カテゴリー「国際学会 欧州 独ライプティヒ」の7件の記事

2013年6月 5日 (水)

■2013年5月ドイツ出張⑰ ライプティヒからドレスデンへ

さて、二日間を過ごしたライプティヒからドレスデンに移動です。

Img_2660

Img_2666

Img_2667

Img_2668

このような電車に乗り、約1時間。

見覚えのあるドレスデンの景色が見えてきました。

Img_2673_2

Img_2675_2

以前にこちらに来た時は、車を運転してきましたので、駅は初めてです。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■2013年5月ドイツ出張⑯ 斬新な演出のライプティヒでのワーグナー舞台神聖祝典劇パルジファル

おはようございます。

今日6月5日(水)もクリニックFの診療日です。

先週訪れたドイツのブログがまだ終わっていませんが、今週土曜日よりまたイタリア出張が入っています。

現地でイタリアの企業数社と打ち合わせがあります。

クリニックFの僕の診療は8日土曜日から14日金曜日まで休診となります。

関係者の方々には再びご迷惑をおかけしますが、いつも通り電話番や事務作業のために出張期間中もスタッフは出勤していますので、ご予約、お化粧品の注文、ご質問などがありましたら、クリニックまでご連絡(03−3221−6461)ください。

さて、ブログ「新国際学会周遊記」は、ドイツ・ブログの続きです。

**********************

ワーグナー生誕200周年で滞在したライプティヒでの二日目の晩。

Img_2535

オペラ座にてワーグナー最後のオペラ作品である「パルジファル」を観ました。

パルジファルは、リヒャルト・ワーグナーが1865年、国王ルートヴィッヒ二世のために書いた全三幕のオペラ。

中世(10世紀ごろ)スペインの、イエスの血を受けた聖杯を守るモンサルヴァート(聖杯)城と、クリングゾルの魔の城を舞台となります。

主な登場人物は

●パルジファル 無垢で愚かな若者

●グルネマンツ モンサルヴァート城の老騎士

●アンフォルタス 聖杯を守るモンサルヴァート城の王

●クンドリー 絶世の美女、十字架に向かうイエスの姿を嗤ったため、世界をさまよう運命を持つ

●クリングゾル 魔法使い 聖者になりきれなかった人

●ティトゥレル アンフォルタスの父で先王

です。

Img_2536

実はこのオペラ、4時間余りもあり、ストーリーも複雑でちょっと難しいのですが、説明しますと、

第1幕

――かつて十字架上のイエス・キリストの血を受けたといわれる「聖杯(グラール)」と「聖槍」は、先王ティトゥレルに託され「モンサルヴァート(聖杯)城」の「聖杯騎士団(グラールの騎士)」によって守られていました。――

この聖杯の話はベストセラー「ダヴィンチコード」で話題になりましたよね。

ティトゥレル先王の跡を継ぎ、王となったアンフォルタスの苦悩は、そのような聖なる地位にありながら絶世の美女であるクンドリーの誘惑に負け、彼女を操る魔法使いのクリングゾルに聖槍を奪われ、さらに聖槍で傷を負ったこと。

アンフォルタス王のために、老騎士グルネマンツが治療法を求めるシーンからこの物語は始まります。

アンフォルタス王を救うために

「彼らとともに悩む、汚れなき愚者」

を待てとの神託を受けていたのでした。

グルネマンツの元に、湖の白鳥を射落とした若者が捕まえられてくるのですが、グルネマンツはこの若者こそ神託の「汚れなき愚者」ではないかと直感し、若者を連れて城に向かうのです。

