カテゴリー「医療レーザー開発会社 サイノシュア社」の5件の記事

2013年10月21日 (月)

大阪出張 インターンシップ レブライトとメドライトの比較

おはようございます。

今日は10月21日(月)。クリニックFの診療日です。

昨日は大阪の梅田阪急にて、読売新聞主催の市民セミナーでパネル・ディスカッションの機会を頂きました。

そのまま大阪に残り、夜は機器メーカーとの打合せを行い、新大阪駅前のホテルで宿泊し、今朝の新幹線で東京に帰ってきました。

また新しい一週間の始まりです。

今週はクリニックFで高校生のインターン=学外実習体験の受け入れも行っています。

出勤後、学生さんに30分ぐらい業務についての説明をしてから診療に入りました。

インターンシップというのは、とても良い試みですよね。

未来を背負う学生の方々には、学校の中で学べることを存分に学んだ上で、学校の外で学べることに対して我々大人がなんらかの機会を与えることが出来たなら、非常に有意義なことだと思っています。

世界では日々様々なことが起きていますが、日本人の最大の武器の一つは勤勉であること。労を惜しまず、時間を守り、コツコツと小さなものを積み重ねて土台をしっかり作りこんだ上で、謙遜と謙譲が出来ること。

この国で生まれ暮らしていると自然と身に付く特色を生かしながら、どう力を蓄え社会人になっていくのか。

そんな若者たちのサポートを自分も微力ながらできれば嬉しく思います。

※※※

さて、レーザーの話をひとつ。

Img_3013

こちらのレーザー機器(右)は、今月導入されたQスイッチヤグレーザーの「レブライト」という機器です。

メドライトC6 レーザートーニングは肝斑治療で広く使用されてきましたが、「レブライト」はその機種の上位機種。

日本では初めての導入となります。

さっそく機器テストを始めていますが、全く同じ機能を持つレーザートーニング以外に、

■585nmと650nmの特殊な波長のハンドピース

■PTPモードと呼ばれる肌再生のための照射方法

などなど多くの照射プログラムがあり、どの組み合わせが良いか研究してゆくのも楽しそうですね。

この機種レブライトは、今後Qスイッチレーザーがピコ秒に移行するのであればナノ秒Qスイッチレーザーの最終系ではないかと、アメリカでは言われています。

いろいろな使用法を試してみたいです。

今月5回予定のあった講演のうち、4回が終了しました。

今週末開催の株式会社JMECのトータルアンチエイジングセミナーの講演が最後となりますが、今週も気持ちを引き締めて頑張っていこうと思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

サイノシュア社のパロマ社買収の速報

おはようございます。

今日3月19日はクリニックFの診療日です。

昨晩は米国医療レーザーメーカーのサイノシュア社が老舗レーザーメーカーであるパロマ社を買収するというニュースが飛び込んできました。

こちらは報道するREUTERSの記事です。

Cynosure Inc said it agreed to buy aesthetic laser device maker Palomar Medical Technologies Inc for about $294 million in cash and stock.

2社はボストン周辺に本社を構える会社。

サイノシュア社は、古くはキャンデラ社の技術開発者であった日系アメリカ人であるフルモト博士らが独立してつくったレーザーメーカーで、日本では1990年代終わりにアレキサンドライト波長の脱毛レーザーであるLPIRが爆発的なヒットをしました。

最近では アファームマルチプレックス、アコレード、エリートなどクリニックFにもラインナップがある機種を販売している、プロユースのレーザー機器メーカーとして知られています。

ここ数年はイタリアDEKA社の脂肪溶解レーザーの技術を取り入れ、ボディ痩身用の機器を販売し、業績を上げてきた、現在非常にキャッシュリッチな会社です。

2011年にもサイノシュア社はHOYAコンバイオ社を買収し、QスイッチNd:YAGレーザー機器のゴールデンスタンダードとも言える、メドライトC6とレブライトを手中に収めました。

つい先日のマイアミビーチの米国皮膚科学会でも、ピコ秒レーザー機器を発表し、大きなブースを構えていました。

一方の買収されたパロマ社も、光治療器のコンタクトクーリングシステムや、フラクショナルレーザーの特許技術を持つ老舗のひとつ。

クリニックFでもスターラックスMAXGやコンプレッションフラクショナル1540XDが活躍していますし、現在脂肪溶解の機種としても924nmと975nmの波長を使用したスリムリポという機器を販売しています。

噂は前からあったのですが、2009年に新興のシネロン社が老舗のキャンデラ社を買収した時の様に、実際に買収されるとなると衝撃ですね。

パロマの名前もメジャーですので、シネロン/キャンデラ社として、キャンデラの名前を残した様に、サイノシュア/パロマ社として名前が残るのでしょうか?

