カテゴリー「電解還元水 機能水」の13件の記事

2012年10月 3日 (水)

日本トリム講演会 アンチエイジングと水 表参道 Tokyo Baby Cafe

プラハ出張から帰国して一日半。少々まだ時差ボケは残っていますが、体調は良いようです。

今日は朝から、表参道にあるTokyo Baby Cafeで「アンチエイジングと水」について、講演をさせていただきました。

P1050793

場所は、表参道の裏。とんかつ まい泉のななめ前あたり。

地下にあるお店で、お母さんと子どもが一緒に過ごすことのできるカフェのようです。初めてこの場所に来ましたが、小さな子供とお母さんが遊びに来ることの出来る場が都心にあるのは便利ですよね。

123

講演内容は「アンチエイジングと水」について。

今回は、アンチエイジング医療の定義について。

活性酸素が老化と病気を進めるメカニズムについて。

さらに現在活性酸素を除去するために水素を利用した英文論文を10編ほど引用し、それぞれについてコメントをさせていただきました。

P1050828

今回の講演にあたって、過去10数年間の英文論文を調べてみてわかりましたが、気体である水素分子を抗酸化治療に使うことについて、特にこの5年でかなり多くの発表がなされているのです。

20世紀には、生体内での気体の動態は、測定することはほとんど不可能だったと思うのですが、特に同じ気体である一酸化窒素(NO)が、血管内皮細胞やマクロファージなどから産生され、生体内で機能を持つということが発見されて以来、生体内気体の機能に注目が集まってきました。

ここで水素という気体の生体内での働きが注目されて、研究されてきたのかもしれません。

酸素を糖と反応させて、ミトコンドリアで代謝すると、2%の活性酸素が生まれます。

一般的な活性酸素の代謝を考えると

1.SO(スーパーオキシド)がSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)によってH2O2(過酸化水素)に変化する。

2.さらに発生したH2O2がカタラーゼやGSTによってH2O(水)にして無毒化する。

という、二段階の経路があります。

しかしながら、SODやカタラーゼ、GSTの除去能力が低下すると、H2O2を代謝できず、有害なヒドロキシラジカル(•OH)が発生します。

この悪性活性酸素であるヒドロキシラジカル(•OH)を除去していたのが

食事で摂取される抗酸化物質

および

腸内細菌によって作られる水素

であったともいえるのです。

アルカリイオン水などの機能水は、効能としては胃腸状況の改善という枠しか厚労省の認可を取れていませんが、本来は電解してアルカリイオン水を生成する上で、大量に含まれていた水素分子が様々な役割を担っていた可能性はあります。

水素分子はこの世の中で、最も小さな分子で、電離した直後より拡散していきますので、ペットボトルやアルミパックでの保存は難しいとは思います。

奇跡の水として知られるルルドやノルデナウの泉などの水を飛行機で移動して測定しても普通の水と何ら変わりがなかったのはこのためでしょう。

電解されたばかりの水を利用することが条件ですが、今後飲用の水素水の効果がより明らかになってゆくと思います。

水素分子の入った水を飲むことにより、消化管から水素分子が体内に拡散され、口腔内からの水素濃度が上昇することがわかっています。

有害な活性酸素を、体内で水素分子が除去する仕組みが解明できるはずです。

P1050947

医学的にはちょっと高度でアカデミックな講演になってしまいましたが、皆さん楽しそうに聞いていてくださったので安心しました。

ご一緒させていただいた歯科医師の宝田恭子先生と一緒に写真を撮っていただきました。

Img_8879

会場のせいもあって、講演後も和気あいあいとした雰囲気で皆さんのご質問に答えることができました。

P1050925

楽しく過ごさせていただきました。

次回からはヨーロッパ出張記を始めますね。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

「アンチエイジングと水」のセミナー 

株式会社日本トリム社の企画で、10月3日に表参道の Tokyo Baby Cafe にて「アンチエイジングと水」のセミナーの講師をさせていただくことになりました。

昨晩は、診療後にホテルニューオータニで、もう一人の講師である歯科の宝田恭子先生と打ち合わせをさせていただきました。

566402_3791501150725_527538213_n

実際のセミナーでは、僕が「病気や美肌と活性酸素の関係」について。

宝田先生が「食生活と水」について講演を担当することになりました。

良くテレビで拝見する宝田先生ですが、本当に溌剌とされて仕事を楽しんでいらっしゃって、実年齢をお聞きしたら、驚いてしまいました。

いわゆる美魔女ですね(笑)。

実際にお話をしてみると、アンチエイジングドクターと言われる先生方に、共通の知り合いがとても多いことに気づきました。

聞きに来てくださった方に、楽しんでいただける会にしたいと思っています。

10月3日というと、ヨーロッパ出張から帰ったばかりですが、体調を崩さず、頑張りたいと思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

