カテゴリー「国際学会 北米 サンディエゴ編」の26件の記事

2012年4月11日 (水)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春⑯ サンディエゴの夜 食事 帰国

サンディエゴでの2012年米国皮膚科学会。

夜のサンディエゴの景色です。

Img_4840

Img_4827

夜の学会会場の雰囲気もまた違いますね。

Img_4843

Img_4841

来年の米国皮膚科学会は再びマイアミビーチ(Miami Beach, Fla., March 1-5, 2013)での開催だそうです。

Am13logo

最後に、サンディエゴでいただいた料理をアップしますね。

サンディエゴは海が近いこともあって、海産物がおいしく、食は極めて充実していました。

僕はアメリカに行くと、たいてい痩せて帰ってくるのですが、今回は違いましたね(笑)。

Img_4829

牡蠣も美味でした。

Img_4830

こちらはクラブケーキ。僕の好物のひとつです。

Img_4834

Img_4831

魚もおいしいです。

さらに、ウニは日本に輸出するほど豊富です。

Img_4965

僕はウニが大好物なのです。

お寿司も素晴らしかったですが、

Img_5071

イタリアンで出てきたこちらのウニスパには感動しました。

Img_4967

今までアメリカで食べたイタリアンの中で、最上級の味でした。

最後に、こちらのお店でいただいたBaked Araskaというアイスクリームの料理。

Img_5212001_2

火がついた状態で出てきたのにはびっくりです。

Img_5207

Img_5206

あまり甘党ではない僕も、食べられましたね。

滞在は4日でしたので、あっという間に帰国となりました。

Img_5215

Img_5217_3

帰りはサンフランシスコ経由。

天気予報の新聞を見ましたが、西海岸は真っ青。

Img_5219

滞在中。寒かったわけですね。

Img_5220_3

帰りは747でした。

これで僕の新国際学会周遊記 2012年米国皮膚科学会編はおしまいです。

明日からのインド出張記。さらに、翌週のフロリダの米国レーザー医学会出張記をお楽しみに。

Img_5220_2
世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

Img_5220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春⑮ サンディエゴ スペイン音楽のライブハウス Sevilla

おはようございます。

今日4月11日(水)はクリニックFの診療日です。

明日からインド出張。皮膚科学会での招待講演をさせていただく関係で、今週金曜日と土曜日は休診を頂きます。

今日のクリニックはほぼ満杯。海外からのお客さんもいらっしゃいます。打ち合わせもいくつか入っていますので、忙しい一日となりそうですね。

クリニックからも見えるホテルニューオータニでは、日本形成外科学会が開催されます。

ちょっとでも顔を出せれば良いと思っているのですが。。。時間があるかな?

