | 国際学会 欧州 トルコ編 | 国際学会 欧州 ドイツ編 | 国際学会 欧州 フィンランド編 | 国際学会 欧州 ブルガリア編 | 国際学会 欧州 ベルギー編 | 国際学会 欧州 ポルトガル編 | 国際学会 欧州 ポーランド編 | 国際学会 欧州 モナコ編 | 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 | 国際学会 欧州 ルーマニア編 | 国際学会 欧州 仏ニース編 | 国際学会 欧州 仏パリ編 | 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 | 国際学会 欧州 伊シチリア島編 | 国際学会 欧州 伊トリエステ | 国際学会 欧州 伊ナポリ編 | 国際学会 欧州 伊パドヴァ | 国際学会 欧州 伊パルマ編 | 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 | 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 | 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 | 国際学会 欧州 伊ミラノ編 | 国際学会 欧州 伊モデナ編 | 国際学会 欧州 伊リミニ編 | 国際学会 欧州 伊ローマ編 | 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 | 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 | 国際学会 欧州 独ドレスデン | 国際学会 欧州 独バイロイト | 国際学会 欧州 独フランクフルト | 国際学会 欧州 独ミュンヘン | 国際学会 欧州 独ライプティヒ | 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 | 国際学会 欧州 露モスクワ編 | 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 | 国際学会番外 イースター島編 | 工学部博士課程 | 教育 | 文化・芸術 | 日本の祭り | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 水光注射 メソセラピー | 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 | 痛みに効く音楽 | 痩身 ダイエット AC BODY | 経営学 | 自律神経 | 薬学系研究室 | 薬学部博士課程 | 西洋医学とアロマセラピー | 電解還元水 機能水 | 音楽 オペラ | 音楽 クラシック | 音楽 バレエ | 音楽 ミュージカル | 食事 グルメ 料理  | LED治療