三国志劉備玄徳の母 中国高級茶

おはようございます。

今日8月22日はクリ二ックFの診療日です。

昨日、中国の高級茶なるものをいただきました。

このような立派な箱に入った、見るからに豪華そうなもの。

Img_7522

このお茶のセットは、何でも中国の高官相手に、20セット限定で作られたものなのだそうですが、ご厚意で一つおすそ分けをいただいたのです。

Img_7520

中国は古くからお茶の効能について、研究が進んでいますよね。

日本とは違った濁った河の水を、お茶によって殺菌して飲んだ文化から始まっていますので、どちらかというと漢方薬に近い印象だったのではないでしょうか?

高価なお茶ということを聞くと、僕はいつも三国志の始まりのシーンを連想します。

吉川三国志の中にも、劉備の登場シーンでお茶が効果的に使われていますよね。

漢王朝の血を引く劉備玄徳は、簾(すだれ)やむしろを織って売り歩いて生計を立てていましたが、丸二年間働いた稼ぎを持って、黄河のほとりで、洛陽船から本物のお茶を購入しようとします。

ところがこの時代のお茶は高額で、貴族や、一部の病人しか飲むことができない時代。

劉備の2年間の稼ぎをもってしても、お茶を買える金額にはなりませんでした。

劉備は、故郷に住む母にお茶というものを飲ませてあげたいという親孝行の一心で、父の形見であった剣の柄頭から紐でぶら下がっている瑯玕(ろうかん)を手放して、お茶を手に入れるのです。

劉備は、黄巾党などの盗賊などからお茶を守りながら家路につきます。

年老いた母は、遠路はるばる高価なお茶を買ってきた劉備に、感謝の気持ちを述べますが、ふと形見の剣の瑯玕(ろうかん)がないことに気づきます。

瑯玕(ろうかん)と引き換えにお茶を手に入れたことを話すと、母は物事の優先順位と大局を見誤った劉備に激怒し、私の育て方が間違っていたと、お茶をすべて川に捨ててしまいます。

形見の剣は、劉備の一家が漢王朝の末家であることを示す大切な印だったのです。

劉備はこの母の叱責から、自分の血筋と宿命を再認識し、漢王朝の復興を目指して邁進してゆくのですが、三国志の最初のわずか数枚のこの物語だけでも、劉備の母の愛とその先見性、さらにその後の劉備の性格を示す、多くの伏線を含んでいますよね。

*************************

先ほどお茶を早速いただきましたが、本当に素晴らしい香りです。

クリニックFの患者さんには施術後にお茶をお出ししているのですが、暫く患者さんにも高級茶を楽しんでいただこうと思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

「アンチエイジングと水との関係」についての招待講演

昨日金曜日は、臨時休診をいただいて、「アンチエイジングと水との関係」についての講演を、高知でさせていただきました。

電解還元水機器メーカーとしては唯一の東証1部上場企業である、株式会社日本トリムからのご依頼でした。

クリニックFでもトリム社の電解還元水機器を導入していますが、この話題は電解還元水のカテゴリーで詳しくふれています。

003

乗り込んだ全日空機には、「心をひとつに、がんばろうニッポン」の言葉が日の丸と共に。

東京は曇り空ですが、雲を抜けると視界が開けます。

008

僕が生まれ育った鎌倉江ノ島湘南地域を眼下にみながら

005

富士山も観ることができて良かったですよ。

フライトがディレイしたのもあって、取り合えず会場のウェルサンピア高知に滑り込みます。

010

最近は外国人医師相手に英語で講演する機会が多いのですが、今回は高知市のJA(全国農業協同組合連合会)の女性部会の約300人あまりの方々が対象とのことで、専用のスライドを作って望みました。