さて、僕のブログ「新国際学会周遊記」は、今日でサンディエゴで開催された今年のAAD米国皮膚科学会の出張記を終えてしまう予定です。頑張ります(笑)。

************************

サンディエゴ開催の米国皮膚科学会(AAD)期間中。

ドクターたちとの会食後、サンディエゴのダウンタウンにスペイン音楽を聴きに行きました。

ラテンアメリカとの国境にあり、さらに元メキシコ領でもあったサンディエゴ。

スペイン系の住民も多く、本場のスペイン音楽を聴くことが出来ました。

Img_4970

テキーラをひっかけて、いい気持ちで演奏を待ちます。

Img_4971

Img_4980

こちら、Sevilla (セビリア)というお店。

スペイン南部のアンダルシア地方の州都の地名で、オペラ「カルメン」にも出てきますよね。

僕はもう10年以上行っていませんが、久しぶりに行ってみたいなあ。

Img_4974

内装はスペインらしく赤を基調としています。

Img_4973_3

夜もだんだんと更けて、ライブが始まる時間にはこんなに人が集まります。

Img_4975

普段からよく耳にする旋律が多く、非常に楽しむことができましたよ。

動画も撮りましたのでご覧ください。

Img_4981

スペインと言えば、闘牛とフラメンコですよね。

本場のフラメンコを観たことがありますが、素晴らしかったのを思い出しましたよ。

そうそう、スペインはレーザー医療機器を開発しているメーカーが沢山あるのです。

「レーザーバロセロナ」という学会が定期的に開催されていますし、ラテン系アメリカ諸国と合わせて、「レーザーラボ」という学会も開催しています。

一度様子を見に行きたいのですが、やっぱり講演も展示会もスペイン語メインなんでしょうね。

クリニックFにも導入している「インディバMD」もスペイン製の機器ですから、結構気が合う人も多いのかな(笑)。

Img_4982

テキーラとライムの入ったコロナビールで、ずいぶん長いこと楽しんでしまいました。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春⑩ 新しい技術 驚く解像度 MPTflex マルチフォトン走査型レーザー顕微鏡 TRASER

おはようございます。気持ちの良い一日となりそうですね。桜も綺麗な東京です。

今日4月5日(木)はクリニックFの休診日。

昼過ぎまで打ち合わせがあり、その後工学部大学院の研究室に顔を出そうと思っています。

来週はインドで開催される皮膚学会の招待講演があります。ようやく講演依頼の詳細が来ましたので、そのプレゼンの準備に数日間大忙しとなりそうです。

さて、「新国際学会周遊記」は、本年の米国皮膚科学会のブログです。

***********************

今回学会会場を歩いていて見つけた、レーザー関係の新技術があります。

Img_5083

一つはこの機器なのですが、これ、なんだかわかりますか?

Img_5084

ドイツのJenlaboというメーカーで、 MPTflexという機器なのですが、こちらはマルチフォトン走査型レーザー顕微鏡。

国内にもすでに4台の納入があるそうです。

Clinicalproducts

近赤外線レーザーを使用した機器ですが、こちらの特筆すべき技術は驚くべき解像度。

Oct

光学顕微鏡に近いのです。

Img_5086

ちなみに僕の腕で、一週間前にフラクショナルレーザーを照射したところを見てみました。

Img_4788

Img_5089

照射径と、かさぶたが、完全に表出されます。

Img_5090

近赤外の波長を利用した場合、理論上、0.5μm程度の解像度が限度と考えられますが、ほぼ、限界に近い表出力。

このほかレーザーを使った機器も開発しているようで、技術力を持った会社だと思います。

そして、もう一つ、LASERでもIPLでもないTRASERという第三の光技術を開発しているヴィーナスコンセプト社。

こうした機器の技術革新にはとても興味があります。

Img_5097

この技術は、昨年のノースカロライナで開催された皮膚科系レーザー学会である、コントロバーシーズ&カンバセーションズで発表されたのですが、二つのレーザーロッドを利用して、ナローバンドの光を作り上げる新しい技術です。

Img_5098

レーザーと比較すると、より多くの波長が技術的にもコスト的にも、ハードル低く作ることができますので、これも臨床応用されるとなると、将来性がありそうですね。

COMING SOONということでしたので、もしかしたら来週のASLMS(米国レーザー医学会)デビューですかね??

機器マニアとしては、すごく楽しみです。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春⑨ 米国皮膚科学会(AAD)での発表演題

おはようございます。

今日4月4日はクリニックFの診療日です。

昨日の春の嵐は凄かったですね。

昨日の予約を本日に移された方もいらっしゃいますので、今日の予約はほぼ満員です。

今日も朝から集中力を乱さずに、がんばっていこうと思います。

サンディエゴの学会の続きのブログを書きますね。

***********************

今回の学会でも多くの発表演題がありました。

Img_5056

Img_5057

こちらは講演のブース。

Img_5060

このような会場で、多くの最新医療情報を仕入れてきました。

Img_5062

この日は昼食に出たのですが、ご覧のとおり、大雨。

Img_5040_2

Img_5041_2

サンディエゴで、こんな大雨は本当に珍しいです。

短い距離ですが、タクシーで帰りました。

こちらはePOSTERのブース。

Img_4851

コンピューターが所狭しと並んでいます。

Img_5074

いくつか興味深いレーザーの演題も見つけました。

Img_4993

こちらはeマトリックスを使用して、ニキビ跡を治療した演題です。

eマトリックスは僕が2009年にクリニックFにて日本で初めて導入したのです。

当時、フラクショナルRFという技術は世界でもごく一部の技術者と関係者、医師にしか公表されていませんでした。

一般販売は当然まだされておらず、それでもこの技術に魅了され、すぐに自分のクリニックに欲しかった僕は、一般販売用の機器がないのであればシネロン社のデモ機でいいから今すぐに購入すると言って、海外送金したことを昨日のことのように思い出します。

