カテゴリー「医工学部のススメ」の4件の記事

2014年5月23日 (金)

●2014年5月 11th EADV Symposium in Belgrade,Servia⑥ 新しい英文論文が発行されました

おはようございます。

僕は今ボローニャに滞在しています。欧州出張後半戦。

イタリア気分を変えて、これからセルビア(旧ユーゴスラビア)のベオグラードに向かいます。

欧州皮膚科学会の参加、さらに米国レーザー医学会の知り合いで、セルビアで開業するDr. Bojana i igorのクリニックも訪れる約束をしています。

イタリアでセルビアを訪れるのは初めてだとメールしたところ、彼が空港からのタクシーを手配したので、心配するなとメールしてくれました。旧共産圏では空港客待ちのタクシーも危ない事があるので、これはありがたいです。

******

今年の僕の2報目の英文論文、パブリッシュされたと米国の編集部より連絡がありました。 Journal of Biomedical Optics誌。

インパクトファクターも高い工学論文誌です。

1508179_10203983368212980_672486366


High temperature heat source generation with quasi-continuous wave semiconductor lasers at power levels of 6 W for medical use 

医療関係者の方で、もしもご興味がある方がいらっしゃいましたら、PDFお送りしますのでクリニックまでご連絡くださいね。

Jbo130165sspr_final_proof_1

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

今年一報目の英文論文

おはようございます。

今日は3月14日。クリニックFの診療日です。

今日、今年1報目となる英文論文の別刷が届きました。

1173592_10203484590623852_212452810

こうして自分の研究をまとめ、論文となった仕事を振り返るのはとても嬉しいことです。

来月も Journal of Biomedical Opticsという米国工学雑誌に僕の論文が掲載されますが、今年は何報、成果を上げることが出来るのでしょうか?

引き続き、研究にも頑張りたいと思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

レーザー医学の工学的解析

おはようございます。

今日は2月19日(水)。クリニックFの診療日です。

先週から今週にかけて都内は大雪に見舞われましたが、僕はその雪の合い間を縫って国内出張と海外出張を二つこなしてきました。

天候による交通機関の遅延も特になく、ラッキーでした。

今日は雪との予報もありましたが、都内は晴天に恵まれています。

国内ではまだまだ深刻な雪の被害に遭っている方も多いと聞いています。このまま春にうまく向かうことを願います。

※※※

今日クリニックに出勤してみると、毎月楽しみにしている米国レーザー医学会誌が来ていました。

Img_0922

この号の最後に掲載されていた論文。

ちょっと感動しました。

Img_0925

レーザーの皮膚照射のプランニングを、工学的なソフトウエアを利用してシミュレーションするというもの。

レーザーを皮膚に照射すると、波長により選択的に組織が破壊されることは知られていますが、パラメーターが複雑すぎて予想が難しかったのです。

Img_0923

こちら、レーザー照射中および照射後の組織内での熱の伝わり方を工学的に計算するためのフローチャート。

実は、現在昨年修了した工学部大学院の研究室で、CO2フラクショナルレーザー機器による工学的解析の実験を続けています。

この際にもっとも難しいのは実験系の確立です。

こちらの論文を参考にさせていただき、次の研究に生かせると思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

僕の夢のひとつ

おはようございます。

今日は3月8日(金)。クリニックFの診療日です。

晴れ渡り朝から暖かい都心部ですが、花粉もすごいですね。

皮膚にも辛い季節です。

さて、僕の方はお陰様で6日にマイアミの米国皮膚科学会より無事帰国し、本日より診療再開となりますので、改めてよろしくお願いいたします。

Img_0151

こちらの冊子は2013年米国皮膚科学会の学会演題集。

最新知識が詰まっています。

そして、クリニックへのお土産のチョコレート。

患者さんにお出ししてゆこうと思います。

******************************************

昨日の休診日には、工学部大学院でお世話になっている教授を訪問してきました。

今後の研究についてアドヴァイスを頂いたり、打ち合わせをさせて頂いたりしました。

ここへ来て工学の英文論文も数本通過し、工学博士号の取得が具体的に見えてきました。

工学の英知が集まった機器を専門とする医師になりたい、という自分の道筋が数年前に見えたことは、この時代に生を受けて本当によかったと思えることのひとつです。

もし僕が生まれたのが30年早かったら、そんな夢を見ることも出来なかったでしょうし、もし僕が30年遅く生まれていたらすでにその夢は古いものになっていたことでしょう。