大きな会場にすごい熱気です。

012

近年の研究では、ほぼすべての環境汚染問題、病気と老化現象の原因に、活性酸素がかかわっていることがわかっています。

具体的には

環境汚染としては

「オゾンホール」「除草剤」「重金属による汚染」「酸性雨」「地球温暖化」など

病気の原因としては

「心筋梗塞」「脳梗塞」「老化の分子障害説」「パーキンソン病」「アルツハイマー型痴呆」「糖尿病」「放射線被曝」「白内障」などなど

通常これらの活性酸素を破壊するために抗酸化物質を使用するのです。

食材やサプリメントに含まれる代表的な抗酸化物質は

■カロチノイド(赤色系)としては、アルファカロチン、ベータカロチン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチン、アスタキサンチンなど。

■ポリフェノール・フラボノイド(黄色系)としては、カテキン、アントシアニン、タンニン、ルチン(ビタミンP)、イソフラボンなど。

■アントシアニン(紫色系)としては、カシスやブルーベリー、クランベリー、赤シソ。

などがあげられるのですが、トリム社の機能水は、これら抗酸化サプリメントと同等の効果が期待できることが九州大学などの共同研究でわかっています。

“固体”の研究に比較して、水のような“液体や流体”の分析研究はまだまだ遅れているのですが、今後の研究が期待されますよね。

講演の後の質問時間には、いくつものご質問をいただき、高知の方々の健康美容意識の高さに驚きました。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

放射性ヨウ素の除去

地震も続き、原発・プルトニウムの問題も依然緊張が続いています。患者さんからは飲料水や農作物、海鮮物などについての質問も受ける機会がしばしばあります。

クリニックFで採用している日本トリムの整水器で、ヨウ素の除去効果を示すデータが得られたことが4月2日の読売新聞に掲載され、それについての御質問なども頂きました。

こちらが実際の記事になります。

Photo

担当の方による、この記事にはないもう少し細かい情報をここでご紹介しておきます。

「放射性物質については、厚生労働省が3/19日に水道局宛に出した文書内で、活性炭にヨウ素131を除去できる可能性があるとする指摘があった。しかしながら、素材メーカーも含め民間でこれに対するデータを持っている所は無かった。

厚労労働省見解の追試として、日本トリム社では取り急ぎ福島県いわき市内のユーザー宅2軒にご協力いただき、水道水と整水器通水後の水を採水し、分析を日本食品分析センターに依頼した結果。」

ということのようです。

もちろん放射性物質は浄水に関して想定外のものであり、自然界に微量にしか存在しないセシウム、ストロンチウム、プルトニウムなどは取り扱いも出来ない為、試験自体することが困難ですが、理論的には活性炭を使用して微量元素を吸着させるだけでも、飲料水の安全度は増しそうですね。

東京都や千葉県の水道水や、一部の農作物、魚介類に放射性ヨウ素131が含まれていたという情報が出てから一月あまりが経ちました。

ここで改めてヨウ素(ヨードとも言う)とはなんであるか復習しておきましょう。

ヨウ素とは、原子番号53番。ハロゲン元素のひとつです。

004

これは以前のブログでもふれた、「世界で一番美しい元素図鑑」のヨウ素の画像です。クリニックFにも英語版と日本語版の二冊が備品として置いてあります。

The_elements

ヨウ素自体には同位体が37種類あることが知られていて、ヨウ素127のみが安定型です。

甲状腺ホルモンの構成成分として、人間にとって必要な微量元素であり、体内には約25mgが存在します。食物としては海藻類に多く含まれていることは、このひと月でよく理解された方も多いかと思います。

甲状腺は、ヨウ素が体内に入ると、甲状腺ホルモンを作るために、必要な量を取り込み蓄積する作業をします。

通常のヨードが甲状腺に取り込まれた場合、30日程度で半分の量が体外排出され、甲状腺に取り込まれないヨウ素はその日のうちにほとんどが出て行きます。

放射性ヨウ素とは、放射線を放射するヨウ素で、数種類あります。特にヨウ素131(半減期約8日)、ヨウ素133(半減期約21時間)は、ウランの核分裂によって生成される放射性ヨウ素です。

半減期が長いヨウ素131のほうが放射線を放出する時間が長いといえます。

セシウム、ストロンチウム、プルトニウムなど他の放射性元素の体内動態を考えると、基本的には体内代謝経路に関わりません。一旦筋肉のような血流の多い組織に移行することはあれ、ほとんどが尿から排泄されます。

