カテゴリー「国際学会 欧州 伊ナポリ編」の8件の記事

2011年12月 3日 (土)

■英国〜イタリア出張2011秋⑯ パレルモ行き飛行機の欠航と卵城

おはようございます。

明日からはまた気温が上がると聞いていますが、今日は雨ですね。

今日12月3日(土)はクリニックFの診療日です。

先週訪れたイタリア出張記ですが、もう少しですので書き上げてしまいますね。

529

ナポリのサンカルロ劇場でオペラを楽しんだ翌朝。

朝7時半にナポリから出る、シチリア島パレルモ行きの飛行機に乗るため、ホテルを早朝に出ます。

489

この通り、外はまだ真っ暗です。

490

492

タクシーに乗りナポリ空港に着き、チェックインカウンターへ。

すると、

「今日のパレルモ行の飛行機は、土曜日なのでキャンセルとなりました。」

と、言うではないですか!

「??? それではどうしたらいいのですか?」

と聞くと、

「午後1時半まで待てばパレルモ便があるのでそれに乗るか、または朝の便で一旦ローマに向かい、ローマからパレルモ便に乗るか、どちらか選んでください。」

と言うのです。

ローマ経由のほうが少し早く着いたので、そちらを選択するといったのですが、さんざん待たされた挙句、ローマ~パレルモ便が満席でローマに着いても乗れないことが判明。

仕方がないのでホテルに戻り、午後の便で飛行機が飛ぶまで待つことに。

そして、この時間を使ってホテルの目の前にある「卵城」の見学に行くことにしました。

498

502

卵城(Castel dell'Ovo)は、ナポリはサンタルチア港の小島に作られた要塞。

11世紀にノルマン人がこの要塞を築く時に、工事の基礎に卵を据え、この卵が割れる時にはナポリに危機が訪れると呪文がかけられたのが、伝承されたのだそうです。

ナポリには何度か来ていますが、機会がなかなかなくてこちらの見学をしたことがなかったんですよね。

500

近くに寄って気づいたのは、かなり巨大な要塞であること。

501

この石壁を観てください。

503

522

内部は街の様な造りになっています。

504

508

お城のところどころから海が見える景色は印象的ですが、これは平和の時代だからこその感想なのでしょうね。

517

屋上には砲台が据えられています。

海を見下ろしましたが、高さが分かりますね。

512

513

カモメもたくさん飛んでいました。

朝が早かったので、漁に出ている人もいましたよ。

523

525

本来だったらこの方角にヴェスビオ火山が見えるのですが、朝の霞で見えませんでした。

526

シチリア島の観光の機会を失ってしまったのは残念でしたが、サンタルチアの港を散歩出来たのは良かったです。

再び空港に向かい、午後のパレルモ行きの便に乗りました。

535

旅の最終地、シチリア島パレルモに向かいます。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

■英国〜イタリア出張2011秋⑭ ナポリのガッレリアとサンカルロ劇場

おはようございます。今日12月1日(木)はクリニックFは休診日です。

今朝の東京は雨も降り、冷え込みましたね。冬本番が見えてきたような。

僕はいつもより静かなクリニックに篭ってたまった依頼原稿や、工学部論文などの宿題を仕上げようと思っています。

ブログのほうは、もうすこしイギリス~イタリア出張記にお付き合いください。

*******************************************

アマルフィ~ポジターノまでのドライブから、とんぼ返りでナポリに帰り、その夜。

オペラのチケットをとっています。

サンドイッチの軽食をとって、ホテルからサンタルチア通りを歩き、サンカルロ劇場に向かいます。

403

487

サンタルチア通りには、ナポリの地図がありました。

途中のプレビシート広場。484

向こうにサンフランチェスコ・ディ・パラオ聖堂があります。

サンカルロ劇場が見えてきましたよ。

407

410

本日の公演はロッシーニの「セミラーミデ」です。

411

413

440

このサンカルロ劇場の正面にはウンベルト1世のガッレリアがあります。

441

左手が劇場。右手がガッレリアです。

このガッレリアはミラノのものを、少し小さくしたような感じ。

414

ですが、かなり立派な造りです。

431

ちょうど中央にはクリスマスの飾りがあります。

419

432

綺麗ですね。

ふと目を落とし、中央の床にあるモザイクを観てみると、どうも12星座のようです。

434

こちら魚座。

435

これはさそり座ですね。

424