道筋が見えれば、どの道をどんな歩き方で自分らしく進んでいくのかをプラニングすれば良いことになります。

工学部大学院の門を叩いたのは、その意味ではとても自然な成り行きであり、その僕が叩いた門を開いてくださったすべての方に感謝の気持ちで一杯ですが、その中で

「現在クリニックFで診ている患者さんの治療のために、工学の基礎を理解した医師側から、より良い機器の提案が出来るのではないか?」

というひとつの疑問に対しては、この3年間でだいぶ答えが見えてきたような気がします。

****************

患者さんを日々診察・治療していると、アイディアは沢山浮かびます。

しかし、レーザークリニックを運営する上では、その浮かんだアイディアがどの程度工学的に実現可能なのか、工学を理解しなければ提案が出来ない、というひとつのジレンマを以前は抱えていました。

皮膚科学会などで語られる演題や展示ブースを見ていても、機器の中の話がディスカッションできない限り、機器を理解した上で操作するというところに至ることができないのです。

数年前には、セールスパーソンの主張をそのまま受け入れるしかなかったのですが、ここ数年は工学的な知識がついたので、学会や展示場の場で機器についての詳しい質問を返すと、上司や開発者を連れて来てくれるようになりました。

こうして僕なりに見えてきたことは、レーザー治療や光医学はまだまだ発展途上にあり、未来の可能性は想像以上にあるということ。

その上で今僕が夢見る僕個人の未来は、できたら今後10年の間に今まで培ってきた知識と経験を使い、新しいコンセプトのレーザー治療機器を作ることに是非とも関わってみたい、ということです。

夢の実現に向けておおよその図面は頭の中にありますし、特許条項も調べてあります。

具体化に向けて一歩一歩着実に進んでいきたいと思っていますので、また見えてきたらご報告しますね。

*********************************************

僕自身が工学部に通うようになって、クリニックFにおけるレーザー診療も大きく変わりました。

光もレーザーもRFも、電磁波の一種です。

これらを治療に用いる場合、皮下のなるべく多くのレイヤーに層状に効率よくエネルギーを加えることが大切です。

それには、いくつかの機器を合わせて同時に施術をする方が効率が良いのです。

たとえば、

○最強のたるみの治療法は、「サーマクール」+「ウルセラ」

○最強の肌質の若返りの施術は 「フラクセル3DUAL」+「スターラックス1540XD」

○最強の目元回りの施術には 「マドンナアイリフト」+「サーマクールアイ」

○肝斑治療には 「フラクセル3(1927nm)」+「メドライトC6レーザートーニング」

などなど。

通常のクリニックの場合は、二つの施術を一日にしてしまうとオーバーパワーになるため、避けることが多いのです。

簡単に言えば、波と波が重なると、波の波形が高くなりますよね。

電磁波も一緒で、同時に照射したほうが効果が上がります。

クリニックFでは、それぞれの機器から顔全体に照射されるエネルギー(J:ジュール)を換算(積分)するという方法を取り入れたことで、治療効果を上げることができるようになりました。