これに対してヨウ素は、沸点も低く、気化して大気中に広範囲に拡散しやすい上に、呼吸や飲食により体内に吸収されやすいという性質があります。

原子力施設の事故で放出されたヨウ素131が体内に吸収されると、甲状腺で甲状腺ホルモンに合成・蓄積され、その後長期間にわたって体内被曝をしますので注意が必要です。

チェルノブイリ原子力発電所の事故では、癌患者が増えるだろうと予測されていたのですが、結果的には事故の5年以上後に統計学的に優位に増えたのは、特に幼児だった子供たちの甲状腺癌の発症率だけでした。

甲状腺癌の予防のためにヨウ素剤を飲むのは、吸収された放射性ヨウ素が甲状腺に蓄積される前に、正常なヨウ素で甲状腺のヨウ素必要量を飽和させるという意図があるのです。

行政は原発の事故より近い地域より、一刻も早く、特に小児を優先してヨウ素を予防的に飲ませるといった、二次的被害を防ぐ対策を直ちに練るべきだと思います。

一方で、医学的にはこうした放射性ヨウ素を短期間に使用することで、甲状腺癌治療や甲状腺機能亢進症の治療が行われています。同位元素のヨウ素123やヨウ素131は単一光子放射断層撮影(SPECT)に、ヨウ素124はポジトロン断層法(PET)に用いられています。

このような治療目的の場合、なるべく甲状腺に放射性ヨウ素を集めたいので、治療前の患者さんには、昆布や海苔などのヨウ素の摂取を控えてもらいます。

放射性ヨウ素の経口摂取を防ぐには、花粉症と同様な対策が必要となります。特に手洗いとマスクは大切です。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

8月31日の日経新聞に載せて頂きました

先月上旬に大阪で開催された、講演会/ディスカッションの内容を、31日の日経新聞(夕刊)に載せていただきました。

008

第一部は、「健康と若々しさのために水を選ぶ」という僕の講演。

第二部は、ロサンジェルスオリンピック代表の元バレーボール選手、現在スポーツプロデューサーの三屋裕子さんと、株式会社日本トリム社の森澤社長との鼎談でした。

Photo_2 

この会は、約200人の方が参加されたとても大きな会でした。

009

地球上の生物は、ミトコンドリアを細胞の中に取り込み、無酸素状態と比較して約19倍のエネルギー効率を得て、酸素と共存する生活を選択しましたが、効率と同時に、活性酸素の弊害と常に戦わなければならなくなりました。

そう、燃焼や錆びといった非常に強く速い「酸化」という反応を短期間に起こす酸素は、生体にとっては毒物なのです。

活性酸素がDNAを傷つけ、それによって遺伝子転写経路が異常になることで、ガン化、老化といった現象が起こるようになりますし、活性酸素は、糖尿病などの現代人の病気にも深くかかわってくることが、ここ数十年の研究で分かってきました。

活性酸素から生体を守る防御システムは、以下の三段階によって守られています。

Photo

それは、大きく分けると

第一次防御として

口から抗酸化物質を取りこみ、活性酸素を中和することによる「栄養学的アプローチ」

第二次防御として

体内で発生した活性酸素を除去する「生体内酵素アプローチ」

第三次防御として

活性酸素によって引き起こされた遺伝子の転写ミスを修復する「遺伝子修復アプローチ」

の三つです。

栄養バランスの良い人は、ガンになりにくいですし、年をとりにくいと言われていますが、それは第一次防御系のアプローチですね。

僕も医師として大学病院では働いていたときに、「元気なお年寄りは、見た目も若い」という印象があったのですが、長生きする家系は、生活習慣に加えて、生まれつき、こうした活性酸素を体内から除去する第二防次御系や、遺伝子修復に関わる第三次防御系の酵素を豊富に持つ優秀な遺伝子を持っているのだと思います。

水の抗酸化能力についてに研究は、まだまだ今世紀に多くの課題を残していますが、活性酸素を効率よく除去する還元水(機能水)というものが存在するのであれば、機能水は、上記の第一次防御に加え、第二防次防御系のSOD様活性も併せ持つことになり、活性酸素に対する抗酸化に画期的な医学的アプローチになりえます。

株式会社日本トリム社は、電解還元水の整水機器メーカーとして唯一の東証一部上場会社。既に水に関する数多くのパテント(特許)を取得し、大学病院などとの共同研究を進めて、機能水に対する医学的根拠を常に求めてきた会社です。

現在この水を、透析の時に医療使用して、透析後の患者さんの疲労感を改善する研究も進めているようですが、水に対する研究は今後もぜひとも続けていただきたいですね。

講演に呼んで下さった関係者の方々に厚くお礼申しあげます。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

onクリニックFオフィシャルサイトonはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

今日の日本経済新聞に

002

今日クリニックに来てみると、今日の日経見たよ。というメールが幾つか。

はて。なんだったっけ?