人だかりがあるのでそちらにも行ってみると、何やら音楽のバンドのテレビ撮影している現場にも遭遇しました。

しばし演奏を聴いていたのですが、時間が近づいてきましたので、サンカルロ劇場に向かいます。

438

ガレリアの正面に見えるのが、サンカルロ劇場です。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

■英国〜イタリア出張2011秋⑪ナポリの夜明け

今日11月29日(火)も東京・四谷にあるクリニックFで診療をしています。

朝から懐かしい知人が来てくれたり、今日も賑やかで時間があっという間ですね。

さて、またすこしイタリアの出張記におつきあいください。

***************************

ナポリの夜明け。

495

綺麗ですね。

季節も国も違いますが、清少納言の

「春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる。 」

というのはこのような情景なのかなと、ふと思ったりもしました。

素晴らしい日本語表現力ですよね。

228

夜空が明けてきます。

230

太陽も見えてきましたよ。

231

新しい一日が始まります。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

■英国〜イタリア出張2011秋⑩ イタリア ナポリ 卵城 サンタルチア

イタリアはナポリに移動してきました。

今回用意してもらった宿泊先は、卵城のすぐ目の前。

191

192

198

この地区はサンタルチアと呼ばれます。

200

ポンペイの街を埋め尽くしたヴェスビオ火山が綺麗に見えますね。

239

201

夕暮れ時。

213

223

225

こちらはホテルの屋上からのヴェスビオ火山のビュー。

息をのむような素晴らしさです。

222

綺麗な夕日が見えました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

■英国〜イタリア出張2011秋④ ナポリに着きました

ナポリに移動してきました。

178

183

空港の荷物のターンテーブルには、ナポリのサン・カルロ劇場の広告が。

184

明日の夜にロッシーニのオペラ「セミラーミデ」のチケットをとっています。気持ちが盛り上がりますね。

空港でミッションの小型車を借りて、移動に使う事にしました。

377

レンタカーを借りる時に

「地図をもらえないか?」

と言ってみたところ、

「どうぞ、どうぞ!」

と陽気なイタリアの笑顔で出てきた地図は、大きな紙一枚に描かれたイタリア全土の地図(苦笑)。

冗談かと思いましたが、これしか用意がないとのこと。

東京に初めて来た外国人に、日本地図を渡すようなものですよね...。

仕方がありません。

場所は何となくわかっていたので、運転はなんとかしたのですが、小型車がばんばん飛ばす高速を走り、さらに

187

186

こうした石畳の街を、日本とは違うマナーで走るドライバーにペースを合わせて走るのはけっこう大変。

なんとかホテルにたどり着くことができて、ほっとしましたよ。

376950_2669469784413_1486146253_293

ただ、一旦ホテルについてしまうとこの通り、素晴らしい景色。

ナポリの卵城の目の前で、陽光を浴びながら豊富な海産物やハム、チーズ、果物等を頂きました。

527

209

料理の一部を。

210

217

220

218

219

384536_2669270659435_1486146253_293

これから打ち合わせに向かいます。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

新製品 SPHEROFILL

005今日は終日ばたばたで、深夜を回ってしまいましたが、朝の答えを書いておかないといけませんね。

受付に今置いている黒くて丸い機器は、「SPHEROFILL」というイタリア製の新機器です。

この機器は、フィラー注入時に使用するのですが、今までなかった全く新しいカテゴリーの機器と言えます。この機は、まさに日本に上陸した一号機。

002春にモナコを講演で訪れた際、プロモイタリア社から講演のお礼という事で贈呈されたのですが、この様にヒアルロン酸などのシリンジを装着して使います。

003 ヒアルロン酸やレディエッセなどのフィラー注入時に、この機器を装着して併用することで、

通常のヒアルロン酸を注入するとともに、針の先端より照射されるRFによって、コラーゲンやエラスチンの増生を促すという一石二鳥の施術ができる機器なのです。

004 発想が面白いでしょう?