今回アメリカの学会で、

「治療で注意するのは、照射野に入るジュール(もしくはそれを平方センチメートルで割ったフルレンス)だけに注目すればよい」

と、ここ数年の僕と、全く同じ主張を発表していた皮膚科の教授がいらっしゃり、ちょっと嬉しかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  | EADV ヨーロッパ皮膚科学会 | インディバ社 | クリニック | フェラーリドライビングコース ピロタレーシング | プラズマ治療 | ボディのための医療機器 | レーザーの歴史 | レーザー・光治療  | レーザー・超音波治療 ウルセラ | レーザー光治療機器辞典 | レーザー治療 eマトリックス | レーザー治療 たるみ | レーザー治療 サーマクール | レーザー治療 シミ | レーザー治療 トリニティ | レーザー治療 ドラッグデリバリー | レーザー治療 ニキビ跡 | レーザー治療 フラクセル | レーザー治療 マドンナリフト | レーザー治療 毛穴 | レーザー治療 肝斑 | 世界のフェルメール絵画訪問記 | 世界の半島巡り | 今日の僕 | 今朝のクリニックFの音楽 | 化粧品 | 医工学部のススメ | 医療 | 医療RF開発会社 インディバ社 | 医療 痛みのコントロール | 医療レーザー開発会社 DEKA社 | 医療レーザー開発会社 アルマレーザー社 | 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 | 医療レーザー開発会社 キュテラ社 | 医療レーザー開発会社 サイトン社 | 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 | 医療レーザー開発会社 シネロン社 | 医療レーザー開発会社 バリアント社 | 医療レーザー開発会社 パロマ社 | 医療レーザー開発会社 フォトナ社 | 医療レーザー開発会社 ルミナス社 | 医療レーザー開発会社 ヴィーナスコンセプト社 | 医療政策(海外諸国の医療政策)  | 国際学会 アジア カンボジア編 | 国際学会 アジア・インドネシア編 | 国際学会 アジア・インド編  | 国際学会 アジア・シンガポール編 | 国際学会 アジア・タイ編 | 国際学会 アジア・ベトナム編 | 国際学会 アジア・マレーシア編 | 国際学会 アジア・中国 上海編 | 国際学会 アジア・中国 北京編 | 国際学会 アジア・中国 深圳編 | 国際学会 アジア・中国 澳門編 | 国際学会 アジア・中国 香港編 | 国際学会 アジア・台湾編 | 国際学会 アジア・韓国編 | 国際学会 アジア編 | 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 | 国際学会 アフリカ・エジプト編 | 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 | 国際学会 オセアニア編 | 国際学会 中南米 アルゼンチン編 | 国際学会 中南米 ペルー編 | 国際学会 中南米 メキシコ編 | 国際学会 中東 UAE ドバイ | 国際学会 中東 イスラエル編 | 国際学会 北米 アリゾナ編 | 国際学会 北米 オーランド編 | 国際学会 北米 カナダ編 | 国際学会 北米 コロラド編 | 国際学会 北米 サンディエゴ編 | 国際学会 北米 サンフランシスコ編 | 国際学会 北米 シカゴ編 | 国際学会 北米 テキサス編 | 国際学会 北米 デンバー編 | 国際学会 北米 ニューオリンズ編 | 国際学会 北米 ニューヨーク編 | 国際学会 北米 ハワイ編 | 国際学会 北米 バミューダ編 | 国際学会 北米 フィラデルフィア編 | 国際学会 北米 フロリダ編 | 国際学会 北米 ボストン編 | 国際学会 北米 ボルチモア編 | 国際学会 北米 マイアミ編 | 国際学会 北米 ラスベガス編 | 国際学会 北米 ロサンジェルス編 | 国際学会 北米 ワシントンDC編 | 国際学会 日本編 | 国際学会 欧州 イギリス編 | 国際学会 欧州 オランダ編 | 国際学会 欧州 オーストリア編 | 国際学会 欧州 ギリシア編  | 国際学会 欧州 クロアチア編 | 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 | 国際学会 欧州 スイス編 | 国際学会 欧州 スウェーデン編 | 国際学会 欧州 スロヴェニア | 国際学会 欧州 セルビア編 | 国際学会 欧州 チェコ編 | 国際学会 欧州 デンマーク編 | 国際学会 欧州 トルコ編 | 国際学会 欧州 ドイツ編 | 国際学会 欧州 フィンランド編 | 国際学会 欧州 ブルガリア編 | 国際学会 欧州 ベルギー編 | 国際学会 欧州 ポルトガル編 | 国際学会 欧州 ポーランド編 | 国際学会 欧州 モナコ編 | 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 | 国際学会 欧州 ルーマニア編 | 国際学会 欧州 仏ニース編 | 国際学会 欧州 仏パリ編 | 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 | 国際学会 欧州 伊シチリア島編 | 国際学会 欧州 伊トリエステ | 国際学会 欧州 伊ナポリ編 | 国際学会 欧州 伊パドヴァ | 国際学会 欧州 伊パルマ編 | 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 | 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 | 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 | 国際学会 欧州 伊ミラノ編 | 国際学会 欧州 伊モデナ編 | 国際学会 欧州 伊リミニ編 | 国際学会 欧州 伊ローマ編 | 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 | 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 | 国際学会 欧州 独ドレスデン | 国際学会 欧州 独バイロイト | 国際学会 欧州 独フランクフルト | 国際学会 欧州 独ミュンヘン | 国際学会 欧州 独ライプティヒ | 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 | 国際学会 欧州 露モスクワ編 | 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 | 国際学会番外 イースター島編 | 国際学会番外 北朝鮮 | 工学部博士課程 | 教育 | 文化・芸術 | 日本の祭り | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 水光注射 メソセラピー | 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 | 痛みに効く音楽 | 痩身 ダイエット AC BODY | 紫外線 近赤外線 遮断剤 | 経営学 | 自律神経 | 薬学系研究室 | 薬学部博士課程 | 西洋医学とアロマセラピー | 電解還元水 機能水 | 音楽 オペラ | 音楽 クラシック | 音楽 バレエ | 音楽 ミュージカル | 食事 グルメ 料理  | LED治療