あれから3年の月日が流れ、機器の改良にも関わってきましたが、この技術がこうして世界に認められ、大輪の花を咲かせてくれて、うれしく思います(笑)。

Img_4992

こちらの演題はCO2フラクショナルレーザーを使用した、火傷の治療について。

CO2フラクショナルレーザーの適応は増えていますが、火傷の治療やリストカットの治療、そして眼瞼(まぶた)拳上などの演題が多かったですね。

クリニックFでも、治療成績の良いものばかりです。

もう一つ興味深かった機器は、ルミナス社の新しいCO2フラクショナルレーザーである、アキュパルスです。

Img_4996

今までのスキャンモードの1ビームを、上記の様に蚊取り線香の様な照射モードにしたのがこの機種の特徴。

Img_4998

Img_4999

使用することはできませんでしたが、興味深いですね。

AADはテレビ取材も多く入ります。

Img_5059

会場の端にはテレビカメラを構えたスタッフもたくさんいましたよ。

誰かを取材する準備でしょうか?

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春⑦第70回米国皮膚科学会学会会場 

おはようございます。

今日4月2日は、日本における新年度の始まりですね。

東京は晴天に恵まれ、気持ちの良い一日となっています。

さて、昨日は、クリニックFの近くの神楽坂のゴルフコンペに出てきました。

もともと「鳥竹」さんという料理店が始めた年3回開催されるコンペで、昨日でなんと68回目。毎回約40名が参加する歴史あるコンペです。

僕にとっては事実上今年の初ラウンドでしたので、スコアは満足いきませんでしたが、思えば震災以降なんとなくゴルフから遠ざかってしまって、特に国内ではほとんどラウンドできなかったことを思えば、こうして国内でゴルフが出来るだけで幸せなことですよね。