フォルムも可愛らしく、日本人にはなかなかないアイディアだよな・・・と思うんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

ナポリ プロモイタリア本社にて

フランスの学会EMAAで出会ったプロモイタリアという医薬品会社より招待を受けて、ナポリの本社で、メソセラピーのトレーニングを受けることになりました。

Fi219_3e_1

ナポリに二日間、ローマに一日滞在し、二人のドクターの指導を受けることになったのです。イタリアの特にナポリは全く英語の通じない地域です。道を聞くにも、イタリア語が全く分からず、困りました。プロモイタリアのスタッフのうち数人は英語がしゃべれたので、助かりました。

 

Fi219_0e_2

プロモイタリアのスタッフたちと

 

Fi219_1e_1

ドクターバニーニは、気さくなイタリア人です。ナポリ近郊でメソセラピーとカルボキシセラピーをもう20年近くやっています。バニーニはイタリア語しかしゃべれないので、英語の通訳がつきました。でも彼女の英語もイタリア語なまりなんですよね。ブリティッシュの英語を聞いてきたばかりなので、最初は戸惑いました。バニーニは患者をしっかりと診察して、いろいろと説明してくれます。朝から夜遅くまで、患者を診ながらハードなトレーニングが続きました。

 

Fi219_2e_1

トレーニングを行った場所で、バニーニと患者さん、そして通訳さんと。 僕の撮った写真は女性のお腹やお顔に注射をしている写真ばかりなので、割愛しますが、この二日間に合計12人ぐらいの患者さんを集めてくれました。 2005年11月14日にホテルニューオータニ紀尾井町倶楽部でメソセラピー学会のサテライトが行われましたが、バニーニはこのときに日本に招待講演に来て、クリニックを訪問してくれました。

 

Fi219_3e_1_2

トレーニング最終日はローマです。ナポリを朝早くに出発して、300km離れているローマに車で移動します。雨だったのですが、途中バチカンに立ち寄りました。サンピエトロ寺院の前で、写真だけ撮りました。この寺院にも12年前に訪れたことがあります。

 

Fi219_4e_1

Dr.Forenzaのオフィスはビルの中にあります。もう20年以上もアンチエイジング医療を続けています。若いときにアメリカ留学をしていたときがあったそうで、流暢な英語をしゃべります。

 

Fi220_1e

顔の中にVITAJALという総合ビタミンとすべてのアミノ酸が含まれたエキスを注射しています。 アミノ酸は皮下にあるコラーゲンの原料になりますので、まさに若返りのエキスです。化粧品業界は、より浸透効率の良い商材を開発する努力をしていますが、やっぱり注射して肌の中に入れてしまうのが手っ取り早いでしょうね。

 

Fi220_2e

Dr.Forenzaのオフィスでおいしいマティーニをご馳走になりました。二人とも、ちょっと顔が赤いですね。

 

Fi220_3e

テーブルを見ていたら、Dr.Forenza の2005年のEMAAの参加証が出てきました。ということは、たった2週間前に僕も彼女もお互いパリにいたのですね。(笑)

 

Fi220_4e

5日間滞在したナポリのホテルともお別れです。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

カプリ島観光

ロンドン・ヒースロー空港からナポリ空港に移動しました。

目的はメソセラピーのトレーニングで、プロモイタリアの用意してくれたホテルに移動したのです。

ナポリと聞いて、観光が出来るかと出発前から楽しみにしていたのですが、着けばなんとナポリとは名ばかりのど田舎。周りにレストランはないし、食料品店もない。高級ホテルのレストランで、一人食事する気にもなんとなくなれず、ポテトチップスをお酒とともに部屋でぼりぼりやりました。

しかし、ホテルから見える景色は絶景です。ああ、この感動を共感できる誰かと来ればよかった。

Fi217_0e

翌日は日曜日なのでプロモイタリアは休みだそうです。 担当のアンナに電話すると、「明日はどこかに観光に行ってくれ」とのこと。

Fi217_1e

なんていい加減な国だ。でもイタリア人の良い意味でのいい加減さは、日本人が学ばなければならないところなのかもしれません。どこか観光でお勧めはあるかと聞いても、ナポリはどこでも美しいという答えしか返って来ません。 12年前にナポリとポンペイを訪れたときに、出会ったイタリア人誰もが口を揃えてすばらしいところだと言っていた、カプリ島の青の洞窟を見に行こうと思いつきました。ローマ皇帝アウグストゥスがその美しさに魅了され、トムクルーズもついに別荘を購入したというカプリ島。カプリに行ったというと、イタリア人誰もが“Ah! Capri!”と羨ましそうな顔をします。

