カテゴリー「EADV ヨーロッパ皮膚科学会」の14件の記事

2015年4月 6日 (月)

欧州皮膚科学会誌の巻頭論文

本日届いた欧州皮膚科学会誌の巻頭論文。

10460752_10206619460593642_18081620

フラクタル画像分析のスマートフォンアプリで色素斑を診断し、実際の診断と組織結果と比較したもの。

19701_10206619460913650_64813750364

11112584_10206619461753671_62064990

実用にはもう少しかかりそうですが、時間の問題で、とても便利な診断機器が完成しそうですね。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebookページはこちらから 

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

ドクターズファイルでもご紹介していただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

■23rd EADV Congress EADV欧州皮膚科学会2014より戻りました

アムステルダムの欧州皮膚科学会から帰国し、荷物を整理しています。Img_2131001

今年のブースの印象は、

1)美容医療機器のレーザーへの回帰。高周波(RF)や超音波、LEDななどのエネルギーデバイスも増えてきましたが、レーザーの優位性が証明されつつある感があります。

2)ボディの部分痩せに対する医療機器がさらに増えたこと。

3)もう一つ衝撃的だったのは、女性器に対するタイトニングと粘膜再生のための機器が増えたことですね。

昨年までは数えるほどだったのですが…。

こちらが日本の文化に合うかわかりませんが、美意識の高い国ですものね。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

今年の欧州皮膚科学会はアムステルダム

10月にアムステルダムで開催される、欧州皮膚科学会(EADV)のお知らせが来ていました。

Img_0076

Eadv

欧州系では、1月に開催されるパリIMCASと、10月に開催されるEADVに参加して、情報を集めていますが、こちらは欧州最大の皮膚科系学会です。

Img_3047

こちら僕の学会員証です。

欧州の学会の会員証はデザインが秀逸で、みていて楽しくなりますね。

アムステルダムは、音楽好きならコンセルトヘボウというコンサートホールが。

さらに、美術好きならアムステルダム国立美術館やゴッホ美術館があります。

2010年に滞在した時は、フェルメールの故郷であるデルフトまで足を延ばしたのですよね。

アムステルダムで、印象深く覚えているのがこちらのVI(ヴィジュアルアイデンティティ)です。

475

こちらの表示が街の至る所にあったのですが、街にVIがあること自体、感激しました。

ちなみに米国アップル社は、毎年このVI(ちなみに企業の場合はCI:コーポレート・アイデンティティ:Corporate Identity)を少しづつ変えているのだとか。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF掲載雑誌一覧はこちらから 

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

イスタンブール開催のヨーロッパ皮膚科学会演題が通過しました

おはようございます。

今日6月21日はクリニックFの診療日です。

昨日は大学院の研究室で博士論文の製本と今週土曜日に開催される、学内学位公聴会のプレゼン作業で夜遅く帰宅しました。

今日も朝は一時間早くクリニックを開き、雑誌社の取材に対応しますが、診療は通常通りですので、お待ちしていますね。

今日の朝、メールを開くと、ヨーロッパ皮膚科学会EADVから一通のメールが入っていました。

今年10月にイスタンブールで開催されるEADV本会の演題通過のお知らせです。

Image001

Dear Dr. Fujimoto, We are pleased to inform you that your below abstract has been accepted for poster presentation during the 22nd EADV Congress, in Istanbul, Turkey from 02-06 October 2013.

合格通知はいつもらっても嬉しいですね。

2013年は演題、論文ともに通過率100%。

本当に希有な年ですが、地道に頑張ってきた僕のレーザーに対する研究内容が、世界の最先端に匹敵し、世界の医学会で常に認められるようになったということ。

本当に嬉しいです。

ヨーロッパ皮膚科学会は2005年から参加しており、2007年に国際認定医となりましたが、毎年開催国が違います。

トルコは1999年に観光で行って以来。

風景では、やはりブルーモスク、地中海沿いに点在する古い遺跡、カッパドキア、パムッカレが記憶にあります。

食べ物では、ボスポラス海峡で食べたサバのサンドイッチと伸びるアイスが印象的でしたが、ずいぶん変わっているのでしょうね。

東洋と西洋の文化の交流地点について、また変わった風景をこのブログでもご紹介できると思います。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