M&A後の100日で、その後の企業の行く末が決まると言いますが、本社も同じ地域ですし、サイノシュア社(レーザー技術)とパロマ社(光技術)という二社の得意な技術分野が合わさると業界に大きく変化が起こる可能性もあります。

注意深く見守ってゆこうと思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

米国CYNOSURE社の社員の方々とのお昼

026 初めてボストンのサイノシュア本社に行った僕を、社員の方々が食事に招いてくれました。

バンブーという日本料理+中華料理を合わせたようなお店。

車で移動しました。

027 僕が選んだのは、日本料理のビュッフェスタイルだったのですが、味も良かったですね。

レーザーの話をして、皆で楽しく会食しましたが、ここで話題になったのは、やはりリーマン・ブラザーズ破綻のことと、アメリカの大統領選のことでしたね。

民主党のオバマと共和党のマケインのどちらが勝てば、経済が良くなるのだろう??なんて議論しました。やっぱり気になっているのですね。

一般的に共和党と民主党は、特に三つの社会的価値観ー「銃規制」「生命倫理」「同性愛者の結婚」(民主党は賛成、共和党は反対)ーを巡って対立しているといわれています。大統領選の時にはこうした社会的価値観も争点になるのです。

さらに民主党はいわゆる中央権力が大きく、徴税も多い「大きな政府」、共和党は民間に移管して「小さな政府」を目指しています。

民主党は、自分達が「民主主義の実験国家」をであるアメリカの本流であると自負があり、大義を認めない戦争には反戦を行い、大義を認めた戦争には積極的に支援するという、「強いアメリカ」を信念を持って自己肯定するような気風を感じます。経済政策もケインズ的な政策ですね。

反対に小さな政府を目指す民主党は、民間に任せる部分は民間に任せ、その分だけ税負担を軽減するという「規制緩和」と「自由競争」を尊重するわけです。世の中を支配する絶対的な信念など無いといった「懐疑」から生まれた政策ですね。

先日読んだ本で、「民主党のアメリカと共和党のアメリカ」という本がありました。ニュージャージー在住の著者が、両党の違いを非常に解りやすく解説していましたので、ご興味ある方はお勧めです。

028 最後に記念写真を撮りましたが、本当に緑の多い、きれいな場所でした。

とても良くしてくださった、サイノシュア社員の方がたへ、ここでもお礼を述べさせていただきます。

ありがとうございました。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

レーザー・ミュージアム

010_2 僕はこのサイノシュア社の本社に初めて訪れたので、技術のトップが社内ツアーをしてくれるとになりました。

011

社内には今までサイノシュア社が生み出したヴィンテージ物のレーザーがずらり。

014懐かしい機械も多く、レーザーマニアの僕としてはまさに垂涎の場所でしたよ(笑)。

012 細かく分かれた部屋には、開発中のレーザー機器が並んでいます。

017 こちらはクリニックFにもあるアファームの先端の消耗品チップを作っているセクションです。

015一つ一つが手作りで、慎重に作業が進められていきます。仕事が丁寧なのがよくわかり、とても好感を持ちました。

こういった場所でレーザーが組み立てられていくのを見ると、愛着がわきますね。

019 そして出荷前のアファームの最終検査室。

検査に合格すると、僕の左にあるような木箱に入り、世界中に出荷されるわけです。

022 そろそろツアーも終わろうとしているとき、偶然経理のトップが通りかかったので紹介されました。

僕の名刺を出すと、名前を確認して本当にびっくりしています。

「どうしたの?」と聞いたところ、

「実はちょうどさっき、日本から届いたレーザーの注文書のドクターの名前が、この名刺に書いてあったんだ…。」

本当に偶然にも、数日前に日本を出るときに、僕はサイノシュア社の「エリート」という脱毛レーザー機の注文書を日本のサイノシュア支社に出したところだったのです。

「エリート」は僕の前のクリニックでも使用していたのですが、アレキサンドライトとNd:YAGレーザーの複合機で、現状販売されている機器の中では最も脱毛効率の高いレーザーだと僕は考えています。

今まで僕は、何種類もの脱毛レーザーを使用してきました。クリニックFに関しては、「肌質を改善するレーザー専門クリニック」というコンセプトだったので、本格的な脱毛レーザー機種は入れていなかったのですが、患者さんの脱毛ニーズが高まってきて、やはり一台購入しておこうと思っていたところ、選択肢に上がったのがこの脱毛機「エリート」だったのです。