では、今日も引き続きアメリカ・サンディエゴで2012年3月に開催された第70回米国皮膚科学会(AAD)の話をご紹介します。

**********************************************************

学会期間中もあいにくの雨。

Img_5065

雨天の下、このような感じで開催されました。

Img_5039001

Img_4848

今年の会場は、こちら。サンディエゴのコンベンションセンター。

Img_4846

窓の外、目の前には米軍基地があり、軍艦も通ります。

Img_4989

会員レジストレーションをしたのち、入口で一枚写真を撮りました。

Img_4849

会場は三階に分かれています。

一番下の階に機器展示会場が。

上層階で学会の講演会場があります。

Img_4850

Img_5004

学会展示場の地図。

今年は例年に比較しても大きいです。

展示場は、歩けど歩けど先が見えないぐらい巨大なもの。

Img_5003

しかしながら、毎年新しい技術は、小さなブースから生まれることが多く、時間をかけながら様々な新開発商材をひとつひとつ、観てゆきます。

Img_5008

白斑と乾癬の治療レーザー器であるXーTRAC。

紫外線域の光を使うと、白髪の治療もできます。

最近クリニックFの患者さんからもそうした声を聞くので、新しい機器がないかと探していると、

Img_5016

このような機器を開発しているメーカーが。

この櫛のようになっている先から、紫外線域の光が出るのです。

Img_5017

プレパラートを大量に作成するときに自動化するキット。

Img_5010

iphoneを使用して、肌の拡大写真を撮り、記録装置としても応用するソフト。

Img_5011

こちらは放射性物質を利用して、癌細胞を治療する治療器。

放射線療法をするのには、数億円の価格の機器をそろえる必要がありましたが、こちらは1800万円程度の機器。ニーズがあるかもしれません。

いくつか新しい機器を確認しながら、会場を歩きます。

Img_5026

こちらの企画はちょっとおもしろかったのですが、組織病変をいち早く見つけ、確定診断をつけるための、皮膚科的病理診断のトーナメント。

8人の医師の参加者が8台の顕微鏡が並べて、正確に診断してゆく競争です。

Img_5091

どの医師も、参加者はかなり真剣で、盛り上がっていましたよ。

各社レーザーメーカーの友人たちにも会いました。

Img_5049

米国DEKA社のデストリビューター

今月にフロリダで開催される僕の学会発表演題について打ち合わせしました。

Img_5033

韓国のルートロニック社ヘイアン社長。

彼の笑顔は健在です。

Img_5019

サイノシュア社に買収されたHOYAコンバイオ社のメドライトC6

クリニックFも、レーザートーニングのユーザーですので、今後の動向に興味があります。

Img_5047

15周年の企画で盛り上がっていたのがサイトン社

Img_5050

こちら、マーケッターのRobert Ruckです。

サイトン社のジュールというプラットフォーム機器の性能が非常に優れていますし、技術も優れていますので、クリニックFでもずっと購入を考えていますが、今のところ、ほかの機種と機能がかぶってしまうんですよね。

一つでも新しいコンセプトの波長なり、機器特徴があれば、原状のラインナップに加えやすいので、本社にもお願いしているのです。

この次のブログで、今年の学会会場で見つけた新たな機器についてコメントをアップしてゆきますね。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月31日 (土)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春⑥米国形成外科医の大御所 Steven R. Cohenのクリニック FACES+

おはようございます。

今日3月31日(土)もクリニックFの診療日です。

いよいよ本年度も最後ですね。今日は朝から風の強い東京。春先の独特な気温に雨も混じって、なんともいえないお天気です。

今日クリニックにお越しくださる患者さんにおかれましては、交通機関の遅延などもあるかと思いますので、慌てず気をつけていらしてくださいね。

僕のほうはひとつニュースが。

4月12日からインドで開催される皮膚科学会でレーザー招待講演の依頼があったのですが、ようやく学会より連絡がきました。

3度目にしてやっと実現されそうなインド訪問。

これでなんとか航空券の予定がフィックスできます。

昨日、学会よりの正式な招待状をもとにビザを申請することが出来たのですが、このインドのビザ、内容の細かいこと細かいこと・・・。

インドには、インド時間とインド常識があるのでしょうが、こちらはヒヤヒヤしますよね(苦笑)。

さて、僕のブログは先週訪れた、サンディエゴでのクリニック訪問の話。

*************************

ラホイヤでの会食の後、向かったのは、Dr.Steven R. Cohenのクリニック。

Cohen

こちらは昨年11月に開催された、横浜シンポジアで開催された「第6回日本美容抗加齢医学会」の前日の講演者会長招待の時にドクターと撮った写真です。

形成外科という学問を作った、米国形成外科医の大御所の一人。

そしてフェラーリを駆る、西海岸で経営的に最も成功した医師の一人としても有名です。

そんな彼はとても日本びいきなのですよね。

今回のサンディエゴ滞在に合わせ、何度かメールをして時間を合わせようとしたのですが、数時間の差で、残念ながらコーエン先生とサンディエゴでお会いできる日程がありませんでした。

ですが、案内をつけるので、ぜひクリニックを見学してくださいとご連絡をいただいたので、見に行ってきました。

Img_4923

NEVER LOSTというナビゲーションシステムの示すままに向かった先は、青空に映えるこんなにきれいなビル。

Img_4924

コーエン医師の表札を見つけました。

Img_4925

大きな商業ビルの入口。

コーエン先生のクリニックは二階にあります。Img_4926

受付ではにこやかに迎えてもらいました。

Img_4950

見晴らしの良い待合室の奥に進むと…。

Img_4927

Img_4930

コーエン先生が描いたという、大きな絵画が並んだ空間に出ます。

Img_4939_2

Img_4944

右の絵は、ゴルゴダの丘を十字架を持って登るキリストでしょうか?