クリニックF Facebook pageはこちらから

ブログ新国際学会遊記のトップページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

■21st EADV Congress in Prague ‘Skin is Vital’⑤プラハに移動してきました

リヒテンシュタインからチューリッヒに戻りました。

チューリッヒを経つ最後の日。

まさかのダブルブッキングでホテルの部屋がなく、何軒ものホテルに電話をかけてなんとか部屋を確保。

結局、チューリッヒ中央駅前の、トランク一つで一杯になってしまう様な、三畳間ぐらいのこんなところに泊まることに。

ちなみに手前の白壁は、館内エレベーターの出っ張りです。右手にシャワートイレ付きという感じ。

でも学生気分を思い出して、結構楽しみました。

A3v8susceaakuh4

さて、こちらのホテルを早朝に出て、チューリッヒから飛行機で一時間。

チェコの首都であるプラハに移動してきました。約3年ぶりです。

581508_4707000641411_530695147_n

こちらでヨーロッパ皮膚科学会が開催されます。

会場に向かい、とりあえずオリエンテーションはつけてきました。

398479_4706969920643_573831600_n

そうそう、プラハの出張が決まった瞬間に、オペラの題目の予約をしました。

3演題、3夜連続。

以前にプラハに来たときも観劇したのですが、観光立国のチェコは芸術教育が優れていて、オペラのレベルが高いのです。しかも、チケットの価格は日本の約8分の1。

これは観ない手はありません。

初日の今日の題目はヴェルディのアイーダ。

この題目は、僕も大好きで、NYのメトロポリタンオペラやロンドンのロイヤルオペラ、その他世界中で観ています。

A3v_7bcqaecwxu

アイーダは、ソロの歌手はもちろんのこと、合唱の数も必要ですし、曲間にバレエを入れていますので、踊りが出来る人も必要。

これは特に素晴らしかったです。アリアでは鳥肌立った曲もありました。

536260_4708808646610_1273036877_n

感動の第一幕フィナーレの写真をアップしますね。

感動醒めやらぬうちに帰ってきました。

明日は朝から学会に顔を出します。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

■21st EADV Congress in Prague ‘Skin is Vital’②チューリッヒ 遅延そしてラゲッジロスト再び

昨晩ロンドン・ヒースロー経由で、スイスはチューリッヒに到着しました。

Img_7677

道中はなかなかのハプニング続きで、まずJALがワイパーのテクニカルトラブルで3時間の遅延。

Img_7680

何とかヒースロー空港にたどり着きました。

Img_7683

数か月ぶりです。

この場所にはF1ドライバーの顔写真が貼ってあったのですが、無くなってしまいましたね。

Img_7681

 

トランジットで予定していたブリティッシュエアウェイズには当然乗れず。

Img_7686

ヒースローを後にするこの看板を観たのちに、スイスエアの代替えが出たのは良いのですが、こちらも最終便で1時間の遅延。

Img_7688

ぐったりしてチューリッヒ空港で荷物を待っていると、まさかの(とはいえ悪い予感はしていたのですが)ラゲッジロストです。

真夜中のほぼ最終便でロストラゲッジの手続きをしましたが、空港を出る時にはもう誰もいませんでした・・・。

Img_7692

なんとかタクシーを捕まえてホテルに移動し、真夜中の1時にバッグもなくしょげてチェックインしたからでしょうか。

「ラゲッジロストは不運だったね。でも、ジュニアスイートにアップグレードしておいたから」

と。

今日初めてのラッキーな出来事! くたくたな心に沁みました。

人生で幸と不幸の数は一緒らしいですから、旅の後半に期待します。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

■21st EADV Congress in Prague ‘Skin is Vital’①プラハとリヒテンシュタインへ

今日からヨーロッパ出張になります。

Img_7674

主な主張先はチューリッヒ、オーストリア、リヒテンシュタイン、そしてプラハ。

行きはロンドン経由で出発、帰りはパリ経由で帰国です。

患者さんや、関係者の方々にはしばしまたご迷惑をおかけしてしまうことになります。申し訳ありません。帰国は10月1日、僕の外来診療の再開は10月2日からとなります。

その期間、予約のご希望ご質問やお問い合わせなど電話やメールにて受け付けておりますので、クリニックF(03−3221−6461)までどうぞご連絡ください。

さて、ここ数ヶ月、工学部の論文を書くことに集中していたのですが、論文を書くような知的作業を行うと、どうしてもお腹が減ります。

特に甘いものや炭水化物のような血糖値を上げるものが欲しくなるのです。

これは、脳が糖・タンパク質・脂質の三大栄養素のうち、糖しか利用できないから。

うまくこれらを運動などで消費できればいいのですが、ほとんど籠ったまま、そして気晴らしもしないままここ数ヶ月過ごしていて、昨晩何気なく体重を量ったら、なんと!いつの間にか5キロも体重が増えていました・・・!