城内の礼拝堂で、傷を負ったアンフォルタス王により聖杯の儀式が執り行われます。

先王ティトゥレルによって、聖杯が開帳されますが、若者は茫然として立ちつくすばかり。

グルネマンツは失望して若者を追い立て、これで幕が落ちます。

※※※※※

この作品は、舞台神聖祝典劇と名付けられて宗教性を強調していることから、ワーグナーが上演に当たり、全幕で拍手を禁止したのだそうです。

Img_2537

現在になっても、少なくとも第1幕のあとはカーテンコールが行われないといった独特の慣習もウィーンやバイロイトでは残っています。

ライプティヒでも観客の文化度・理解度は当然高く、一幕が終了した際に思わず数名が拍手をしてしまったところ

「おそらく観光客だろう・・・・・」

と観客がシラッとした雰囲気になったのが印象的でしたね。

カーテンコールは行われませんでした。

第一幕は長く、約2時間もあります。

通常ならオペラが一作終わる長さですよね。Img_2565

さて、休憩時間には会場でシャンパンをいただくことにしました。

Img_2556

Img_2538

西洋の劇場は、本当に美しいですね。

Img_2575

パルジファルのスコアもありました。

Img_2578

Img_2576

雑談をしてシャンパンを飲み終わるのを待っていたかのように、ちょうど良いタイミングで第二幕が始まりました。

第二幕は、クリングゾルの魔の城にて――

クリングゾルはクンドリーに、魔の城に侵入した若者を誘惑し堕落させるように命じます。

クリングゾルの魔法によっ て、戦場は花園になります。

花の乙女たちが無邪気に舞いながらこの若者を誘います。

クンドリーが「パルジファル!」と呼びかけ、初めて若者の名が明かされます。

ク ンドリーはパルジファルに接吻するのですが、この接吻によって、パルジファルは知を得て、アンフォルタス王の苦悩を理解します。

クンドリーはさらにパルジファルに迫り、クンドリーの呪われた過去も明らかになってゆきます。

十字架に向かうイエスに憧れながらも、歩く姿を嘲笑してしまったために、世の中を永久に救いを求めて彷徨わなければならない運命を背負った、絶世の美女。

クンドリーは、過去、数多くの聖者によっての癒しを求めましたが、彼女が誘惑する聖者達は、誰もが彼女の容姿の美しさに目がくらんでしまい救われることが無く、この世を彷徨い、苦しんでいたのです。

しかしながら、知を得たパルジファルは、このクンドリーの誘惑を見事に遠ざけます。

クンドリーの誘惑工作が失敗したと悟ったクリングゾルが現れ、物語のキーとなる聖槍をパルジファルめがけて投げつけます。

Img_2558

すると、聖槍はパルジファルの頭上で静止するのです。

パルジファルがそれをつかんで十字を切ると、魔法が解け、城は崩壊して花園は荒野と化します。

ここで幕が落ちるのです。

こちらの絵、劇場で見つけたのですがImg_2408

主人公が槍を持っています。

どうやらパルジファルをモチーフにした絵のようですね。

Img_2572

第3幕では、隠者となった老騎士グルネマンツが倒れているクンドリーを見つけるシーンから始まります。

そこに立派に成長し、武装した騎士パルジファルが現れます。

アンフォルタスは聖杯の儀式を行うことが出来ずにおり、聖杯の騎士団は崩壊の危機に瀕していることを伝えます。

グルネマンツがパルジファルの頭に水をかける洗礼の儀式を行い、パルジファルもまたクンドリーを浄化します。

3人は城に向かいます。

城では、騎士たちによって、ティトゥレルの葬儀のための儀式が、始まろうとしていました。

傷を負ったアンフォルタス王の苦しみは頂点に達し、「我に死を」と叫ぶ。

そのとき、パルジファルが進み出て、聖槍を王の傷口にあてると、たちまち傷が癒えるのです。

パルジファルは聖杯を高く掲げ、合唱が「救済者に救済を!」と歌います。

Img_2582

聖杯は灼熱の輝きを放ち、パルジファルの頭上で羽ばたき、クンドリは呪いから解放されてその場で息絶えるのです。

穢れなき愚者であったパルジファルは、聖槍を帰還させ、アンフォルタス王、クンドリーを救い。幕が落ちます。

聖杯(グラール)と聖槍(ロンギヌスの槍)がモティーフとして出てくるのですが、「パルジファル」の題材となった聖杯伝説は、キリスト教に基づく伝説です。

しかしながら、神の子イエスが救済を与えるのではなく、「穢れなき愚者」が叡智を得て登場人物に救済を与えるのです。

話の筋を考えると、ワーグナー独自の宗教観を提示したものとも言えますよね。

上記に一般的なストーリーを書きましたが、実はこのオペラの演出では、第三幕の幕が落ちる少し前に、パルジファルが聖杯を投げて割ってしまうシーンが出てきました。

観客は皆いったい何がおこったのか???

という反応をしていましたし、僕も驚きました。

聖杯だと思われていたものが、別のものだったのでしょうか?

カーテンコールの写真の背景に大きな円が見えますが、ちょっと子宮をモチーフとしたようにも見えませんか?

ダヴィンチコードのように聖杯は子宮だったという解釈なのでしょうか?