Fi217_2e

サンタルチア港から卵城を望む

かつて漁村として栄えたこの土地は、今では高級ホテルが立ち並ぶ一大リゾートとなっています。港に突き出たように建つのはノルマン王による12世紀の卵城。その裏にヴェスーヴィオ火山がうっすらと見えます。

そしてその手前には西暦79年の噴火で、火山灰に埋没してしまったミステリーの街、ポンペイがあります。サンタルチアの海岸線からのすばらしい景色です。

ところで、皆さんはフニクリフニクラの歌を覚えていますか?? ヴェスーヴィオ火山は、この歌のテーマなのです。

赤い火を吹くあの山へ 登ろう登ろう

そこは地獄の釜の中 のぞこうのぞこう

登山電車が出来たので 誰でも登れる

流れる煙は招くよ みんなをみんなを

行こう行こう火の山へ 行こう行こう火の山へ

フニクリフニクラ フニクリフニクラ

誰ものる フニクリフニクラ

行こう行こう火の山へ 行こう行こう火の山へ

フニクリフニクラ フニクリフニクラ

誰ものる フニクリフニクラ

 

この歌の歌詞を読んで、何か気付きませんでしたか?? 

もしかしたら、この歌、世界で最も古いPR・コマーシャルソングなのではないでしょうか?? 世界の誰もがこの歌を知っていますよね。子供の頃からなんとなく聞いていたのですが、とても行きたくなりました。次の機会に訪れたいと思います。

ちなみに“フニクラーレ”はイタリア語でケーブルカーのことです。

Fi217_3e1016

こんな船でカプリ島に渡ります。

1016

カプリ島から小さな船に乗って30分ばかり移動して、さらに小さな手漕ぎボートに乗せられます。小さな穴の中をボートで進んだ先に広がったのが、青の洞窟です。

もう信じられない景色です。海の中に入った太陽光線のうち、青のスペクトラのみが反射するのです。この洞窟は天気が悪かったり、満潮や、波が高い時は、閉鎖されています。この洞窟に入るために数日カプリに通う人もいるとか。今日は晴天で、午前中にあっさりとこの洞窟に入ることが出来て、日ごろの行いの良さ??に感謝しました。

しかし、この洞窟を最初に発見した人物はどんなに感動したことでしょう。

 