このレーザーのメリットは、通常はできないといわれている肌の黒い、日に焼けた肌に対しても脱毛効果があること。

近年米軍では戦地に向かう兵士にひげのレーザー永久脱毛をするのですが、この波長の機械が出るようになって、黒人の兵士のひげの脱毛ができるようになったのですよ。

画期的なことですね。

ともあれ、クリニックFにも、レーザー脱毛機器が入ることになりました。

今まで脱毛を経験した方で、効果をあまり感じなかった方は、ぜひ「エリート」をお試しください。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月29日 (月)

ボストン CYNOSURE本社訪問

111翌日早朝6時にJFK空港へ向かいました。この日はボストンにあるサイノシュア本社を訪問する予定が入っていたのです。

2005年の米国レーザー医学会(ASLMS)の時には、NYペンステーションからボストンまで、アムトラックを利用しましたが、約4時間もかかりました。さすがに今回は飛行機で移動することに。

写真ではわかりづらいのですが、この飛行機、とても小さいのです。ちょっと不安になるぐらいの小ささ。欧米では国内の移動はだいたいこんなサイズですが(笑)。飛行機が好きなので、ついまた写真を撮ってしまいました。

NY-ボストンは、1時間程度の旅になります。

119 脱毛の「エリート」、フラクショナルレーザーの「アファーム」、Qスイッチアレキサンドライトレーザーの「アコレード」などの最先端のレーザーを開発/生産するサイノシュア本社は、マサチューセッツ州ボストン空港から高速道路で北西に約2時間走ったところにあります。

このあたり一帯は“テクノロジーベルト”と呼ばれているそうで、先端技術を持つ会社が多く集まっているそうです。

1256時にNYを出て、約5時間。午前11時頃、ようやくサイノシュア本社に到着しました。

約三年前に建てられたこの本社は、マサチューセッツの森の中にある、とても素敵な建物でした。

007 本社の門をくぐると受付が…。ふと横にある掲示板を見てみると、

126 

僕の名前です。粋なことしますね。見つけて嬉しくなりました。

偶然にもサイノシュアの創業者の一人である日系人のフルモト博士は、僕の名前と一文字違い。

そんなこともあって、僕の苗字は日本人の名前の中でも、米国サイノシュア社の人に覚えてもらいやすい名前のようです。

024到着早々、 サイノシュアのCEOであるマイケル・ダービンの部屋に通され、朝食を兼ねた打ち合わせをしました。

彼とは2007年の7月にタイで行われたディストリビューターミーティングで僕が招待講演をした時以来の再会でした。

マイケルはもともとカルフォルニア州のレーザー会社であるCUTERA社にいましたが、その営業手腕を買われてサイノシュアのCEOに就任し、ついに今期、数あるアメリカのレーザー会社の中で売上トップに躍り出ました。いわゆるレーザー会社きっての「やり手」ですね。

彼はとてもゴルフが好きだそうでゴルフの話題でも盛り上がりました。この近辺はゴルフ場がとても多くて、素晴らしい環境らしいです(笑)。

でも話の主題は今年から日本でも本格始動する脂肪溶解レーザーであるスマートリポMPXについてでした。

このサイノシュア社とは昨年も何度か共同研究の機会を与えて頂き、今年の米国レーザー医学会(ASLMS)でも発表をしてきたので、その話題についてもディスカッションをしました。

さらに、2009年の米国レーザー医学会で、僕がどんな発表をする予定であるかも話をしてきました。内容は・・・まだ秘密です(笑)。マイケルは僕のPCに保存してあるいくつかの症例写真を見て、感嘆の声を上げていましたよ。