外科医の中でも特に、形成外科医は空間把握能力が高いと思いますが、絵を描いたり、楽器を演奏したりといった、芸術家肌の人が多いですよね。

絵が沢山あると、待ち時間も楽しめますね。

Img_4934

このクリニック建築で、特徴的だと思ったのは、廊下が緩い弧を描いている点です。

このアールによってプライバシーも守られますから、空間が許せばこうしたアイディアはとても良いかもしれません。

Img_4942

窓側の部屋がすべて診察室や施術室、手術室になっています。

Img_4935

キュテラの機器が置いてありますね。

Img_4936

こちらは脂肪を凍らせるゼルティック(クールスカルプティング)です。

Img_4945

フラクセル3DUALも導入されています。

Img_4938_2

一番奥は、光がまぶしいぐらいの手術室です。

そして

Img_4937_2

コーエン先生の院長室。

クリニックの窓から見える、カルフォルニアの景色です。

Img_4948

Img_4952

この日院内を案内してくれたのが、この院内統括マネージャーの女性。

なんとコーエン先生と30年以上も仕事をしているのだとか。

もう私は60前だけれど、この通りコーエン先生のおかげで、歳を取らないでいられるのよ!

と言っていました。

クリニックFは、限られたスペースで、限定された患者さんだけを診るという、東海岸ニューヨークのアッパーイーストサイドにある隠れ家的なレーザークリニックを意識して作ったのですが、西海岸のクリニックは、東海岸と比較すると、広大な土地を利用し、スペースを生かした作りをしていますね。

次は、こんなクリニックも作ってみたいなあ。

様々なインスポレーションをもらいました。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春⑤La Jollaラホイヤの海辺でランチ

おはようございます。

今日3月30日(金)はクリニックFの診療日です。

昨日は所用で北海道に行ってきました。

あちらの気温は1度前後、花粉も全く飛んでいませんでしたが、東京は、桜もそろそろ開花の雰囲気ですね。

昨年は震災もあって、どんな桜を見たのか記憶が曖昧なくらいですが、今年は去年よりも明るい声が聞こえると良いですよね。

さて、僕のブログは先週訪れたカルフォルニア、AAD米国皮膚科学会の話です。

***********************

Dr.フィッツパトリックのクリニックを見学後、La Jolla(ラホイヤ)のビーチで食事をしました。

Img_4900

UCSD(カルフォルニア大学サンディエゴ校)のメディカルセンターが見えるすぐ先です。

Img_4897

残念ながらラホイヤについた時も曇り空。まあ、カリフォルニアでは逆に珍しいことですから、こんな空も見ることができて良い思い出になったということにしましょう。

Img_4901

ついたお店はビーチ沿いの有名店

Img_4903

眼下には太平洋が広がる場所です。

Img_4904

Img_4908

食事をしている間に少しづつですが青空が見えるようになりましたが、これが滞在期間中最後の青空となりました。

Img_4905

このレストラン。以前にも来たことがあるのですが、とても景色が良いのです。

Img_4909

こちらでこんな蕎麦をいただきました。

Img_4910

海産物が豊富で、とてもおいしかったですよ。

Img_4913

Img_4916

青空の下。最後に写真を一枚。

次は、ラホイヤの形成外科医 Dr.スティーブン•コーエンのクリニックに向かいます。

Img_4919

カルフォルニアらしい景色ですね。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春④フォトフェイシャル生みの親、Dr.Fitzpatrickのクリニック

アメリカは南カリフォルニア、サンディエゴで開催されたAAD米国皮膚科学会ですが、滞在期間中、レーザー・クリニックを2院、見学することができました。

ひとりはフォトフェイシャルの生みの親の一人、Dr.Fitzpatrickのクリニック。

Img_4854

サンディエゴからレンタカーで、リゾート地として有名なLa Jollaラホイヤまで移動します。

Img_4855

Img_4856

30分ぐらいでしょうか?