Fi218_0e

ソラーロ山からの絶景です。

Fi218_1e

カプリから見る景色

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  | EADV ヨーロッパ皮膚科学会 | インディバ社 | クリニック | フェラーリドライビングコース ピロタレーシング | ボディのための医療機器 | レーザーの歴史 | レーザー・光治療  | レーザー光治療機器辞典 | レーザー治療 eマトリックス | レーザー治療 たるみ | レーザー治療 サーマクール | レーザー治療 シミ | レーザー治療 トリニティ | レーザー治療 ドラッグデリバリー | レーザー治療 ニキビ跡 | レーザー治療 フラクセル | レーザー治療 マドンナリフト | レーザー治療 毛穴 | レーザー治療 肝斑 | 世界のフェルメール絵画訪問記 | 世界の半島巡り | 今日の僕 | 今朝のクリニックFの音楽 | 化粧品 | 医工学部のススメ | 医療 | 医療RF開発会社・インディバ社 | 医療 痛みのコントロール | 医療レーザー開発会社 DEKA社 | 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 | 医療レーザー開発会社 サイトン社 | 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 | 医療レーザー開発会社 シネロン社 | 医療レーザー開発会社 ソルタメディカル社 | 医療レーザー開発会社 パロマ社 | 医療政策(海外諸国の医療政策)  | 国際学会 アジア カンボジア編 | 国際学会 アジア・インドネシア編 | 国際学会 アジア・インド編  | 国際学会 アジア・シンガポール編 | 国際学会 アジア・タイ編 | 国際学会 アジア・ベトナム編 | 国際学会 アジア・マレーシア編 | 国際学会 アジア・中国 上海編 | 国際学会 アジア・中国 北京編 | 国際学会 アジア・中国 深圳編 | 国際学会 アジア・中国 澳門編 | 国際学会 アジア・中国 香港編 | 国際学会 アジア・台湾編 | 国際学会 アジア・韓国編 | 国際学会 アジア編 | 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 | 国際学会 アフリカ・エジプト編 | 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 | 国際学会 オセアニア編 | 国際学会 中南米 アルゼンチン編 | 国際学会 中南米 ペルー編 | 国際学会 中南米 メキシコ編 | 国際学会 中東 UAE ドバイ | 国際学会 中東 イスラエル編 | 国際学会 北米 アリゾナ編 | 国際学会 北米 オーランド編 | 国際学会 北米 カナダ編 | 国際学会 北米 コロラド編 | 国際学会 北米 サンディエゴ編 | 国際学会 北米 サンフランシスコ編 | 国際学会 北米 シカゴ編 | 国際学会 北米 テキサス編 | 国際学会 北米 デンバー編 | 国際学会 北米 ニューオリンズ編 | 国際学会 北米 ニューヨーク編 | 国際学会 北米 ハワイ編 | 国際学会 北米 バミューダ編 | 国際学会 北米 フィラデルフィア編 | 国際学会 北米 フロリダ編 | 国際学会 北米 ボストン編 | 国際学会 北米 ボルチモア編 | 国際学会 北米 マイアミ編 | 国際学会 北米 ラスベガス編 | 国際学会 北米 ロサンジェルス編 | 国際学会 北米 ワシントンDC編 | 国際学会 日本編 | 国際学会 欧州 イギリス編 | 国際学会 欧州 オランダ編 | 国際学会 欧州 オーストリア編 | 国際学会 欧州 ギリシア編  | 国際学会 欧州 クロアチア編 | 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 | 国際学会 欧州 スイス編 | 国際学会 欧州 スウェーデン編 | 国際学会 欧州 スロヴェニア | 国際学会 欧州 セルビア編 | 国際学会 欧州 チェコ編 | 国際学会 欧州 デンマーク編 | 国際学会 欧州 トルコ編 | 国際学会 欧州 ドイツ編 | 国際学会 欧州 フィンランド編 | 国際学会 欧州 ブルガリア編 | 国際学会 欧州 ベルギー編 | 国際学会 欧州 ポルトガル編 | 国際学会 欧州 ポーランド編 | 国際学会 欧州 モナコ編 | 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 | 国際学会 欧州 ルーマニア編 | 国際学会 欧州 仏ニース編 | 国際学会 欧州 仏パリ編 | 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 | 国際学会 欧州 伊シチリア島編 | 国際学会 欧州 伊トリエステ | 国際学会 欧州 伊ナポリ編 | 国際学会 欧州 伊パドヴァ | 国際学会 欧州 伊パルマ編 | 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 | 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 | 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 | 国際学会 欧州 伊ミラノ編 | 国際学会 欧州 伊モデナ編 | 国際学会 欧州 伊リミニ編 | 国際学会 欧州 伊ローマ編 | 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 | 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 | 国際学会 欧州 独ドレスデン | 国際学会 欧州 独バイロイト | 国際学会 欧州 独フランクフルト | 国際学会 欧州 独ミュンヘン | 国際学会 欧州 独ライプティヒ | 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 | 国際学会 欧州 露モスクワ編 | 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 | 国際学会番外 イースター島編 | 工学部博士課程 | 教育 | 文化・芸術 | 日本の祭り | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 水光注射 メソセラピー | 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 | 痛みに効く音楽 | 痩身 ダイエット AC BODY | 経営学 | 自律神経 | 薬学系研究室 | 薬学部博士課程 | 西洋医学とアロマセラピー | 電解還元水 機能水 | 音楽 オペラ | 音楽 クラシック | 音楽 バレエ | 音楽 ミュージカル | 食事 グルメ 料理  | LED治療