2009年の米国レーザー医学会で発表される、これらの施術はすでにクリニックFで施術が出来るものばかりです。ご興味のある方はクリニックでご質問くださいね。

世界の最新レーザー情報 はこちらから 

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  | EADV ヨーロッパ皮膚科学会 | インディバ社 | クリニック | フェラーリドライビングコース ピロタレーシング | ボディのための医療機器 | レーザーの歴史 | レーザー・光治療  | レーザー光治療機器辞典 | レーザー治療 eマトリックス | レーザー治療 たるみ | レーザー治療 サーマクール | レーザー治療 シミ | レーザー治療 トリニティ | レーザー治療 ドラッグデリバリー | レーザー治療 ニキビ跡 | レーザー治療 フラクセル | レーザー治療 マドンナリフト | レーザー治療 毛穴 | レーザー治療 肝斑 | 世界のフェルメール絵画訪問記 | 世界の半島巡り | 今日の僕 | 今朝のクリニックFの音楽 | 化粧品 | 医工学部のススメ | 医療 | 医療RF開発会社・インディバ社 | 医療 痛みのコントロール | 医療レーザー開発会社 DEKA社 | 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 | 医療レーザー開発会社 サイトン社 | 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 | 医療レーザー開発会社 シネロン社 | 医療レーザー開発会社 ソルタメディカル社 | 医療レーザー開発会社 パロマ社 | 医療政策(海外諸国の医療政策)  | 国際学会 アジア カンボジア編 | 国際学会 アジア・インドネシア編 | 国際学会 アジア・インド編  | 国際学会 アジア・シンガポール編 | 国際学会 アジア・タイ編 | 国際学会 アジア・ベトナム編 | 国際学会 アジア・マレーシア編 | 国際学会 アジア・中国 上海編 | 国際学会 アジア・中国 北京編 | 国際学会 アジア・中国 深圳編 | 国際学会 アジア・中国 澳門編 | 国際学会 アジア・中国 香港編 | 国際学会 アジア・台湾編 | 国際学会 アジア・韓国編 | 国際学会 アジア編 | 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 | 国際学会 アフリカ・エジプト編 | 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 | 国際学会 オセアニア編 | 国際学会 中南米 アルゼンチン編 | 国際学会 中南米 ペルー編 | 国際学会 中南米 メキシコ編 | 国際学会 中東 UAE ドバイ | 国際学会 中東 イスラエル編 | 国際学会 北米 アリゾナ編 | 国際学会 北米 オーランド編 | 国際学会 北米 カナダ編 | 国際学会 北米 コロラド編 | 国際学会 北米 サンディエゴ編 | 国際学会 北米 サンフランシスコ編 | 国際学会 北米 シカゴ編 | 国際学会 北米 テキサス編 | 国際学会 北米 デンバー編 | 国際学会 北米 ニューオリンズ編 | 国際学会 北米 ニューヨーク編 | 国際学会 北米 ハワイ編 | 国際学会 北米 バミューダ編 | 国際学会 北米 フィラデルフィア編 | 国際学会 北米 フロリダ編 | 国際学会 北米 ボストン編 | 国際学会 北米 ボルチモア編 | 国際学会 北米 マイアミ編 | 国際学会 北米 ラスベガス編 | 国際学会 北米 ロサンジェルス編 | 国際学会 北米 ワシントンDC編 | 国際学会 日本編 | 国際学会 欧州 イギリス編 | 国際学会 欧州 オランダ編 | 国際学会 欧州 オーストリア編 | 国際学会 欧州 ギリシア編  | 国際学会 欧州 クロアチア編 | 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 | 国際学会 欧州 スイス編 | 国際学会 欧州 スウェーデン編 | 国際学会 欧州 スロヴェニア | 国際学会 欧州 セルビア編 | 国際学会 欧州 チェコ編 | 国際学会 欧州 デンマーク編 | 国際学会 欧州 トルコ編 | 国際学会 欧州 ドイツ編 | 国際学会 欧州 フィンランド編 | 国際学会 欧州 ブルガリア編 | 国際学会 欧州 ベルギー編 | 国際学会 欧州 ポルトガル編 | 国際学会 欧州 ポーランド編 | 国際学会 欧州 モナコ編 | 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 | 国際学会 欧州 ルーマニア編 | 国際学会 欧州 仏ニース編 | 国際学会 欧州 仏パリ編 | 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 | 国際学会 欧州 伊シチリア島編 | 国際学会 欧州 伊トリエステ | 国際学会 欧州 伊ナポリ編 | 国際学会 欧州 伊パドヴァ | 国際学会 欧州 伊パルマ編 | 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 | 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 | 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 | 国際学会 欧州 伊ミラノ編 | 国際学会 欧州 伊モデナ編 | 国際学会 欧州 伊リミニ編 | 国際学会 欧州 伊ローマ編 | 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 | 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 | 国際学会 欧州 独ドレスデン | 国際学会 欧州 独バイロイト | 国際学会 欧州 独フランクフルト | 国際学会 欧州 独ミュンヘン | 国際学会 欧州 独ライプティヒ | 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 | 国際学会 欧州 露モスクワ編 | 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 | 国際学会番外 イースター島編 | 工学部博士課程 | 教育 | 文化・芸術 | 日本の祭り | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 水光注射 メソセラピー | 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 | 痛みに効く音楽 | 痩身 ダイエット AC BODY | 経営学 | 自律神経 | 薬学系研究室 | 薬学部博士課程 | 西洋医学とアロマセラピー | 電解還元水 機能水 | 音楽 オペラ | 音楽 クラシック | 音楽 バレエ | 音楽 ミュージカル | 食事 グルメ 料理  | LED治療