何れにしても斬新な演出でした。

こうした演出による謎解きも、ワグネリアンとしての楽しみでもあるのですよね。

Img_2584

Img_2588

皆、満足そうに帰ってゆきましたよ。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

■2013年5月ドイツ出張⑮ ワーグナー生家 ワーグナー小学校

ライプティヒの街並。

Dsc00073

Img_2631

Img_2594

Img_2596

ライプティヒで有名なものと言えば、文豪ゲーテも通ったレストラン「アウアーバッハス・ケラー」。

Img_2462

森鴎外もこの店が好きだったと言われています。

前回の滞在の際には立ち寄りましたが、今回はちょっと時間もなくて断念。

Img_2597Img_2601その目の前。市庁舎裏の講演にはゲーテの立像があります。

街を南に歩くと、現在はデパートメントストアになっているワーグナーの生家が。

Img_2636

こちらのプレートが見えますか?

Img_2637

Img_2643

ニコライ教会近くには、ワーグナーが通った小学校があるとのことで見に行ってみました。Img_2644

こちらは現在レストランになっていますが、近いうちに博物館になるのだそうです。

Img_2645

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

■2013年5月ドイツ出張⑫ メンデルスゾーンハウス シューマンハウス

ドイツ・ライプティヒにゆかりある音楽家は、ワーグナー、バッハなど数多いのですが、中でもゲヴァントハウスの交響楽団を大きく成長させたフェリックス・メンデルスゾーンの功績はとても大きなものです。

こちらの動画は僕が大好きなメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。

注目している若手ヴァイオリニスト・庄司紗矢香さんの演奏を見つけました。

メンデルスゾーンは、「マタイ受難曲」を上演することによって、それまで忘れ去られていたヨハン・セバスティアン・バッハを再発見させてくれたという功績もあることを忘れてはいけません。

1809年2月3日生まれのメンデルスゾーンにとって、1685年3月31日生まれのバッハはそれこそ100年以上前の作曲家。

メンデルスゾーンがいなければ、バッハの曲を聴くことができなかった可能性さえあるのです。

そんなメンデルスゾーンの過ごした家がライプティヒにあります。

Img_2491

こちらは庭です。

ヨーロッパの庭は本当に美しいところが多いですよね。

Img_2490

こちらの建物二階にメンデルスゾーンの過ごした家があります。

Img_2500

Img_2494

Img_2502

 

ポロシャツが気に入ったので、買って帰ってきました。

Img_2495

Img_2497

近くにはシューマンが妻のクララと共に4年間過ごした家があると聞いて、この後歩いてみました。

Img_2514

約15分。

Img_2515

Img_2516

Img_2519

こちらは残念ながら定休日。

また次の機会に立ち寄りたいと思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■2013年5月ドイツ出張⑪ リヒャルトワーグナー学会 in ライプティヒ ゲヴァントハウス ライプティヒ大学