看板が見えてきましたよ。

こちらのインターを降りて、少ししたところ、大きなメディカルビルに彼のクリニックがありました。

Img_4858

Img_4892

Img_4893

クリニックの正式名称は、「Goldman Butterwick Fitzpatrick Groff & Fabi, Cosmetic Laser Dermatology」。

その名の通り、4人のドクターが集まって開業しているスタイルです。

Phlebology(静脈学)で有名な Michel P.Goldman も一度は独立してクリニックを作ったものの、またこのフィッツパトリックのところに戻ってきたのだとか。

Img_4880

ちょうどサンディエゴで開催された皮膚科学会に参加している日程と、僕たちがこちらを訪問できる日程が重なってしまったため、クリニック見学中は、こちらのどの先生ともあいにくお会いすることはできませんでしたが、見事なクリニックでした。

まず、レーザーや診療室などの資材をDrたちはここで共有することができます。

経営的にも合理的ですよね。

Img_4863

入り口を入ると、ドクターの開発した化粧品の商材がところ狭しと、並んでいます。

Img_4882

Img_4864_2

Img_4888

Img_4885

ショップとしてだけでも機能しそうな豊富なラインアップ。

これだけ並んでいると、あまりに壮観です。

スタッフの方に奥を案内してもらったのですが、レーザー室はなんと13室もありました。

Img_4877

Img_4881

Img_4878

Img_4875

それぞれの中には名だたるレーザー機器が・・・。

Img_4876_2

フラクセルリペア、アンコア・ブリッジセラピー、サイトンジュール…。

Img_4869_2

Lumenis One(ルミナスワン)

Img_4870

Isolaz(アイソレイズ)

Img_4873

サーマクールCPT

Img_4874

フラクセルリストアDUALにサイノシュア・シナジー

Img_4871_2

専門のスタッフを備えた撮影室。

Img_4872

患者さんの待合室。

Img_4865_2

こちらはフィッツパトリック先生の院長室です。

Img_4890

ここまで完璧にそろえられてしまうと、本当に見事です。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春③San Diego 痛恨のlost baggageバゲッジロスト再び

おはようございます。

今日3月26日(月)はクリニックFの診療日です。

今日も快晴。風は冷たいですが、気温もすこし上がるようですね。

さて、僕のブログは、先週訪れたサンディエゴ、米国皮膚科学会についてのお話です。

成田空港へ。

今回の出張はユナイテッドエアラインでした。

Img_4790

2010年にユナイテッド航空とコンチネンタル航空が合併して以来、新たなロゴを付けた機体も増えてきましたね。

Img_4789

ロサンジェルス経由でサンディエゴへ。

ロサンジェルスからサンディエゴまでは車で2~3-時間なのですが、帰りがサンフランシスコ経由だったのもあって、今回は飛行機を選択。

写真ではサイズ感がわかりづらいかもしれませんが、小型機での飛行です。

しかし、陸路ではなく空路を行くこの選択が、悲劇となりました…。

Img_4796

機体はサンディエゴ空港に到着したのですが、待てども待てどもターンテーブルに僕の荷物が届きません。

Img_4797

・・・ロストバゲッジです。

先日購入したTUMIのトランクは、他の場所へと飛び立ってしまったようでした。

目立つように黒のトランクではなく今回は茶色にしたのですが、TUMIのナイロン・トランクは似たものが数多くありますからね。

そして、僕の荷物の代わりに、誰も引き取り手のないトランクが4つ並んでいます。

家族連れのものでしょうか?

家族皆のトランクが届かなかったというのも、これもまたかわいそうですよね。

とりあえず、担当者を呼び出し、ロサンジェルスのトランジットで確認したはずの荷物が届いていないことを伝え、サンディエゴの滞在先ホテル名を書き、手続きするだけで1時間弱。

Img_4801

足取り重く、サンディエゴ空港を去りました・・・。

こういうことがあると、陸路と空路の選択肢がある場合は陸路をとるほうがリスクは少ないだろうと思うのですが、飛行機好きな僕はついつい空路を選択しがちです(苦笑)。

Img_4802

サンディエゴは、いつ来ても快晴で暖かいというイメージだったのですが、今回は寒いようなお天気。

青い空も長く続かず、雨雲が空を覆います。

冬着はトランクの中。

移動中、トランクがないというのも身軽ではありましたが、寒さと相まってちょっとさびしかったですね(笑)。

Img_4804

とは言え、大好きなサンディエゴの街が近づくと、気分も高揚してきます。

Img_4806

タクシーの車窓から、見えてきたのは現在博物館になっている空母ミッドウェイです。

Img_4961

Img_4805

空母ミッドウェイといえば、80年代に横須賀基地に寄港する問題でメディアを賑わせましたよね。

神奈川県出身の僕としては、良くも悪くも印象に残る名前でした。

学会会場横のホテルにチェックインして、まずはサンディエゴ中心にある、ショッピングモールに衣類の買い出しに行きました。

Img_4814

この場所は、サンディエゴに来たことのある人ならば、誰でも知っているのではないでしょうか(笑)?