自己最重記録を更新してしまいました(笑)。

なんでこんなに体重が増えてしまうんでしょう。

なんとなく最近体が重いなあとは感じていたのですが、診療と論文に明け暮れて、とりあえず考えないようにしていたようです(苦笑)。

体重ってあっという間に増えますね。

しかし、ここからは海外出張。 大抵ヨーロッパ出張では痩せて帰ってきますので、出張で少しダイエットしてきます。

それでは、行ってきます!

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

プラハ開催第21回欧州皮膚性病科学会(EADV) 発表演題

おはようございます。

今日9月18日(火)はクリニックFの診療日です。

昨日までの三連休は皆さんどうお過ごしになりましたか?

僕はといえば、敬老の日でしたので祖母と両親に顔を見せに、広島の呉に行ってきました。

僕は鎌倉で生まれ育ったのですが、現在両親は呉在住です。約20年前に父親が呉の大学で教職を得たのをきっかけに、祖母を連れて広島に移住しているのです。

祖母は辰年生まれで96歳。いつまでも元気でいてほしいなと思っています。

欧州出張と工学部論文作成の忙しいスケジュールの中でしたので、本当にとんぼ返りでしたが、良い時間を過ごすことが出来ました。束の間の休息を頂き、感謝ですね。

Img_7642

恐れていた台風も、うまくすり抜けることが出来ました。

Img_7653

雲の形がとても印象的でしたよ。

***********************

さて、23日の日曜日よりヨーロッパ出張となります。

今回はスイスとリヒテンシュタイン公国でレーザー機器メーカーを訪問した後、チェコ共和国の首都プラハで開催される、ヨーロッパ皮膚科学会(EADV)で演題発表をさせていただく予定です。

404header

今回の発表演題は、レーザー照射後に発生した皮下の活性酸素の同定の演題。

ID: PRA12-0813 Title: Detection of the different reactive oxygen species induced oxidative stress in skin during LASER therapy

こちらになります。

本来ならば、今年のヨーロッパ皮膚科学会はリトアニア共和国のリガで開催を予定していました。

リトアニアには行ってみたかったんですよね。

ところが、このヨーロッパ最大の皮膚科学会を開催できる会場がリトアニアにはなく、急遽プラハで開催することが昨年発表されました。

http://kokusaigakkai.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/11/12/127.jpg

このブログでもご紹介しましたが、プラハには一度滞在したことがあります。

街そのものが芸術品のようなところで、初めて行ったときに感動したことを今でも鮮明に思い出すことができます。

モーツァルトゆかりの地であり、映画「アマデウス」のロケ地としても知られています。

そして、ドン・ジョバンニが初演された、歴史あるエステート劇場(スタヴォフスケー劇場)があるのです。

プラハに会場が決まってすぐ滞在中の公演スケジュールを調べたのですが、アイーダ リゴレット そしてドン・ジョバンニの公演があるではないですか。

どれも好きな演題ばかり。何よりも初演が行われた劇場でその演目を観る事ができるのは、幸運以外の何物でもありません。

論文を頑張って仕上げた暁のご褒美ですね。

この公演鑑賞を目標に、今週も診療と論文作成に明け暮れたいと思います(笑)。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

創傷治癒におけるサイトカイン、ケモカイン、グロースファクターについて

おはようございます。

今日7月4日もクリニックFの診療日です。

今日届いた郵便物に、ヨーロッパ皮膚科学会(EADV)の学会誌が入っていました。

Img_6865

毎月ヨーロッパからクリニックFに送られる学会誌の一つ。

今回興味深いと思った記事は、創傷治癒におけるサイトカイン、ケモカイン、グロースファクターについての記事です。

僕が医師免許を取るために勉強したのはもう20年近く前ですので、それ以降、傷がどのように治るのかというメカニズムの理論が、マクロでもミクロでも大きく変化しました。

マクロの変化では、傷の湿潤療法が一般化しつつある点が挙げられますね。

僕が研修医だったころは、手術傷を消毒剤を使って毎朝消毒するのが朝一番の仕事でした。

しかしながら、この消毒剤が傷が治るのに必要な細胞も殺してしまっていたことがわかってきました。

今では傷は水で洗い流し、汚れを排除した後は、ワセリンを塗った後に創傷被覆材(専用のものもありますが時にはサランラップなど)を使って密封してしまった方が痛みもなく、綺麗に治ることがわかってきました。