おはようございます。

今日6月1日(土)はクリニックFの開院日です。天気が良くて気持ちの良い朝ですね。

僕は朝から今まで、クリニックにお越しいただいた工学部教授と工学論文の打ち合わせ。

これから診療に入ります。

明日はサーマクール10周年のための講演。

講演準備も進めています。

僕のブログは先週まで滞在したドイツの話。

ワーグナー生誕の地、ライブティヒの街はワーグナー一色でした。

Dsc00154

Dsc00201

Img_2475

こちらライプティヒのグラッシイ博物館。

Dsc00197

Dsc00199

Img_2505

こちらの建物では、国際ワーグナー学会を開催していました。

Img_2507

Img_2508

Img_2510

参加して是非ともディスカッションに加わりたかったのですが、

Img_2511

残念ながらドイツ語でした(笑)。

こちら、歴史あるコンサートホールのゲヴァントハウス。

Dsc00161_2

1981年に作られた三世代目のものです。

Dsc00104

このコンサートホールはメンデルスゾーン、チャイコフスキー、ワーグナー、シュトラウス、フルトヴェングラーなどが指揮者として活躍した由緒あるものです。

このゲヴァントハウスの右手にあるライブティヒ大学。

3年前に来た時は、まだ工事中でしたが、完成したものを観ると素晴らしく美しい建築物ですね。

Dsc00158

Dsc00166

Dsc00155

この後ろに見えているタワー。

最も高いビルに上ってみました。

Dsc00181

Dsc00182

Dsc00185

Img_2486

森に囲まれたドイツの街並みがよく見えます。

西洋のおとぎ話というと、グリム童話を思い出しますが、あの童話は森に迷い込んだり、隣の街や城に向かう話がよく出てきますよね。

ドイツの典型的な街並を表しているのでしょう。

Img_2489

ゲヴァントハウスを横から見たところです。

そしてこちらが旧ゲヴァントハウスがあった場所。

もう少し街の中心にありました。

Img_2655

建物の左下に、過去にここにゲヴァントハウスがあったと掲示が残されていましたよ。

Img_2651

初めて訪れました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

■2013年5月ドイツ出張③ワーグナー最後の作品「パルジファル」

おはようございます。

引き続きドイツからブログを更新しています。

日本時間今日5月21日も、東京・四ッ谷にあるクリニックFにおける僕の診療は休診となります。

スタッフは出勤していますので、ご予約やご質問がありましたらご連絡くださいね。

現在僕はワーグナー生誕200周年記念式典に参加するため、ドイツはライブツィヒにいます。

575667_10201284246936635_1530260791

今日はライブツィヒのオペラ劇場にて「パルジファル」の観劇でした。

パルジファルはワーグナーの13あるオペラのうち最後の作品として知られています。

フランツ・リストの娘であり、ワーグナーの妻であったコジマ・ワーグナーの提案で、1886年のベルヌ条約により、1913年までバイロイトでの独占上演が認められました。

ワーグナーの死から30年後、作曲家の著作権が切れる1913年12月31日の深夜から翌日にかけて、ベルリン、ブダペスト、バルセロナの各歌劇場で初めて「パルジファル」が上演されたのは話題になったそうです。

ワーグナー作品で唯一神を題材にしたもので、特に第一幕は拍手もカーテンコールも禁止されていました。

今回のライプツィヒも難解かつ謎の多い演出。既成概念を打ち破る解釈は見事でした。

603747_10201284219975961_775442562_

明日はドレスデンに移動して、ワーグナー生誕200周年前夜祭に参加します。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