Img_4815

食材売り場にも行きました。

さすがサンディエゴ。

Img_4818_2

海産物がたくさんです。

Img_4817

こんなのもいました。

どう料理するんでしょう…。

Img_4800

部屋に届いていた新聞を読みながら、学会に備えます。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

■アメリカ・サンディエゴ出張2012春②第70回AAD米国皮膚科学会総会 in サンディエゴ

米国皮膚科学会に参加中です。

428003_3570989081832_1486146253_329

こちらが舞台となったコンベンションセンターです。

年間360日晴天が続くサンディエゴですが、不運なことに週末は大雨でした。

418557_3581471983898_1486146253_329

こちら、色素性疾患のセッションが終わったところの写真です。

大きなスクリーンが三つ。

雰囲気がわかりますか?

肝斑のセッションでは、ハイドロキノンや低出力のレーザートーニングの使用について、意見が割れていましたが、どちらも理論武装してきます。

こうした専門医達のディスカッションの理論展開を聞くのは、理論構築の側面でも非常に勉強になりますね。

今年は景気が少し上向きになったのか、昨年のニューオリンズに比べると活気がありました。

展示会場もご覧ください。

417149_3581493104426_1486146253_329

広い! のです。

リーマンショック前もこんな感じだったのですが、あまりに広くて、会場の端が見えません(笑)。

講演の合間に展示場をまわりましたが、展示も多く、今日一日で半分しか観ることができませんでした。

新しいレーザー機器なども発表されていましたが、今年はボディに関する機器が沢山販売されているのが目につきました。

各社で自社開発するか、技術を持った会社を買収するかで、数が揃ってきたようですね。

会場を歩いていると、知り合いが何人も話しかけてきてくれます。

数万人の参加者がいる中、会場を歩いていると、遠くからでも僕のことを見つけてくれるものですから、嬉しい限りです。

昼食でダウンタウンのメキシコ料理店にいると

「ドクターフジモト!」

と女性の声が....。

一昨年上海交通大学病院でレーザーの講演をしたときに、僕の英語を中国語へ通訳をしてくれた女医さんでした。

今晩も、サンディエゴ在住のドクターに、近くに良いダンスクラブがあって、夜中までパーティーをやっているから踊りに行こうと誘われましたが、時差ぼけだからなあ...。

食事してそのあと元気があったら電話するよと伝えておきました。

さて、これから夜の会食に行ってきます。

世界最先端のレーザー情報がわかる

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  EADV ヨーロッパ皮膚科学会 インディバ社 クリニック フェラーリドライビングコース ピロタレーシング プラズマ治療 ボディのための医療機器 レーザーの歴史 レーザー・光治療  レーザー・超音波治療 ウルセラ レーザー光治療機器辞典 レーザー治療 eマトリックス レーザー治療 たるみ レーザー治療 サーマクール レーザー治療 シミ レーザー治療 トリニティ レーザー治療 ドラッグデリバリー レーザー治療 ニキビ跡 レーザー治療 フラクセル レーザー治療 マドンナリフト レーザー治療 毛穴 レーザー治療 肝斑 世界のフェルメール絵画訪問記 世界の半島巡り 今日の僕 今朝のクリニックFの音楽 再生医療 化粧品 医工学部のススメ 医療 医療RF開発会社 インディバ社 医療 痛みのコントロール 医療レーザー開発会社 DEKA社 医療レーザー開発会社 アルマレーザー社 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 医療レーザー開発会社 キュテラ社 医療レーザー開発会社 サイトン社 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 医療レーザー開発会社 シネロン社 医療レーザー開発会社 バリアント社 医療レーザー開発会社 パロマ社 医療レーザー開発会社 フォトナ社 医療レーザー開発会社 ルミナス社 医療レーザー開発会社 ヴィーナスコンセプト社 医療政策(海外諸国の医療政策)  国際学会 アジア カンボジア編 