ふと思い立って日経を見てみると、確かに僕の写真があります。

003

実は、今週の土曜日に、クリニックFでも利用させていただいている活性酸素を除去する機能水を作る「電解還元水」整水器の機器メーカー「株式会社日本トリム社」主催の講演を頼まれているのです。

でも、講演場所は大阪。関西版に載っていたと情報をもらっていたのですが、今日は全国版にも載せていただいていたのですね。

僕が今回頂いたお題は「アンチエイジングと水」です。

抗加齢すなわち「アンチエイジング」には、「酸素」や「活性酸素・フリーラジカル」が深く関わっています。

地球が生まれて46億年。

誕生したばかりの地球には、酸素がほとんどありませんでした。

40億年前に地球上に初めて誕生した生物は、酸素なしで生活できる「嫌気性の生物」だったと予測されています。

その後、大気中にあるCO2と出現したラン藻類による光合成で、大気中の酸素の濃度が上昇してくると、酸素を利用する生物が増えてきます。

地球上に生まれた生物は、「酸素」との関わりで進化を続けてきたと言えるのです。

酸素には「メリット」と「デメリット」があります。

メリットといえば、エネルギー効率の良さです。

細胞内のミトコンドリア(電子伝達系)を中心とした、有酸素でのエネルギー代謝は、酸素の無い状態でのエネルギー代謝に比べて、19倍も効率が良いのです。

しかしながら一方で、

生物は、酸素という非常に反応性の高い「物質の酸化=さび(または燃焼)」という攻撃から、いかに身を守るか?

というデメリットに対しても答えを出さなければならなくなりました。

そう。酸素は体に毒なのです。

19世紀のフランスの科学者、ポールベールがイヌによる実験を繰り返し、酸素を体内に過剰に吸い込むと、強直性のけいれん発作を引き起こす「急性酸素中毒症」という病態を報告しています。これをポールベール効果といいます。

ちなみに、酸素濃度を50%にして飼育した実験ラットは、寿命が3分の1になります。

そして1気圧のもと、100%酸素濃度を吸引すると、肌や肺がダメージを受けて、胸痛やせきなどの症状に続いて、肺水種や無気肺などが起こります。

呼吸によって取り入れた酸素の一部は活性酸素になりますが、活性酸素が過剰に体内にあると、結果的にDNAを傷つけるために、老化やガンの原因になります。

つまり、アンチエイジングとは、体内の活性酸素の除去効率に深くかかわっているのです。

大学病院に勤めていた時に、元気なお年寄りは実年齢よりも若く見えるなあと思っていたのですが、今考えるとペルオキシダーゼやSODといった活性酸素除去酵素が、人よりも生まれつき維持されるという、良い遺伝子をもっていたのでしょうね。

この「電解還元水」は活性酸素除去酵素のような働きをすることがポイントです。

011_2

「電解還元水」整水器を専門に作るメーカーとしては、日本トリムは唯一の東証一部上場企業ですし、医学的な研究データやパテント(特許)取得に対して地道に努力を続けている会社です。

ちなみにクリニックFで使用している水もすべて日本トリムの整水器から作られています。

土曜日の講演では、僕の専門のレーザー皮膚治療の最新の知見に加えて、活性酸素・フリーラジカルをいかに効率よく除去し、美と若々しさを維持するにはどうしたら良いのか?

といったお話しさせていただきたいと思っています。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

onクリニックFオフィシャルサイトonはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

機能水を生み出す浄水器

20100326

以前からお問い合わせの多かった院内で使っている日本トリムの浄水器を、クリニックFで近々患者さんに販売できることになりました。

単に安全な水ではなく、若さと健康を維持する機能に恵まれた「機能水」を作ることができる点で、僕も以前から注目し自宅でもクリニックでも愛用しているこの浄水器。

Trimionneo

今年から見た目の方もすっきりスタイリッシュ、そしてコンパクトになったので、インテリアとしても収まりが良くなりましたよね。

もう一種類、完全にビルトインできるタイプとこの僕が写真で手にしているタイプの二種類を、クリニックでも取り扱うことになります。

詳しくはまた改めて。

世界の最新レーザー情報 はこちらから

クリニックF http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

創業25周年記念パーティー

Img_1913_3 三連休の最終日は、 いつもお世話になっている株式会社日本トリムの創業25周年記念パーティーに伺ってきました。

早朝の新幹線に飛び乗り、大阪日帰りのスケジュールです。

日本トリムは電解還元水整水器で知られます。整水器は他社でも開発・取り扱いはありますが、日本トリムのものは、胃腸症状の改善などに効能効果を認められた立派な医療機器なのです。また人工透析に電解還元水を応用するための研究も行い、論文を発表されています。また最近では農業分野での研究も行われているそうなのです。