■2013年5月ドイツ出張②ライプツィヒの風景

おはようございます。

現在僕は、ドイツはベルリンの南、ライプツィヒという街にいます。

日本時間今日5月20日は東京・四ッ谷のクリニックFにおける僕の診療は休診となります。

クリニックFにはスタッフが出勤していますので、ご予約やご質問などがありましたらご連絡くださいね。

935269_10201278572674782_1165970501

971313_10201278603915563_790876513_

ライプツィヒは、今から200年前にリヒャルトワーグナーが生を受けた街。

3日後の生誕200周年に向けて、街全体がワーグナー一色となっているようで、とても盛り上がっています。

ベルリンからここまで鉄道で来ましたが、移動中菜の花が見事に満開で、この花をワーグナーも見たのだろうかとふと考えてしまいました。

Dsc00028

到着してすぐにワーグナー作曲「ニュルンベルグのマイスタージンガー」の公演を観ました。

Dsc00100

Dsc00102

想像以上にレベルも高く素晴らしい公演でした。

Dsc00135

ワーグナーにしては珍しい喜劇です。

演出の最後に、あっと観客が驚く仕掛けがありました。

Img_2416

明日はこの地で、ワーグナー最後の作品、「パルジファル」を観て、ドレスデンに移動します。

明日からの公演が楽しみです。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  | EADV ヨーロッパ皮膚科学会 | インディバ社 | クリニック | フェラーリドライビングコース ピロタレーシング | ボディのための医療機器 | レーザーの歴史 | レーザー・光治療  | レーザー光治療機器辞典 | レーザー治療 eマトリックス | レーザー治療 たるみ | レーザー治療 サーマクール | レーザー治療 シミ | レーザー治療 トリニティ | レーザー治療 ドラッグデリバリー | レーザー治療 ニキビ跡 | レーザー治療 フラクセル | レーザー治療 マドンナリフト | レーザー治療 毛穴 | レーザー治療 肝斑 | 世界のフェルメール絵画訪問記 | 世界の半島巡り | 今日の僕 | 今朝のクリニックFの音楽 | 化粧品 | 医工学部のススメ | 医療 | 医療RF開発会社・インディバ社 | 医療 痛みのコントロール | 医療レーザー開発会社 DEKA社 | 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 | 医療レーザー開発会社 サイトン社 | 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 | 医療レーザー開発会社 シネロン社 | 医療レーザー開発会社 ソルタメディカル社 | 医療レーザー開発会社 パロマ社 | 医療政策(海外諸国の医療政策)  | 国際学会 アジア カンボジア編 | 国際学会 アジア・インドネシア編 | 国際学会 アジア・インド編  | 国際学会 アジア・シンガポール編 | 国際学会 アジア・タイ編 | 国際学会 アジア・ベトナム編 | 国際学会 アジア・マレーシア編 | 国際学会 アジア・中国 上海編 | 国際学会 アジア・中国 北京編 | 国際学会 アジア・中国 深圳編 | 国際学会 アジア・中国 澳門編 | 国際学会 アジア・中国 香港編 | 国際学会 アジア・台湾編 | 国際学会 アジア・韓国編 | 国際学会 アジア編 | 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 | 国際学会 アフリカ・エジプト編 | 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 | 国際学会 オセアニア編 | 国際学会 中南米 アルゼンチン編 | 国際学会 中南米 ペルー編 | 国際学会 中南米 メキシコ編 | 国際学会 中東 UAE ドバイ | 国際学会 中東 イスラエル編 | 国際学会 北米 アリゾナ編 | 国際学会 北米 オーランド編 | 国際学会 北米 カナダ編 | 国際学会 北米 コロラド編 | 国際学会 北米 サンディエゴ編 | 国際学会 北米 サンフランシスコ編 | 国際学会 北米 シカゴ編 | 国際学会 北米 テキサス編 | 国際学会 北米 デンバー編 | 国際学会 北米 ニューオリンズ編 | 国際学会 北米 ニューヨーク編 | 国際学会 北米 ハワイ編 | 国際学会 北米 バミューダ編 | 国際学会 北米 フィラデルフィア編 | 国際学会 北米 フロリダ編 | 国際学会 北米 ボストン編 | 国際学会 北米 ボルチモア編 | 国際学会 北米 マイアミ編 | 国際学会 北米 ラスベガス編 | 国際学会 北米 ロサンジェルス編 | 国際学会 北米 ワシントンDC編 | 国際学会 日本編 | 国際学会 欧州 イギリス編 | 国際学会 欧州 オランダ編 | 国際学会 欧州 オーストリア編 | 国際学会 欧州 ギリシア編  | 国際学会 欧州 クロアチア編 | 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 | 国際学会 欧州 スイス編 | 国際学会 欧州 スウェーデン編 | 国際学会 欧州 スロヴェニア | 国際学会 欧州 セルビア編 | 国際学会 欧州 チェコ編 | 国際学会 欧州 デンマーク編 | 国際学会 欧州 トルコ編 | 国際学会 欧州 ドイツ編 | 国際学会 欧州 フィンランド編 | 国際学会 欧州 ブルガリア編 | 国際学会 欧州 ベルギー編 | 国際学会 欧州 ポルトガル編 | 国際学会 欧州 ポーランド編 | 国際学会 欧州 モナコ編 | 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 | 国際学会 欧州 ルーマニア編 | 国際学会 欧州 仏ニース編 | 国際学会 欧州 仏パリ編 | 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 | 国際学会 欧州 伊シチリア島編 | 国際学会 欧州 伊トリエステ | 国際学会 欧州 伊ナポリ編 | 国際学会 欧州 伊パドヴァ | 国際学会 欧州 伊パルマ編 | 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 | 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 | 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 | 国際学会 欧州 伊ミラノ編 | 国際学会 欧州 伊モデナ編 | 国際学会 欧州 伊リミニ編 | 国際学会 欧州 伊ローマ編 | 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 | 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 | 国際学会 欧州 独ドレスデン | 国際学会 欧州 独バイロイト | 国際学会 欧州 独フランクフルト | 国際学会 欧州 独ミュンヘン | 国際学会 欧州 独ライプティヒ | 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 | 国際学会 欧州 露モスクワ編 | 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 | 国際学会番外 イースター島編 | 工学部博士課程 | 教育 | 文化・芸術 | 日本の祭り | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 水光注射 メソセラピー | 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 | 痛みに効く音楽 | 痩身 ダイエット AC BODY | 経営学 | 自律神経 | 薬学系研究室 | 薬学部博士課程 | 西洋医学とアロマセラピー | 電解還元水 機能水 | 音楽 オペラ | 音楽 クラシック | 音楽 バレエ | 音楽 ミュージカル | 食事 グルメ 料理  | LED治療