最初は、研修医の時から慣れ親しんできた方法を変えるのは勇気が必要でしたが、とても大きな変化でしたよね。

反対にこの記事は創傷治癒におけるミクロの話。

傷が治る過程は、

出血凝固期 → 炎症期 → 増殖(肉芽)期 → 再構築期

と大きく分けることができますが、この間に、サイトカイン、ケモカイン、グロースファクターなどの多くの物質が関わります。

Img_6864

この記事は、創傷内部の各種細胞の遊走、増殖、細胞外マトリックスの形成、血管新生、再構築などに関わる細胞増殖因子およびネットワーク、いわゆる「ミクロ」の創傷治癒についての最新情報を解説したものでした。

創傷治癒は、特にフラクショナルレーザー機器においては治療過程に大きく影響してきます。

ほんの数年前の教科書を見ても全く違った話が書いてある時がありますので、時々こうした最新情報のレジュメを読めるとありがたいのですよね。

ちょっとご紹介すると、こちら急性のヒーリングプロセス。

Img_6864001_2

創面の低酸素状態によって発生した酸化物質(ROS)を抑制するために線維芽細胞からFGF-7が誘導され、Peroxiredoxin-6とNrf2(NF-E2関連因子)を活性化し、組織の抗酸化を抑えることで病理学的な急性炎症期はスタートします。

さらに線維芽細胞から生成されたFGF-2,7,10などのが伝達物質となって組織内での血管新生と再上皮化に関わるのです。

対してこちらは慢性のヒーリングプロセスです。

Img_6864002

主役を演じるのは、線維芽細胞、マクロファージ、血管内皮細胞、け拉致のサイトなどから放出されるインターロイキン6(IL-6)です。

IL-6は、複雑なカスケードで創傷治癒に関わってゆきます。傷の治り方一つとっても生命の神秘を感じますよ。

特にグロースファクターについては、いくつかの因子との新たな相関関係が発見される場合も多いので、効果があるだろうからと言って、副作用を考えずに安易に注入してしまうのは熟慮しないといけませんね。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