「これからの時代は、選ばれた水、機能ある水のビジネスを」という森澤社長の強い信念とお人柄に惹かれた多くの方々が集まりました。僕もがんばらなきゃ、と思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

若々しさと瑞々しさの条件

昨日は朝から羽田経由で博多まで行き講演をしてきました。博多まで日帰りできるんですね。驚きました。

講演内容は「若々しさと瑞々しさの条件」というものです。“活性水素水”の浄水器を作られている株式会社日本トリムからのご紹介で、“水と美との関わり”について話してきたのです。広い会場に380人のお客様が今回の講演の為に来てくださったのですが、皆さんとても勉強熱心で、医療に関する専門的な話にも良くついてきて頂き感動しました。

思えば、世の中には病気を扱うドクターは多いのですが、健康な人を専門に扱うドクターは極めて少ないですよね。健康の上にしか、美は成り立ちませんので、美を専門に扱う僕のような医者は、数少ない健康な人専門の医者なのかなと思いましたし、講演を聴いてくださった熱心な方々を見ると、その分野に対する意識の高まりも肌で感じることができました。若輩者に貴重なチャンスを与えて頂き、良い経験をさせていただきました。日本トリムさんにはほんとうに感謝しています。

講演では僕の今まで購入してきたいくつものレーザーの話を混ぜながら、2001年から本年までの世界と日本の美のトレンドについて語り、さらに肌の老化、そして活性酸素除去に対する最新の論文について、いくつか話しました。

肌の老化の現象は二つあります。

ひとつは水が枯れてゆくこと。

もう一つは肌が酸化すること。

なのです。

肌の中の保湿成分であるヒアルロン酸は10代をピークに低下してゆきます。さらに30歳を過ぎたころから、体内から活性酸素を除去する酵素が徐々に低下してゆきます。ここで生成され、消去できなかった余分な活性酸素がシミ・しわ・たるみ・さらにはアトピーやにきび肌などの肌の酸化につながるわけです。

活性酸素を除去するという“活性水素”は、「ネイチャーメディスン」にも関連の論文が載りましたが、活性酸素による老化を防ぐ物質として、現在非常に注目されています。

1_6 20世紀には流体の科学は解明する手段が少なかったのは事実です。水のような流体は常に変動しています。フランスのルルド(写真)の泉や、ドイツのノルデナウの水のように、いわゆる病気を治す奇跡の水と呼ばれる水を解析しようにも、その水を飛行機に乗せて、研究室に持っていけば、もうその時には活性水素が消滅してしまい、効果がなくなっている場合があるわけです。