国際学会 アジア・インドネシア編 国際学会 アジア・インド編  国際学会 アジア・シンガポール編 国際学会 アジア・タイ編 国際学会 アジア・ベトナム編 国際学会 アジア・マレーシア編 国際学会 アジア・中国 上海編 国際学会 アジア・中国 北京編 国際学会 アジア・中国 深圳編 国際学会 アジア・中国 澳門編 国際学会 アジア・中国 香港編 国際学会 アジア・台湾編 国際学会 アジア・韓国編 国際学会 アジア編 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 国際学会 アフリカ・エジプト編 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 国際学会 オセアニア編 国際学会 中南米 アルゼンチン編 国際学会 中南米 ペルー編 国際学会 中南米 メキシコ編 国際学会 中東 UAE ドバイ 国際学会 中東 イスラエル編 国際学会 北米 アリゾナ編 国際学会 北米 オーランド編 国際学会 北米 カナダ編 国際学会 北米 コロラド編 国際学会 北米 サンディエゴ編 国際学会 北米 サンフランシスコ編 国際学会 北米 シカゴ編 国際学会 北米 テキサス編 国際学会 北米 デンバー編 国際学会 北米 ニューオリンズ編 国際学会 北米 ニューヨーク編 国際学会 北米 ハワイ編 国際学会 北米 バミューダ編 国際学会 北米 フィラデルフィア編 国際学会 北米 フロリダ編 国際学会 北米 ボストン編 国際学会 北米 ボルチモア編 国際学会 北米 マイアミ編 国際学会 北米 ラスベガス編 国際学会 北米 ロサンジェルス編 国際学会 北米 ワシントンDC編 国際学会 日本編 国際学会 欧州 イギリス編 国際学会 欧州 オランダ編 国際学会 欧州 オーストリア編 国際学会 欧州 ギリシア編  国際学会 欧州 クロアチア編 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 国際学会 欧州 スイス編 国際学会 欧州 スウェーデン編 国際学会 欧州 スロヴェニア 国際学会 欧州 セルビア編 国際学会 欧州 チェコ編 国際学会 欧州 デンマーク編 国際学会 欧州 トルコ編 国際学会 欧州 ドイツ編 国際学会 欧州 フィンランド編 国際学会 欧州 ブルガリア編 国際学会 欧州 ベルギー編 国際学会 欧州 ポルトガル編 国際学会 欧州 ポーランド編 国際学会 欧州 モナコ編 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 国際学会 欧州 ルーマニア編 国際学会 欧州 仏ニース編 国際学会 欧州 仏パリ編 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 国際学会 欧州 伊シチリア島編 国際学会 欧州 伊トリエステ 国際学会 欧州 伊ナポリ編 国際学会 欧州 伊パドヴァ 国際学会 欧州 伊パルマ編 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 国際学会 欧州 伊ミラノ編 国際学会 欧州 伊モデナ編 国際学会 欧州 伊リミニ編 国際学会 欧州 伊ローマ編 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 国際学会 欧州 独ドレスデン 国際学会 欧州 独バイロイト 国際学会 欧州 独フランクフルト 国際学会 欧州 独ミュンヘン 国際学会 欧州 独ライプティヒ 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 国際学会 欧州 露モスクワ編 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 国際学会番外 イースター島編 国際学会番外 北朝鮮 工学部博士課程 教育 文化・芸術 日本の祭り 映画・テレビ 書籍・雑誌 水光注射 メソセラピー 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 痛みに効く音楽 痩身 ダイエット AC BODY 紫外線 近赤外線 遮断剤 経営学 自律神経 色素沈着 薬学系研究室 薬学部博士課程 西洋医学とアロマセラピー 電解還元水 機能水 音楽 オペラ 音楽 クラシック 音楽 バレエ 音楽 ミュージカル 食事 グルメ 料理  LED治療