ヨーロッパ皮膚科学会EADVからのクリスマスカード

毎年この時期に送られてくる、ヨーロッパ皮膚科学会学会員へのクリスマスメールです。

1

来年は6月の春季会がイタリアのヴェローナ開催

9月の本会がラトビアのリガから変更になって、チェコのプラハ開催

です。

学会に演題を出すか思案中です。

世界new最先端のレーザー情報がわかるnew

クリニックFオフィシャルサイトはこちらから

http://clinic-f.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ASLMS 米国レーザー医学会  | EADV ヨーロッパ皮膚科学会 | インディバ社 | クリニック | フェラーリドライビングコース ピロタレーシング | プラズマ治療 | ボディのための医療機器 | レーザーの歴史 | レーザー・光治療  | レーザー・超音波治療 ウルセラ | レーザー光治療機器辞典 | レーザー治療 eマトリックス | レーザー治療 たるみ | レーザー治療 サーマクール | レーザー治療 シミ | レーザー治療 トリニティ | レーザー治療 ドラッグデリバリー | レーザー治療 ニキビ跡 | レーザー治療 フラクセル | レーザー治療 マドンナリフト | レーザー治療 毛穴 | レーザー治療 肝斑 | 世界のフェルメール絵画訪問記 | 世界の半島巡り | 今日の僕 | 今朝のクリニックFの音楽 | 化粧品 | 医工学部のススメ | 医療 | 医療RF開発会社 インディバ社 | 医療 痛みのコントロール | 医療レーザー開発会社 DEKA社 | 医療レーザー開発会社 アルマレーザー社 | 医療レーザー開発会社 エンディメッド社 | 医療レーザー開発会社 キュテラ社 | 医療レーザー開発会社 サイトン社 | 医療レーザー開発会社 サイノシュア社 | 医療レーザー開発会社 シネロン社 | 医療レーザー開発会社 バリアント社 | 医療レーザー開発会社 パロマ社 | 医療レーザー開発会社 フォトナ社 | 医療レーザー開発会社 ルミナス社 | 医療レーザー開発会社 ヴィーナスコンセプト社 | 医療政策(海外諸国の医療政策)  | 国際学会 アジア カンボジア編 | 国際学会 アジア・インドネシア編 | 国際学会 アジア・インド編  | 国際学会 アジア・シンガポール編 | 国際学会 アジア・タイ編 | 国際学会 アジア・ベトナム編 | 国際学会 アジア・マレーシア編 | 国際学会 アジア・中国 上海編 | 国際学会 アジア・中国 北京編 | 国際学会 アジア・中国 深圳編 | 国際学会 アジア・中国 澳門編 | 国際学会 アジア・中国 香港編 | 国際学会 アジア・台湾編 | 国際学会 アジア・韓国編 | 国際学会 アジア編 | 国際学会 アジア編 インドネシアバリ島 | 国際学会 アフリカ・エジプト編 | 国際学会 アフリカ・南アフリカ編 | 国際学会 オセアニア編 | 国際学会 中南米 アルゼンチン編 | 国際学会 中南米 ペルー編 | 国際学会 中南米 メキシコ編 | 国際学会 中東 UAE ドバイ | 国際学会 中東 イスラエル編 | 国際学会 北米 アリゾナ編 | 国際学会 北米 オーランド編 | 国際学会 北米 カナダ編 | 国際学会 北米 コロラド編 | 国際学会 北米 サンディエゴ編 | 国際学会 北米 サンフランシスコ編 | 国際学会 北米 シカゴ編 | 国際学会 北米 テキサス編 | 国際学会 北米 デンバー編 | 国際学会 北米 ニューオリンズ編 | 国際学会 北米 ニューヨーク編 | 国際学会 北米 ハワイ編 | 国際学会 北米 バミューダ編 | 国際学会 北米 フィラデルフィア編 | 国際学会 北米 フロリダ編 | 国際学会 北米 ボストン編 | 国際学会 北米 ボルチモア編 | 国際学会 北米 マイアミ編 | 国際学会 北米 ラスベガス編 | 国際学会 北米 ロサンジェルス編 | 国際学会 北米 ワシントンDC編 | 国際学会 日本編 | 国際学会 欧州 イギリス編 | 国際学会 欧州 オランダ編 | 国際学会 欧州 オーストリア編 | 国際学会 欧州 ギリシア編  | 国際学会 欧州 クロアチア編 | 国際学会 欧州 サンマリノ共和国 | 国際学会 欧州 スイス編 | 国際学会 欧州 スウェーデン編 | 国際学会 欧州 スロヴェニア | 国際学会 欧州 セルビア編 | 国際学会 欧州 チェコ編 | 国際学会 欧州 デンマーク編 | 国際学会 欧州 トルコ編 | 国際学会 欧州 ドイツ編 | 国際学会 欧州 フィンランド編 | 国際学会 欧州 ブルガリア編 | 国際学会 欧州 ベルギー編 | 国際学会 欧州 ポルトガル編 | 国際学会 欧州 ポーランド編 | 国際学会 欧州 モナコ編 | 国際学会 欧州 リヒテンシュタイン公国 | 国際学会 欧州 ルーマニア編 | 国際学会 欧州 仏ニース編 | 国際学会 欧州 仏パリ編 | 国際学会 欧州 伊アマルフィ編 | 国際学会 欧州 伊シチリア島編 | 国際学会 欧州 伊トリエステ | 国際学会 欧州 伊ナポリ編 | 国際学会 欧州 伊パドヴァ | 国際学会 欧州 伊パルマ編 | 国際学会 欧州 伊フィレンツェ編 | 国際学会 欧州 伊ボローニャ編 | 国際学会 欧州 伊マントヴァ編 | 国際学会 欧州 伊ミラノ編 | 国際学会 欧州 伊モデナ編 | 国際学会 欧州 伊リミニ編 | 国際学会 欧州 伊ローマ編 | 国際学会 欧州 伊ヴェネツィア編 | 国際学会 欧州 伊ヴェローナ編 | 国際学会 欧州 独ドレスデン | 国際学会 欧州 独バイロイト | 国際学会 欧州 独フランクフルト | 国際学会 欧州 独ミュンヘン | 国際学会 欧州 独ライプティヒ | 国際学会 欧州 露サンクトペテルブルグ編 | 国際学会 欧州 露モスクワ編 | 国際学会番外 アフリカ・ケニア編 | 国際学会番外 イースター島編 | 国際学会番外 北朝鮮 | 工学部博士課程 | 教育 | 文化・芸術 | 日本の祭り | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 水光注射 メソセラピー | 注射 ボトックス・ヒアルロン酸 | 痛みに効く音楽 | 痩身 ダイエット AC BODY | 紫外線 近赤外線 遮断剤 | 経営学 | 自律神経 | 薬学系研究室 | 薬学部博士課程 | 西洋医学とアロマセラピー | 電解還元水 機能水 | 音楽 オペラ | 音楽 クラシック | 音楽 バレエ | 音楽 ミュージカル | 食事 グルメ 料理  | LED治療