ですが、均一な活性水素水を機械によって作り出し、その場で使用すれば、水の持つ高い効果を維持できますし、研究にも使用できることになります。まさに21世紀の研究分野なのではないかと思って、注目しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  | EADV ヨーロッパ皮膚科学会 | インディバ社 | クリニック | フェラーリドライビングコース ピロタレーシング | ボディのための医療機器 | レーザーの歴史 | レーザー・光治療  | レーザー光治療機器辞典 | レーザー治療 eマトリックス | レーザー治療 たるみ | レーザー治療 サーマクール | レーザー治療 シミ | レーザー治療 トリニティ | レーザー治療 ドラッグデリバリー | レーザー治療 ニキビ跡 | レーザー治療 フラクセル | レーザー治療 マドンナリフト | レーザー治療 毛穴 | レーザー治療 肝斑 | 世界のフェルメール絵画訪問記 | 世界の半島巡り | 今日の僕 | 今朝のクリニックFの音楽 | 化粧品 | 医工学部のススメ | 医療 | 医療RF開発会社・インディバ社 | 医療 痛みのコントロール | 医療レーザー開発会社 DEKA社 | 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 | 医療レーザー開発会社 サイトン社 | 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 | 医療レーザー開発会社 シネロン社 | 医療レーザー開発会社 ソルタメディカル社 | 医療レーザー開発会社 パロマ社 | 医療政策(海外諸国の医療政策)  | 国際学会 アジア カンボジア編 | 国際学会 アジア・インドネシア編 | 国際学会 アジア・インド編  | 国際学会 アジア・シンガポール編 | 国際学会 アジア・タイ編 | 国際学会 アジア・ベトナム編 | 国際学会 アジア・マレーシア編 | 国際学会 アジア・中国 上海編 | 国際学会 アジア・中国 北京編 | 国際学会 アジア・中国 深圳編 | 国際学会 アジア・中国 澳門編 | 国際学会 アジア・中国 香港編 | 国際学会 アジア・台湾編 | 国際学会 アジア・韓国編 | 国際学会 アジア編 | 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 | 国際学会 アフリカ・エジプト編 | 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 | 国際学会 オセアニア編 | 国際学会 中南米 アルゼンチン編 | 国際学会 中南米 ペルー編 | 国際学会 中南米 メキシコ編 | 国際学会 中東 UAE ドバイ | 国際学会 中東 イスラエル編 | 国際学会 北米 アリゾナ編 | 国際学会 北米 オーランド編 | 国際学会 北米 カナダ編 | 国際学会 北米 コロラド編 | 国際学会 北米 サンディエゴ編 | 国際学会 北米 サンフランシスコ編 | 国際学会 北米 シカゴ編 | 国際学会 北米 テキサス編 | 国際学会 北米 デンバー編 | 国際学会 北米 ニューオリンズ編 | 国際学会 北米 ニューヨーク編 | 国際学会 北米 ハワイ編 | 国際学会 北米 バミューダ編 | 国際学会 北米 フィラデルフィア編 | 国際学会 北米 フロリダ編 | 国際学会 北米 ボストン編 | 国際学会 北米 ボルチモア編 | 国際学会 北米 マイアミ編 | 国際学会 北米 ラスベガス編 | 国際学会 北米 ロサンジェルス編 | 国際学会 北米 ワシントンDC編 | 国際学会 日本編 | 国際学会 欧州 イギリス編 | 国際学会 欧州 オランダ編 | 国際学会 欧州 オーストリア編 | 国際学会 欧州 ギリシア編  | 国際学会 欧州 クロアチア編 | 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 | 国際学会 欧州 スイス編 | 国際学会 欧州 スウェーデン編 | 国際学会 欧州 スロヴェニア | 国際学会 欧州 セルビア編 | 国際学会 欧州 チェコ編 | 国際学会 欧州 デンマーク編 | 国際学会 欧州 トルコ編 | 国際学会 欧州 ドイツ編 | 国際学会 欧州 フィンランド編 | 国際学会 欧州 ブルガリア編 | 国際学会 欧州 ベルギー編 | 国際学会 欧州 ポルトガル編 | 国際学会 欧州 ポーランド編 | 国際学会 欧州 モナコ編 | 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 | 国際学会 欧州 ルーマニア編 | 国際学会 欧州 仏ニース編 | 国際学会 欧州 仏パリ編 | 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 | 国際学会 欧州 伊シチリア島編 | 国際学会 欧州 伊トリエステ | 国際学会 欧州 伊ナポリ編 | 国際学会 欧州 伊パドヴァ | 国際学会 欧州 伊パルマ編 | 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 | 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 | 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 | 国際学会 欧州 伊ミラノ編 | 国際学会 欧州 伊モデナ編 | 国際学会 欧州 伊リミニ編 | 国際学会 欧州 伊ローマ編 | 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 | 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 | 国際学会 欧州 独ドレスデン | 国際学会 欧州 独バイロイト | 国際学会 欧州 独フランクフルト | 国際学会 欧州 独ミュンヘン | 国際学会 欧州 独ライプティヒ | 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 | 国際学会 欧州 露モスクワ編 | 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 | 国際学会番外 イースター島編 | 工学部博士課程 | 教育 | 文化・芸術 | 日本の祭り | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 水光注射 メソセラピー | 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 | 痛みに効く音楽 | 痩身 ダイエット AC BODY | 経営学 | 自律神経 | 薬学系研究室 | 薬学部博士課程 | 西洋医学とアロマセラピー | 電解還元水 機能水 | 音楽 オペラ | 音楽 クラシック | 音楽 バレエ | 音楽 ミュージカル | 食事 グルメ 料理  | LED治療